スパンのロゴマーク。トップページへ移動

特定非営利活動法人 視覚障害者パソコンアシストネットワーク SPAN

ここから本文

活動予定

タブレットサロン「iPhone・iPad」(5月15日)のご案内

5月15日(水)にタブレットサロンを開催します。
タブレットサロンは、定期的にタブレットを実際に体験できる場です。

これは、初めて触れる方や、持っていても自由に操作できない方のため、うまく活用している人との交流により、マスターしてもらうサロンです。

どうぞたくさんの方のご参加をお待ちしています。

★ 2019年度開催日
5月15日(水)、6月19日(水)、7月17日(水)、8月21日(水)、9月18日(水)、10月16日(水)、11月20日(水)、12月18日(水)

開催日時 5月15日(水) 14:00~16:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
募集定員 8名
参加費 無料
お申込先 office@span.jp
お名前、電話番号をお知らせください。

★尚、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示しています。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正していただきますようお願いします。

また、いただいた個人情報はこの講座の運営や連絡で使用させていただくほか、SPANが開催する講座やイベント等のご案内、SPANの活動紹介などで使用させていただく場合があります。
もし、こうしたご案内が不要な方は上記お申し込み先までご連絡ください。
詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。

上記のほか、個人対象講座を実施しています。
これは、特定のアプリをマスターしたい方のための、有料で予約制の個人レッスンです。

  • 1. 開催日: 随時受付(予約制)
  • 2. 場所: SPAN☆三田スカイプラザ
  • 3. 講習方式: マンツウマン
  • 4. 受講料(9時~18時): 1時間2,300円
        (18時~21時): 1時間3,000円 いずれも2時間以上でお受けします。
  • お問合せ・お申し込み先: office@span.jp
    ★尚、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示しています。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正していただきますようお願いします。

第122回インストラクター養成講座(5月12日)のご案内

5月12日(日)にインストラクター養成講座を開催します。
この講座は、SPANなどの団体で、あるいは個人として視覚障害者のパソコンサポートをしたいと考えている方、また視覚障害者のパソコンサポートに関心のある方を対象にしています。
特別なスキルは必要ありません。Windowsパソコンでメールの送受信やWebの閲覧などができる方ならばどなたでも受講できます。
どうぞたくさんの方のご参加をお待ちしています。
尚、この講座はお申込みが3名以上の場合に開催いたします。

日時 5月12日(日) 10:00~17:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
募集定員 6名
お申込み期限 5月8日(水)
講師 堤 由起子(SPAN)
受講料 4,000円(テキスト代を含む)当日会場でお支払いください。
お申込先 office@span.jp
件名に「インストラクター養成講座参加希望」とお書きのうえ、お名前、電話番号をお知らせください。

★尚、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示しています。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正していただきますようお願いします。

また、いただいた個人情報はこの講座の運営や連絡で使用させていただくほか、SPANが開催する講座やイベント等のご案内、SPANの活動紹介などで使用させていただく場合があります。
もし、こうしたご案内が不要な方は上記お申し込み先までご連絡ください。
詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。

  • ★講座カリキュラム
  •  実習用PCのOSは、Windows10です。
  •  使用するスクリーンリーダは原則としてPC-Talkerです。
  • ・視覚障害者の基礎知識
     基本データ、接し方、誘導法、ICT環境 等
  • ・視覚障害者向けソフトウエアについて
     スクリーンリーダー(画面読み上げソフト)、視覚障害者用ソフトウェア、一般ソフトウェアへの対応 等
  • ・講座を始める前に
     インストラクターとしての留意点、アクセシビリティ設定、スクリーンリーダーの設定 等
  • ・キーボードと音声によるWindows操作と文字入力
     Windows 10の操作、タッチタイピング、文字入力 等
  • ・キーボードと音声によるメールの送受信
     MMメール2を使用
  • ・キーボードと音声によるWebの閲覧
     IEのほか、サーチエイド、VoicePopperなどの音声対応ブラウザを使用
  • ・アイマスクをつけての操作と指導体験

インストラクター養成講座についての詳細は、インストラクター養成講座についてをご覧ください。


ページの一番上へ戻る

最近の活動記録

職業講習・神戸(第3回)(3月16日・17日)

★ この職業講習は、クラウドファンディング、また呼びかけに賛同していただいた多くの方々から寄せられたご寄付により開催しています。

テーマ 仕事に役立つPowerPoint2016
実施日 2019年3月16日(土)・17日(日)
時間 16日=9:30~16:00、17日=9:30~15:30
場所 神戸アイライト協会
共催 特定非営利活動法人 神戸アイライト協会
参加者 30名(受講者 16名、見学者 3名、介助者 1名、神戸アイライト協会スタッフ 8名、SPANスタッフ 2名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・PowerPoint:PowerPoint 2016
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker 10
  • ■ 内容
  • ・ファイルの内容を把握する
  • ・プレゼンテーションファイルを作成する前に
  • ・PowerPoint2016の画面構成
  • ・PowerPointの構成要素
  • ・スライドとプレースホルダーのサイズの確認
  • ・文字の入力と編集
  • ・Excelデータの挿入とインデントレベルの変更
  • ・グラフの挿入
  • ・スライドの移動と削除
  • ・図形の挿入と加工
  • ・画像の挿入とプレースホルダーのサイズ変更
  • ・スライド番号と代替テキスト
  • ・スライド自体への画像の挿入
  • ・画面切り替え効果とアニメーション
  • ・スライドショーの実行
  • ・スライドショー実行時のキー操作
  • ・ノート
  • ・リハーサル
  • ・スライドショー形式でのファイル保存
  • ■ 参加したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • ・環境によって操作やメニューの出方が違うことを知ってよかった。作業ウィンドウの使い方は難しいが、できそうなので使えることがわかってよかった。ドロップダウンリストは、エンターキーか、Alt+下矢印なのかの違いを覚えるのはややこしいので、Alt+下矢印でいこうと思う。以前の講習の分も含めて、テキストを読ませていただいたが、作るのが大変だったと思う。ありがとうございます。今後参考にします。うまくいかないときも、いろいろな操作を試してみようと思う。
  • ・スクリーンリーダーやPCによって違いがあるのを知った。インストラクター、教える側としては頭に置いておく。PowerPointについては新しいことを知ってよかった。触ったことはあったけどここまで奥深くやったことがなかったので、情報を知ることができてよかった。北神先生の教え方がよかった。
  • ・パワポは今までは見るだけだった。音声とキーボードでここまで操作できるということを知ってよかった。仕事で自分のできる領域を増やしたい。WordやExcelも含めて、何ができるかなと、考える基礎にしたい。
  • ・PowerPointは、開く閉じるくらいしかやっていなかった。そこからここまで育てていただいてよかった。あさって講演があるので、さっそくそれ向けのプレゼンを作りたい。楽しみである。
  • ・ExcelとPowerPointを受けた。PowerPointはできるんかな?と思っていたが、こういうのもあるんだと、白紙の状態から色を付けている状態の自分がいる。仕事で周りの方ともPowerPointについて話したりしてみたい。健常者に見やすいものにしようという言葉がすとんと理解できた。
  • ・PowerPointははじめて。まっしろな状態から参加した。これからいろいろでかけてプレゼンができるようなものを作り上げていかなかったらあかんと思っていたところに、この講習があったので受講した。まだよくわからないことがたくさんだが、これから少しずつでも力を積み上げていきたい、と願っている。
  • ・PowerPointだけの受講だったが、WordもExcelも基本をあえて見直すという視点が興味深かったので本当は受けたかったです。PowerPointはニーズがあることはわかっていながらズルズルきていたので、楽しみに受講した。いくつものひきだしを持つことが大切だと学んだ。このツールを使ってまたバリアバリューを考えていきたい。
  • ・会社から新規事業アイデアを出すようにというのがあり、応募した。PowerPointで資料を作って欲しいと言われ、はがゆい思いをした。大阪万博もあるし、また募集があったときにぜひ使ってプレゼンしたい。視覚障害者が何ができるのかなども含めて考えたい。
  • ・PowerPointは、今まで内容はテキストの入力だけで、なかなか不格好だった。図形とか画像とかを入れられなかった。挑戦できなかった。今回教えてもらったので、音声でできるという知識を導入して、これからPowerPointに限らずやっていきたい。特にこれからPowerPointを使う機会は多くなると思うので、またSPANのホームページも参考にして頑張りたい。
  • ・Word、Excel、PowerPointを受講したが今回も勉強になった。PowerPointは、タイトルとプレースホルダーに文字をいれるくらいしかできないと思っていた。画像を入れてレイアウトをすることは理解していたが、その中で自分でどこまでのことができるのかなと、限界を知りたかった。0から10まで全部を視覚障害者自身でやるのは難しいが、けっこうできると思った。自分でどこまでできるか知ることでうまく周りの力も借りることができる。能力を伸ばせることも感じた。昨夜SPANのホームページを見た。そこも含めて勉強していくことでかなりのパワーユーザーになれると思った。働き方改革で生産性を求められていることもあり、PowerPointのノートに内容を書いて、リハーサル機能を使って、Pc-Talkerで読ませ、プレゼンをしてみたい。
  • ・WordとExcelを受講して、以前使っていた機能を思い出すことができた。PowerPointは当時音声で操作できなかったと思うので、ほとんどさわっていなかった。学習が必要だが、かなりのことまでできることを知ってよかった。
  • ・PowerPointは音声で操作できるよとは聞いていたが、避けていた。今回やってみて楽しかった。ほかの方に伝える仕事をしているので、幾通りかやり方があって、その人にあった方法があると思うので、そういうことを研究して引き出しを増やしたい。Word、Excel、PowerPointとも見た目が重要と学んだ。「どういうものが見た目がよいのか」などがわかっていない。やりきれていないので、そのあたりを勉強していきたい。晴眼の方の感覚が分かった時に、それがわかれば「私は見えにくいから、ここまでできるからあとはお願いします」と言えるようになる。
  • ・Word、Excel、PowerPointを受講した。通っている訓練所で、毎日少しずつ復習している。PowerPointは初めてだったので、画面構成を知ったのがわかりやすかった。また、自分のペースでつかんでいきたい。
  • ・Wordは残念ながら受講できず、ExcelとPowerPointを受講した。WordとExcelは以前使っていた。PowerPointは見える人が見るために使うというイメージで、何ができるの?と思っていた。画像や表が挿入できて、いろんなことができることが分かって、仕事以外にも、10周年記念とかに写真をいれたり、プライベートやイベントでも使えそう。仕事ばかりではなくいろいろなシーンで使えそう。そういうときは思い出しながら作ってみたい。そして視覚障害者も使えることを発信していきたい。きっかけになった。
  • ・Word、Excel、PowerPointを全部受けた。よかった。普段(マウスで)使っていて音声でどうやるのかと思っていたところも、まだまだいける。3回通して基礎を見直して効率的にするというのがわかってよかった。見えないから見た目はいいんだという考えじゃなくて、見えなくてもここまでやろうよという先生の講座が好きだと思った。

  • ■ スタッフ感想
  • ・プレゼンは技能ではなく、訴えたいことを訴えるのが大切。 人を楽しませたり、楽しんだりする発想が生かせるのがPowerPointかなと思った。

第121回インストラクター養成講座(3月10日)

日時 2019年3月10日(日) 10:00~17:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 4名(受講者2名 スタッフ2名)
  • ■ 受講者の感想
  • ・知らなかった情報を沢山得ることが出来ましたので、とても良かったです。今後、様々な場面で活用していきたいと思います。
  • ・マウスを使わずキーボードのみにて操作することが全く出来ませんでした。今後出来るようにするためには何から初めて行けば良いのかを改めて考えることが出来たのが良かったと思います。

職業講習・神戸(第2回)(3月2日・3日)

★ この職業講習は、クラウドファンディング、また呼びかけに賛同していただいた多くの方々から寄せられたご寄付により開催しています。

テーマ 仕事に役立つExcel2016
実施日 2019年3月2日(土)・3日(日)
時間 2日=9:30~16:00、3日=9:30~15:30
場所 臨床研究情報センター(TRI)
共催 特定非営利活動法人 神戸アイライト協会
参加者 25名(受講者 13名、見学者 2名、介助者 1名、神戸アイライト協会スタッフ 7名、SPANスタッフ 2名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Excel:Excel 2016
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker 10
  • ■ 内容
  • ・Excel2016の画面構成を知ろう!
  • ・知っておくと便利な設定変更
  • ・効率的なリボンの操作
  • ・さまざまなコマンドの選択方法
  • ・セルの移動・選択をスムーズに
  • ・データの入力をもっと効率的に
  • ・資料の見栄えを左右する「セルの書式設定」
  • ・A4用紙1枚に印刷するコツ
  • ・実務で活かせる「条件付き書式」
  • ・利用範囲が広い「オートフィルター」
  • ・データの分析ができる「ピボットテーブル」
  • ・音声とキーボード操作でできるグラフの作成・加工
  • ■ 参加したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • ・講習の翌日会社に行くのが楽しみ。受講後、操作の仕方が変わる。前回のWord講習では、さっそくクイックアクセスツールバーの利用をしてみたがよかった。自己満足かもしれないが。
  • ・公務員事務職をしている。視覚障害者は自分だけ。今日のスタッフや受講者の皆さんは前向き。受講してみて、色の設定やグラフ、ピボットテーブルもやろうと思った。視覚障害者もできるということを晴眼者にも知ってほしい。バリアフリーの考え。耳と眼で整理できた。
  • ・Excelは頻繁に使っている。弱視だったころはマウスで使っていた。音声で操作するようになってからは当時の記憶をたどって操作していた。当時もピボットテーブルは苦手だったので、見えなくなってからはなおできなかった。今回、音声で操作できることを知ってよかった。おおまかに意味がわかってよかった。かつての能力を取り戻したい。日付の曜日表示などを知ることができてよかった。
  • ・今は仕事では使っていない。今日はXPのとき以来の操作だったので浦島太郎状態だった。でも丁寧に教えてもらって、頑張ることができてよかった。脳の活性化になった。
  • ・仕事で使っているが、次の仕事でクイックアクセスツールバーなどの環境づくりを行いたい。大変ためになった。
  • ・今日はXPのとき以来の操作。できることがわかって苦手意識が減った。
  • ・就労移行支援を利用中。今回の講習でPC-Talkerでの操作について整理ができたので助かった。
  • ・今は全然使っていない、敬遠しがちだった。今まで知らなかった部分がたくさんあり、知ることができてよかった。また復習したい。
  • ・Excelは学校で基本的な関数などを学習した。グラフができるなどの発見をしたのがよかった。今の仕事では報告書で使えそう。
  • ・リボンの使い方かなり慣れてきてよかった。環境によって読み上げや操作が違うということを知れてよかった。操作アシストのことも知ることができてよかった。罫線の弾き方、確認の仕方がわかってよかった。
  • ・基礎をきっちり見直すのが大切なことを改めて感じた。仕事では、見て半分、音声半分で操作している。見づらくなっているので、拡大だけでは効率が悪く、間違える。勘違いも多い。音声で確実に効率よくやるというヒントをたくさんもらった。

視覚障がい者対象パソコン基礎講習会(東大和市)

★ この講習会は東大和市からの委託により実施しました。

講座期間 2018年10月3日(水)から2019年2月20日(水)の10日間
実施日 2018年10月3日(水)、10月17日(水)、11月7日(水)、11月21日(水)、12月5日(水)、12月19日(水)
2019年1月16日(水)、1月30日(水)、2月6日(水)、2月20日(水)
場所 東大和市総合福祉センターはーとふる
参加者 4名(受講者2名、スタッフ2名)
  • ■ 内容
  • ・パソコンの基礎
  • ・音声ソフトのショートカットキー
  • ・キーボードの配列とその役割
  • ・文字、単語、短文入力
  • ・インターネットでホームページ閲覧

在職者訓練(11月15日から2月14日の14日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

実施日 2018年11月15日(木)、12月6日(木)、12月11日(火)、12月14日(金)、12月18日(火)、12月20日(木)、12月26日(水)
2019年1月8日(火)、1月15日(火)、1月22日(火)、1月24日(木)、1月31日(木)、2月7日(木)、2月14日(木)   計14日間(56時間)
時間 13:00~16:50
参加者 4名(受講者 1名、スタッフ 3名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 8
  • ・Office:2013
  • ・スクリーンリーダー:JAWS
  • ■ 内容
  • ●業務とデータ集計について
  • ・業務で使用する既存ファイル(Excel、PowerPoint)の確認と理解
     (ファイルの構造、使用されている関数、ピボットテーブル、レイアウト、グラフ、関連する他ファイルの確認等)
  • ・データ集計の取り組み方、考え方、方法のいろいろ
  • ●Excel 2013
  • ・業務で使用する関数、名前の定義
  • ・セルの書式設定(配置、フォント、塗りつぶし)、列幅・行高の設定
  • ・グラフの作成(集合縦棒・横棒、100%積み上げ縦棒・横棒、円、折れ線)
  • ・グラフの加工(タイトル、凡例、データラベル、グラフの色や枠線の変更を含む書式設定など)
  • ・色パレットの操作
  • ・ピボットテーブル、ピボットグラフ
  • ・条件付き書式、条件付き書式によるオートフィルター
  • ・印刷、印刷に関する設定
  • ●Word 2013
  • ・差し込み印刷
  • ・袋とじ印刷
  • ●PowerPoint 2013
  • ・プレゼンテーションファイルの読み方、画面構成、スライドの作成、スライドのレイアウト
  • ・文字の入力と編集、段落レベル
  • ・画像、グラフの挿入と加工、書式設定
  • ・スライドの再利用
  • ・アニメーションの設定、画面切り替えの設定
  • ・スライドショー、目的別スライドショー
  • ・印刷、配布資料
  • ●Internet Explorer(JAWSを利用したページ閲覧、フォームの操作、情報の収集方法)
  • ●PDFの読み方

視覚障害者対象タブレット講座(文京区)(2月11日)

★ この講座は文京区からの委託により実施しました。

日時 2月11日(月) 10:00~15:00
場所 文教総合福祉センター リアン文京
参加者 13名(受講者 5名、リアン文京スタッフ 1名、文京パソボラスタッフ 5名、SPANスタッフ 2名)
  • ■ 環境
  • ・iPad(SPANから5台持参)
  • ・iPhone
  • ■ 内容 iPad・iPhoneについて(便利な機能の紹介を中心に) 
  • ・Rivo2(リボツー)など補助機器の紹介
  • ・使い方教室を利用してジェスチャーの体験
  • ・Siriを使ってのネット体験
  • ・便利なアプリの紹介

視覚障害者対象パソコン講座(文京区)(2月10日)

★ この講座は文京区からの委託により実施しました。

日時 2月10日(日) 10:00~15:00
場所 文教総合福祉センター リアン文京
参加者 12名(受講者 4名、リアン文京スタッフ 1名、文京パソボラスタッフ 5名、SPANスタッフ 2名)
  • ■ 内容(個別対応)
  • ・音声を聴きながらの文字入力
  • ・Excelによる収支報告書の作成
  • ・音声によるExcelの基本操作(2名)

在職者訓練(12月3日から2月4日の6日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

実施日 12月3日(月)・10日(月)・17日(月)・1月7日(月)・22日(火)、2月4日(月) 6日間
時間 13:00~17:00
場所 SPAN三田スカイプラザ
参加者 3名(受講者 1名、講師 1名、事務スタッフ 1名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 7・10
  • ・Office:2016
  • ・スクリーンリーダー:JAWS 17
  • ■ 内容
  • ・JAWS 基本操作、設定
  • ・Windows 7 JAWSによる操作のポイント
  • ・Windows 10 JAWSによる操作のポイント
  • ・JAWS Word読み上げコマンド
  • ・Word 2016 JAWSによる操作のポイント
      (リボン、コマンど選択、ファイル保存、ファイルを開く、印刷、表の操作、変更履歴・コメント)
  • ・JAWS Excel読み上げコマンド
  • ・Excel 2016 JAWSによる操作のポイント
      (セルの書式設定、行・列・シートの操作、並べ替え、オートフィルター、
      条件付き書式、入力規則、ページレイアウト、印刷、ピボットテーブル、グラフ)
  • ・PowerPoint 2016 JAWSによる操作のポイント
      (スライドの読み方、スライドを利用した仕様書の作成)

パソコンサポーター研修(岩手県)(2月2日)

★ この研修は岩手県立視聴覚障がい者情報センターからの委託により実施しました。

日時 2月2日(土) 10:30~15:30
場所 岩手県立視聴覚障がい者情報センター 研修室(盛岡市)
参加者 19名(受講者 14名、センタースタッフ 2名、SPANスタッフ 3名)
  • ■ 内容
  • ・視覚障害者のICT環境
  • ・画面読み上げソフトと画面調整について
  • ・音声とキーボードによるWindows10の基本操作
  • ・音声を聴きながらの文字入力と変換
  • ・音声とキーボードによるWebページ閲覧
  • ・目を閉じての操作と指導体験

川畠成道ニューイヤーコンサートでのデモ(1月26日)

★ 川畠成道(かわばたなりみち)さんは、SPANが支援を受けている日本ユニシス株式会社がオフィシャルスポンサーとして応援しているヴァイオリニストです。

日時 1月26日(土) 13:00~16:00
 コンサート 13:30~15:50
 デモ 13:00~13:30、休憩時間 20分、終演後 10分
会場 紀尾井ホール
聴衆 約800名
対応者 SPANスタッフ4名・協力2名
  • ■ 内容
  • ・iPhone、iPadによるプログラム読み上げ
  • ・らくらくホンによるプログラム読み上げ

在職者訓練(11月26日から1月24日の8日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

訓練期間 2018年11月26日(月) から 2019年1月24日(木)まで (計8回)
訓練日程 2018年11月26日(月)、12月3日(月)、6日(木)、17日(月)、27日(木)、
2019年1月7日(月)、17日(木)、24日(木)
場所 SPAN三田スカイプラザ
参加者 受講者1名、スタッフ1名
  • ■ 内容
  • ・音声ソフトの利用方法(PC-Talkerの基本操作について)
  • ・文字、単語、文章の入力
  • ・Wordで文書作成
  • ・Excelで関数を利用した簡単な表作成
  • ・Windows10の基本操作 (ファイルの保存、ホルダの作成、ホルダのコピー・貼り付け)

職業講習・神戸(第1回)(1月19日・20日)

★ この職業講習は、クラウドファンディング、また呼びかけに賛同していただいた多くの方々から寄せられたご寄付により実施しました。

テーマ 仕事に役立つWord 2016
実施日 1月19日(土)・20日(日)
時間 19日=9:30~16:00、20日=9:30~15:30
場所 臨床研究情報センター(TRI)
共催 特定非営利活動法人 神戸アイライト協会
参加者 23名(受講者 12名、家族 1名、見学者 1名、介助者 1名、神戸アイライト協会スタッフ 6名、SPANスタッフ 2名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Word:Word 2016
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker 10
  • ■ 内容
  • ・Word2016の画面構成を知ろう!
  • ・知っておくと便利な設定変更
  • ・効率的なリボンの操作
  • ・さまざまなコマンドの実行方法
  • ・単語登録で入力を効率的に
  • ・カーソルの移動をスムーズに
  • ・文字書式、段落書式で見栄えの良い文書を作成
  • ・こんなに簡単!表の挿入と加工
  • ・利用範囲が広い「宛名ラベル」
  • ・実務に活かせる「差し込み印刷」
  • ・音声とキーボードでもできる!画像の挿入と加工
  • ■ 参加したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • *受講者
  • ・今までリボンでやっていなかったので参考になった。
  • ・今一つ分からなかったのが差し込み印刷で、Excelのファイルを使うところだった。
  • ・現在、拡大とマウスを使っているが、目が疲れるので今回受講してリボンを使えば役に立つことがわかった。復習して頑張りたい。
  • ・Wordはかなり昔に使っていたが今回久しぶりに使った。昔よりできることが増えていることがわかった。
  • ・晴眼のころにできていたことが、またキーボードで使えることが分かって、これからやっていきたいと思った。具体的に教えてくれるところが少なかったのでよかった。
  • ・全体的に勉強になった。このバージョンは初めてで、新機能も始めてだった。リボンの把握もできた。有意義だった。比較的レベルの高い講座でよかった。地元では行われないような講習だった。
  • ・充実した内容だった。東京でしかこういうのが受けられないと思っていた。自分にかけているのはイメージングだと思った。リボンのイメージ、A4用紙のイメージなど、イメージがあれば晴眼者とコミュニケーションがとりやすいことがわかった。画面のイメージなど、触ってわかるものが欲しい。今回、簡易的に作ってもらったリボンの構造が分かる小道具はとても分かりやすかったので、いただいて帰り、知人に教えたい。
  • ・「仕事で必要なレベル」というのがどのようなものなのかわかっていなかったが、それを知ることができた。
  • ・会社では企画書を作っている。普段は、ズームテキスト、PC-Talkerのマウスカーソルを読み上げる機能を使って操作している。基礎を見直すことの大切さがわかった。確実に効率的に動かしたいと思っていたのでこの講習を受けてよかった。復習して身に付けたい。
  • ・仕事上資料を作ることが大変多いが、パソコンが苦手で、自分で作ったものを人に渡して完成させてもらっていた。自分で頑張ることから逃げていたと思う。表やインデントやぶら下げインデントはプリント作成にすぐ役立つ。それらを使った資料を作って驚かせたい。今後もこのような講習があればよいと思う。
  • ・見出しの概念はプログラムと共通のところがある。感動の連続だった。Ctrl+Eなどのショートカットもよかった。次回のExcelの講習も楽しみである。

  • ■ スタッフ感想
  • ・皆さんレベルが高い。サポーターが感心した。このような講習があればという要望があるが、皆さんも「地元でこういうのが必要!」という声をあげてほしい。当協会も小さなことから始めたいのでお気軽に相談してください。
  • ・テンポがちょうどよいと思った。できていない人への対応もよくできたと思う。このように、ある程度レベルの高い講習を気軽におこなって欲しいという声があった。
  • ・晴眼者にも勉強になった。この講習は、視覚障害者、請願者の両者にとってよかったと思う。自分は一人の方にずっとついてサポートをしたが、自分の未熟さを実感した。参加者のレベルがわかっていればサポートしやすいと思う。初めの受講者の挨拶の時に、どのくらいつかっているかなどの情報を聞けたらよかったのではないか。
  • ・自分が詳しくないので、教えてもらって勉強になった。ここまで詳しく教えてもらうことはなかなかない。
  • ・サポーターとしては、教えるにあたり基本操作と効率的な操作との兼ね合いが難しい。どの方法を教えるのがよいのか。
     SPANから:最初に、例えばフォントのダイアログボックスを出す複数の方法を教えた後は、一般的なとか、操作しやすいという方法で教えている。すべての機能について、すべての方法を伝えるのは難しいし、受講者も混乱する。受講者本人が希望した時は別だが。講習を見ていると、講師が「●●してください」と言っても、他の方法でおこなっている方もいて、だんだん自分で方法を選択するようになっていくと思う。

日本ユニシス社員向けワークショップ(1月17日)

テーマ 目の不自由な方を支援するICTワークショップ
日時 1月17日(木) 15:30~17:30
場所 日本ユニシス 本社29階中2会議室
参加者 14名(社員 8名、日本ユニシススタッフ 2名、SPANスタッフ 4名)
  • ■ 内容
  • ・視覚障碍者の基礎知識
  • ・音声によるPCデモ
  • ・音声によるPC体験(文書読み上げ、名前入力)
  • ・音声によるiPhoneのデモ
  • ・音声によるiPhoneの体験 (Voice OverのON/OFF、メニューの操作)

タブレットサロン「iPhone・iPad」(1月16日)

日時 1月16日(水) 14:00~16:00
場所 SPAN三田スカイプラザ
参加者 11名(スタッフ:8名、見学者:1名、受講者:2名)

第120回インストラクター養成講座(1月13日)

日時 2019年1月13日(日) 10:00~17:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 6名(受講者4名 スタッフ2名)
  • ■ スタッフの感想・気づいた点等
  • ・今回は実際に仕事で音声ソフトを使用されている視覚障碍者の方や、目が見えにくくなってしまってスパンのページをみつけてくださった方など健常者の方以外の参加もありました。
  • ・実際に目の見えない方への指導法だけではなく、音声ソフトの情報をお伝え出来たことはよかったと思います。
  • ・今後も視覚障碍者の方へパソコン指導ができる方が増えていくとよいかと思いました。

タブレットサロン(12月19日)

日時 12月19日(水) 14:00~16:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 10名(受講者 1名、見学者 3名、スタッフ 6名)

SPAN忘年会(12月16日)

日時 12月16日(日) 12:00~14:00
場所 サイゼリヤ 三田慶大前店
参加者 26名
  • ■ 内容
  • 参加者紹介
  • 料理とドリンクを味わいながらの懇談

iPadサポートボランティア養成講習会(横須賀市)(11月28日から3日間)

★ この講習会は、横須賀市点字図書館からの委託により実施しました。

開催日 11月28日(水)、12月5日(水)・12日(水) 3日間
時間 13:30~16:30
場所 横須賀市点字図書館 研修室
参加者 8名(受講者 6名、SPANスタッフ 2名)
  • ■ 内容
  • *1日目
  • iPhoneの外観説明
  • まず覚える操作(設定等のために必要な基本操作)
  • *2日目
  • Siriを設定する
  • Siriの基本的な使い方
  • VoiceOverを使いこなす上で、知っておきたいジェスチャー
  • アプリ紹介
  • *3日目
  • 文字の入力と編集

土曜講座「実務に役立つ労務・税務マスター研修Ⅱ」(11月3日から4日間コース)

開催日 11月3日(土)・10日(土)・17日(土)、12月1日(土) 4日間コース
時間 13:00~17:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 11名(受講者 6名、講師 1名、スタッフ 4名)
講師 大森 浩 氏(税理士・社会保険労務士)
  • 環境
  • OS:Windows 10
  • Office:2016
  • スクリーンリーダー:PC-Talker、NVDA(受講者が選択)
  • ■ 内容
  • 給与 給与関連(労働基準法、労働契約書、就業規則、36協定)
  • 保険 労働保険(労災保険法、雇用保険法)
  • 保険 安全衛生(労働安全衛生法)
  • 保険 社会保険(健康保険、国民健康保険、後期高齢者)
  • 年金 年金体系(国民年金法、厚生年金法)
  • 年金 老齢年金(年金給付)
  • 年金 障害年金(年金給付)
  • 年金 遺族年金(年金給付)
  • 税金 個人生活に関係する税金(所得税、住民税、相続税(含贈与))
  • 消費税軽減税率
  • 働き方改革
  • 助成金 時間外、人材確保、両立支援(ジョブコーチ、人材開発支援、キャリアアップ)
  • 成年後見制度 任意後見(制度概要)
  • 福利厚生 福利厚生戦略(戦略例紹介)
  • 福利厚生 ダイバーシテイ(JAS(定義))
  • 社労士受験 試験概要(SAN取組み)

視覚障害者就労支援セミナー in 神戸(11月25日)

★ 視覚障害者就労支援セミナーは、ニホンユニシスグループ 社会貢献クラブ「ユニハート」ならびに日本ユニシス株式会社からのご支援により開催しました。

  • テーマ:職業訓練を考える
  • サブタイトル:~ よりよい職業訓練を目指して ~
開催日時 11月25日(日) 10:00~15:30
会場 中山記念会館 2階多目的室
参加者 24名(聴衆 14名、発表者 1名、神戸アイライト協会スタッフ 6名、SPANスタッフ 3名

■ 内容

  • 演習「視覚障害者の職業訓練で必要なPC関連知識」
    北神 あきら、高西 透江 特定非営利活動法人 視覚障害者パソコンアシストネットワーク
  • 講演「相談活動と職業訓練の役割」
    岡田 弥(おかだ あまね) 氏 社会福祉法人 日本ライトハウス 情報文化センター サービス部長
  • ディスカッション「職業訓練のあり方と関係機関の連携」
    進行役 北神 あきら

■ ご支援
今回の「視覚障害者就労促進フォーラム」ならびに「視覚障害者就労支援セミナー」は、日本ユニシスグループ 社会貢献クラブ「ユニハート」、ならびに日本ユニシス株式会社のご支援を受けて開催しています。

■ 主催 : 特定非営利活動法人 視覚障害者パソコンアシストネットワーク(SPAN)

■ 共催 : 特定非営利活動法人 神戸アイライト協会


視覚障害者就労促進フォーラム in 神戸(11月24日)

★ 視覚障害者就労促進フォーラムは、ニホンユニシスグループ 社会貢献クラブ「ユニハート」ならびに日本ユニシス株式会社からのご支援により開催しました。

  • テーマ:職業訓練が就労を支える
  • サブタイトル:~ 全国どこでも職業訓練が受けられる体制を! ~
開催日時 11月24日(土) 10:00~16:30
会場 葺合文化センター 大ホール
参加者 聴衆 約30名、発表者 5名、神戸アイライト協会スタッフ 9名、SPANスタッフ 3名

■ 内容

  • ・講演「視覚障害リハビリテーションにおける職業訓練の役割」
     吉野 由美子 氏 視覚障害リハビリテーション協会 会長
  • ・PCによるデモ「職業訓練で得られるPCスキル」
     北神 あきら 特定非営利活動法人 視覚障害者パソコンアシストネットワーク
  • ・事例発表「私が受けた職業訓練、受けたい職業訓練」
     東 京子(あずま きょうこ) 氏  会社員
     亀山 洋(かめやま ひろし) 氏  株式会社USEN
     三浦 裕紀子(みうら ゆきこ) 氏 公務員
  • ・就労支援の取組
     坂田 光子 氏 社会福祉法人 日本盲人職能開発センター 就労移行支援部長
     飯山 知子   特定非営利活動法人 神戸アイライト協会 IT事業部長
  • ・フォーラムアピール「よりよい職業訓練のために」
  • ・会場内で、視覚障害者が音声とキーボードによりPCを操作して作成したデータをPC上で展示。

■ ご支援
今回の「視覚障害者就労促進フォーラム」ならびに「視覚障害者就労支援セミナー」は、日本ユニシスグループ 社会貢献クラブ「ユニハート」、ならびに日本ユニシス株式会社のご支援を受けて開催しました。

■ 主催 : 特定非営利活動法人 視覚障害者パソコンアシストネットワーク(SPAN)

■ 共催 : 特定非営利活動法人 神戸アイライト協会


第119回インストラクター養成講座(11月11日)

日時 11月11日(日) 10:00~17:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 8名(受講者 6名、スタッフ 2名)
  • ■ 内容
  • 視覚障害者の基礎知識
  • キーと音声によるWindows操作と文字入力
  • 視覚障害者向けソフトウエアについて
  • 音声によるメールの送受信
  • 音声によるWebの閲覧
  • アイマスクをつけての操作と指導体験
  • ■ 講座を受講したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • ・人に教えることはとても難しいと思いました。頭の中では理解しているつもりでしたが、教え忘れに気づくところがたくさんあり、気持ちのゆとりも必要かなと思いました。質問の仕方も工夫が必要と感じました。参加者の方にも優しくしていただき、感謝します。
  • ・割と自由に質問の割り込みをさせてもらい、楽しみながら学ぶことができました。知識だけでなく実際に手を動かすことでマスクをした状態での操作の難しさを感じることができました。今回の講座を更に進めたコースなどがあれば、是非参加したいと思いました。
  • ・色々なアプリに接することができて面白かった。操作も一般的なWindowsアプリと異なるのが面白かった。楽しかったが思っていたより疲れた。細かな休憩が嬉しかった。
  • ・大変勉強になりました。言葉をひとつひとつ選びながら話さなければならず伝える難しさが分かりました。いろいろなアプリがあるのも初めて知りネットや実物をもっと調べて実際使ってみないといけないと痛感しました。非常に親切にご指導下さり感動いたしました。ありがとうございました。
  • ・普段パソコンを使っていてもアイマスクをした状態だったとキーの位置が分かり難いことに驚きました。使い易いようにする設定が色々あり、その設定の仕方や機能の内容を知るだけでも、少しサポートが出来るかなと思いました。便利なソフトやサイトが沢山あることも知ることが出来て勉強になりました。とても楽しく参加できました。またよろしくお願いします。ショートカット操作がPCトーカーのものか、PCそのものか、少し混乱してしまったので、分けて説明があるとよいのかなと思いました。
  • ・PCトーカーは普段から使っていたが、基本から教えてもらって知らないこともまだだくさんあったので非常に勉強になった。アイマスクをした状態の人に、キーボードの配列からコマンドの内容までを言葉で説明したのが非常に新鮮だった。相手がどの程度見えるか、パソコンに詳しいかなどによって、説明を変える必要があるし、適切な言葉で説明するのは訓練がいるなと感じた。jawsやnvdaなども少し触ることができてよかった。使っているパソコンの不具合があったときに、予備のpcがあると安心して受講できるように思う。

タブレット体験会(鹿児島)(10月27日・28日)

★ この体験会は、JT NPO助成事業によるご支援を受けて開催しました。

開催日 10月27日(土)・28日(日)
時間 27日:14:00~16:30、28日:10:00~15:30
会場 ハートピアかごしま
参加者 27名(受講者 19名、見学者 3名、現地スタッフ 1名、SPANスタッフ 4名)
  • ■ 内容
  • 27日:翌日サポーターとしてお手伝いをしてもらうための晴眼者向けの講座
  • 28日:全盲者:5名、弱視者:4名に対する体験会(サポーター:9名)
  • ■ 参加したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • *受講者
  • ・午前中はすごく良くわかったが、昼からになるともう忘れています。購入して、本日教えていただいた方に、教えていもらいたい。そうでないと忘れてしまう。購入してたくさん触って覚えたい。
  • ・全盲の場合、iPad,iPhoneの使いやすさは違うのか。
  • ・思っていた以上に、自分もできると感じた。
  • ・使わないと覚えないと思った。できれば買ってやりたい。
  • ・触れるタッチの仕方が、レッスンをしてできるようになった。触らないとわからないと思った。
  • ・皆さんよりできるのが遅いかもしれないが始めたいと思う。
  • ・何とかできるようになった。できれば買ってやりたいと思う。
  • ・知らなかった使い方もあり、びっくりした、どんどん使えるようにしたい。
  • ・最初はできたが、最後はできないこともあったが、多少でも覚えることができた。

SPANサロン「SPANについて語り合おう!」(10月27日)

日時 10月27日(土) 13:00~16:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 3名
  • ■ 内容
  • SPANの現状についての懇談
  • 最近のPCなどについて意見交換

「ユニハート」寄付先イベント(10月18日)

日時 10月18日(木) 11:30~13:30
場所 日本ユニシス本社 1階食堂前の廊下
参加団体 SPANのほか4団体
参加者 日本ユニシスグループ社員数百名、ブース来訪者:約10名
  • ■ 内容
  • SPANの活動紹介
  • iPhoneによる読上げアプリのデモと体験(マネーリーダーなど)
  • スマートグラスのデモ(印刷物の読上げ)
  • 広報紙、神戸でのフォーラム・セミナーのチラシ配布

タブレットサロン(10月17日)

日時 10月17日(水) 14:00~16:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 8名(受講者 4名、スタッフ 4名)

在職者訓練(9月20日から16日間)

実施日 9月20日(木)・25日(火)、10月4日(木)・9日(火)・16日(火)・23日(火)・25日(木)、11月1日(木)・8日(木)・15日(木)・22日(木)・29日(木、12月6日(木)・13日(木)・18日(火) 16日間 64時間
時間 13:00~17:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 6名(受講者 2名、講師 3名、事務スタッフ 1名)
  • *環境
  • OS:Windows 7
  • Office:2010
  • 社内システム:Office 365
  • ブラウザ:Internet Explorer
  • 画面読み上げソフト:JAWS11
  • 画面調整:ZoomText、拡大鏡
  • 大型ディスプレイ使用
  • ■ 内容
  • ・JAWS 基本操作、設定
  • ・Windows 7 基本操作、タスクバー、通知領域、ショートカットキー、エクスプローラ
  • ・JAWS Word・Excel読み上げコマンド
  • ・Word 2010 リボンの操作、クイック アクセス ツール バー、さまざまなコマンドの選択方法、文字変換、単語登録、カーソルの移動、範囲選択、検索、置換、ジャンプ、文字書式、段落書式、ビジネス文書、タブとリーダー、ページレイアウトの設定、印刷、表の操作、差し込み印刷、宛名ラベル印刷、変更履歴・コメント、画像の操作
  • ・Excel 2010 セルの書式設定(表示形式、配置、罫線、保護)、行・列・シートの操作、ページレイアウトの設定、印刷、オートフィルター、効率的なデータ入力、入力規則、条件付き書式(設定、条件書式によるオートフィルター)、並べ替え、ピボットテーブル、基本的な関数、ファイルの保存、ファイルを開く
  • ・ZoomText 基本操作
  • ・拡大鏡 基本操作
  • ・Outlook 2010 予定表の読み方
  • ・Office 365 基本操作
  • ・コンピューターの簡単操作センター 弱視者向け設定
  • ・PDFの読み方 ページ移動、テキストデータへの変換、Wordでの編集
  • ・Internet Explorer 検索、効率的なページ閲覧、ショートカットキー

土曜講座「HTML・スタイルシートの基本(9月1日から3日間コース)

開催日 9月1日(土)・22日(土)・29日(土) 3日間コース
時間 13:00~17:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 7名(受講者 4名、スタッフ 3名)
講師 松村 道生(SPAN)
  • 環境
  • OS:Windows 10
  • ブラウザ:Internet Explorer 11
  • エディター:メモ帳
  • スクリーンリーダー:PC-Talker(受講者が選択)
  • ■ 内容
  • 1. HTMLファイルの基本構造
  • タグ、要素、属性
  • 「意味」と「見栄え」の分離
  • 開業の書き方
  • タグの親子関係
  • ブロック要素とインライン要素
  • 開始タグと終了タグ
  • 特殊文字の書き方
  • 2. 主なタグ
  • 段落(p)
  • 見出し(h?)
  • リンク)a)
  • 番号無しリスト(ul)
  • 番号付きリスト(ol)
  • リスト項目(li)
  • 3. 表
  • 行や列の見出し
  • セルの連結
  • 4. フォーム
  • formタグの属性
  • 単項入力
  • 多項入力
  • 5. スタイルシートの基本
  • セレクタ、プロパティ
  • style属性による定義
  • styleタグによる定義
  • 外部スタイルシートファイルによる定義
  • クラス、ID
  • 6. スタイルシートを利用した見栄えの変更
  • 文字色(font-color)
  • 余白(margin-*、padding-*)

タブレットサロン(9月19日)

日時 9月19日(水) 14:00~16:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 11名(受講者 4名、見学者 1名、スタッフ 6名)

第27回視覚障害リハビリテーション研究発表大会(9月14日~16日)に参加

★ なお、退会で行ったポスター発表は、社会福祉法人 日本盲人福祉委員会からの助成を受けています。

また、退会の詳細は、第27回視覚障害リハビリテーション研究発表大会 in 神戸をご覧ください。

開催日 9月14日(金)~16日(日) 3日間
会場 神戸国際展示場 2号館
参加者 3日間で延べ2500名以上、SPANブース来訪者 約20名、SPANスタッフ 2名
SPAN参加内容 ポスター発表「視覚障害者が所有する資格、取得したい資格」

第118回インストラクター養成講座(9月9日)

日時 9月9日(日) 10:00~17:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 7名(受講者 5名、スタッフ 2名)
  • ■ 内容
  • 視覚障害者の基礎知識
  • キーと音声によるWindows操作と文字入力
  • 視覚障害者向けソフトウエアについて
  • 音声によるメールの送受信
  • 音声によるWebの閲覧
  • アイマスクをつけての操作と指導体験
  • ■ 講座を受講したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • ・在宅での勤務なので社会とのつながりがあまりありません。今日のような機会があると、色々自分が知らない世界を知ることができ、大変刺激にも勉強にもなりました。
  • ・パソコンについての知識が全く足りていないので、基本的な知識、技術を継続して勉強できる機会が有ればと思います。
  • ・とても勉強になりました。音声だけでパソコンを使うのはとても難しいことと実感しました。ありがとうございました。
  • ・本日はありがとうございました。パソコンの指導は大変と言うことがよく分かりました。生徒役は焦るし迷子になると先生に申し訳なくて頭が真っ白になりそうでした。
  • ・教える役になったときもキーの説明が難しくて焦ってしまいました。でも、とても楽しくて来て良かったです。
  • ・最新の情報、当事者の今に基づいた次の2つの点が理解できて良かった。
        windows10とアプリケーションの状況、評価
        windows以外のVUIの利用状況(siri)
  • ・私はパソコンを日常的に使ってはいますが、これまで「人に教える」という観点で操作方法などを考えたことがありませんでした。今回、特に言葉で伝えることの大切さやその工夫、「待つ」ことの大切さなど、インストラクターに必要なスキルやポイントを整理して学ぶことができ、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。特に、「伝わる」ための言葉の工夫などは、日ごろからシミュレーションをしておき、機会を見つけて練習をして、今日学んだポイントを忘れないようにスキルアップしていきたいです。ありがとうございました。

荒川区パソコン講習(7月3日から16日間)

開催日 7月3日(火)・5日(木)・10日(火)・12日(木)・17日(火)・19日(木)・24日(火)・26日(木)・31日(火)、8月2日(木)・7日(火)・9日(木)・21日(火)・23日(木)・28日(火)・30日(木) 16日間(32時間)
時間 10:00~12:00
場所 スタート町屋
参加者 2名(受講者 1名、スタッフ 1名)
講師 堤 由起子(SPAN)
  • ■ 内容
  • 音声を利用したパソコン操作の基礎学習
  • 文字入力・文章作成
  • インターネット
  • 電子メール

タブレット体験会(札幌)(8月25日・26日)

★ この体験会は、JT NPO助成事業によるご支援を受けて開催しました。

開催日 8月25日(土)・26日(日)
時間 25日:14:00~16:30、26日:10:00~15:30
会場 特定非営利活動法人 札幌チャレンジド
参加者 24名(受講者 16名、見学者 2名、札幌チャレンジドスタッフ 2名、SPANスタッフ 4名)
  • ■ 内容
  • 25日:翌日サポーターとしてお手伝いをしてもらうための晴眼者向けの講座
  • 26日:全盲者:5名、弱視者:3名に対する体験会(サポーター:8名)
  • ■ 参加したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • *参加者
  • ・弱視ですが、以前より目で見てiPhoneを操作することが大変になり、長文を音声で操作できたらという思いで参加しました。音声での操作はジェスチャーを覚えることが大変だと感じましたが、練習アプリを紹介していただきましたので、練習したいと思います。覚えたいことがたくさん見つかりました。
  • ・自分なりに活用して使っていたつもりでしたが、講習会に参加してみて新しい発見が多くありました。今後活用できることも多かったので、今後はこのような講習会やメーリングリストなど活用し、アンテナを張ってiPhoneに精通できるようになりたいと思います。
  • ・スマートフォンに初めて触れましたが、今日一日ではなかなか活用するのは難しいですね。やはり購入していろいろ触ってみないといけないと思いました。しかしながら、iPhoneでどういうことができるのか分かったので、そのことは大変よかったです。
  • ・初めて使用しました。ジェスチャー操作に苦労しましたが、使ってみれば何とかなると思います。そういう意味でiPhoneデビューに希望がもてました。
  • ・普段からVoiceOverでiPhoneを使用していますが、iPhone講習会には初めて参加しました。自分の知らなかった機能もあり勉強になりました。北海道にはこのような講習が全くないので、もっとこういう講習会を開催していくことが必要だと感じました。また、視覚障害者でスマートフォンを操作していると周囲にいる一般の方からの懐疑的な目で見られることもあります。このような講習会を通じてVoiceOverの認知度が高まっていければと思いました。
  • ・自宅ではiPadを使用していますが、外ではandroidスマホを使用しています。iOSだけでなくandroidの講習会も開催してほしいと思います。

  • *サポーター
  • ・担当の方が、できる方だったのでサポートには苦労しませんでした。機能を知って、これなら視覚障害者の方にも活用できると感じました。
  • ・「習うより、慣れろ」。とにかく使ってみる、体験してみるということが大事なんだと思いました。
  • ・自分自身も学ぶことができてよかった。晴眼者でも初めてスマートフォンを使い始めるときは苦労します。今回講習会に参加し、視覚障害者でもスマートフォンを初めて操作することに対する苦労は同じなんだなと思いました。今後もサポートスキルを高めていきたいと思います。
  • ・講習会を受講して、これなら自分も使えるかなという思いを持ちました。教えるというより一緒に学ぶというスタイルでいけたらいいかなと思います。
  • ・ジェスチャー操作がとても大変でした。RIVO2はとても便利に使えると感じました。
  • ・自分自身が弱視でアクセシビリティ機能について知ってはいたが、なかなか活用する機会がありませんでした。今後はさらに勉強して、自分の周囲やこのような講習会の場で広めていければと思います。
  • ・普段iPhone・iPadを使用しているがandroidも十分視覚障害の方にとって使えるツールなので大事にしていきたい。札幌チャレンジドとしても、これからこのような講習会に取り組んでいきたいと思っています。

視覚障害者職業スキルアップセミナー(8月25日)

テーマ 広げよう!資格取得への道
~ 多彩な資格で社会に貢献する人材を ~
日時 8月25日(土) 13:10~16:40
会場 日本盲人職能開発センター 地下会議室
参加者 51名(聴衆 35名、発表者 4名、日本盲人職能開発センタースタッフ 3名、SPANスタッフ 9名)
  • ■ 内容
  • * 事例発表1「私はこうして資格を取得しました」
  • 石原 純子 氏 産業カウンセラー
  • 佐々木 彩奈 氏 社会福祉士
  • 藤本 政博 氏 2017年社会保険労務士試験合格
  • * 事例発表2「資格取得の環境づくりはこうした」
  • 嶋垣 謹哉 氏 キャリアコンサルタント ほか
  • *資格取得に関するアンケート集計結果
  • 北神 あきら 特定非営利活動法人 視覚障害者パソコンアシストネットワーク
  • * 日本盲人職能開発センター紹介(資格取得を中心に)
  • 坂田 光子 氏 社会福祉法人 日本盲人職能開発センター
  • * セミナーアピール 広げよう!資格取得への道
  • 北神 あきら 特定非営利活動法人 視覚障害者パソコンアシストネットワーク

川畠成道チャリティーコンサート参加(8月16日)

日時 8月16日(木) 14:00~17:00
体験会など 14:00~15:00、休憩時間
コンサート 15:00~17:00
会場 豊洲シビックセンターホール
参加者 聴衆 約230名、SPANブース来訪者 約10名、SPANスタッフ 3名)
  • 参加内容
  • iPhoneとPCによるプログラム読上げデモ
  • 音声によるPCへの文字入力体験
  • 広報紙、チラシなどの配布

在職者訓練(6月19日から12日間)

実施日 6月19日(火)・26日(火)・28日(木)、7月3日(火)・5日(木)・17日(火)・19日(木)・24日(火)・26日(木)、8月2日(木)・7日(火)・9日(木) (12日間 48時間)
時間 13:00~17:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 3名(受講者 1名、講師 1名、事務スタッフ 1名)
  • ■ 内容
  • ・Windows 7 基本操作、エクスプローラ、タスクバー、通知領域、ショートカットキー
  • ・Internet Explorer 読み上げ、検索、ショートカットキー
  • ・PDFの読み方
  • ・Word 2013 リボンの操作、クイック アクセス ツール バー、さまざまなコマンドの選択方法、カーソルの移動、範囲選択、ジャンプ、単語登録
  • ・Excel 2013 セルの書式設定(表示形式、配置、罫線、保護)、行・列・シートの操作、ページレイアウトの設定、印刷、並べ替え、オートフィルター、ファイルの保存、ファイルを開く、効率的なデータ入力、入力規則、条件付き書式(設定、条件書式によるオートフィルター)、ピボットテーブル、業務で使用する関数
  • ・Excel VBA VBAの概要、VBEの操作、基本的なコード、実務で使えるVBAコード
  • ・PowerPoint 2013 データの読み方、画面構成、スライドの作成・編集(文字、画像)、スライドショー

ロービジョンセミナー(7月28日)に出展

日時 7月28日(土) 9:30~15:00
会場 戸山サンライズ(東京都新宿区)
主催 社会福祉法人 日本盲人職能開発センター
参加者 約200名、ブース来訪者 約20名
  • ■ 内容
  • SPANの活動紹介
  • 啓発ビデオ「ある日、職場の同僚が視覚障害になったら」の上映
  • SPAN広報紙、チラシ(スキルアップセミナー、就労促進フォーラム、ホーム転落を亡くす会の呼びかけ))配布
  • 相談対応

タブレットサロン(7月18日)

日時 7月18日(水) 14:00~16:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 10名(受講者 3名、見学者 1名、スタッフ 6名)

在職者訓練(5月10日から8日間)

実施日 5月10日(木)・15日(火)・24日(木)、6月7日(木)・12日(火)・19日(火)・26日(火)、7月3日(火) 8日間(48時間)
時間 10:00~16:50(昼休憩1時間)
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 3名(受講者 1名、講師 1名、事務スタッフ 1名)
  • ■ 内容
  • ・Windows 10 基本操作、エクスプローラー、ショートカットキー、アクセスキー、タスクバーの操作、エクスプローラーのリボンの操作
  • ・マウスの基本操作、設定、操作のコツ、マウスポインタの形状と用途
  • ・Word2016 画面構成とリボンの操作、基本のキー操作(カーソルの移動、範囲選択、コピーなど)、ショートカットキー、アクセスキー、ビジネス文書の構成と作成、あいさつ文の挿入、文字書式、段落書式、画像や図形の挿入と加工(基本、応用)、表の作成と加工、ページ設定、印刷、ヘッダーとフッター、ページ番号
  • ・PowerPoint2016 画面構成とリボンの操作、スライドの作成、文字の入力、編集、アウトラインの設定、画像の挿入、Excelの挿入、サイズの変更、アニメーション、画面切り替え、スライドショー、リハーサル、ノート、配布資料、印刷
  • ・Excel2016 画面構成とリボンの操作、基本のキー操作(セルの選択、移動、コピー、切り取り、貼り付け、データの入力と編集)、ショートカットキー、アクセスキー、数式の基本(式の構造、四則演算、関数について、相対参照と絶対参照、シリアル値)、行、列、シートの操作、条件付き書式、関数1(入力方法と基本的な関数)、関数2(応用、ネスト、名前の定義の利用など)、並べ替え、オートフィルター、フィルターオプション、グラフの作成と加工
  • ・Excel2016 LEN関数、ピボットテーブル(複数シート)
  • ・Word2016 ナビゲーションウィンドウの操作、見出しの設定、スタイルの変更、新しいスタイルの作成

土曜講座「PowerPoint 2016の基本操作」(5月19日から4日間コーす)

開催日 5月19日(土)・26日(土)、6月2日(土)・16日(土) 4日間コース
時間 13:00~17:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 4名(受講者 2名、スタッフ 2名)
  • ■ 内容
  • PowerPointの概要、画面構成
  • スライドの基本操作、既存ファイルの内容把握
  • 作成手順、スライドの作成
  • プレースホルダについて、文字の入力、箇条書き
  • Excelの表の挿入と加工
  • Excelのグラフの挿入と加工
  • 画像の挿入と加工
  • 図形の挿入と加工
  • 各自プレゼンテーション

SPANサロン「インストラクター養成講座テキストの紹介」(6月24日)

日時 6月24日(日) 13:00~16:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 9名(会員 6名、サービスグラントのプロボノ 2名、同行援護者 1名)
  • ■ 内容
  • サービスグラントからのヒアリング
  • インストラクター養成講座テキストの内容紹介
  • 情報交換(視覚障害者のPCやスマートフォン、またAIスピーカーや音声対応家電製品の利用に関して)

タブレットサロン(6月20日)

日時 6月20日(水) 14:00~16:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 8名(受講者 1名、見学者 1名、スタッフ 6名)

在職者訓練(4月3日から17日間)

実施日 4月3日(火)・10日(火)・17日(火)・19日(木)・24日(火)・26日(木)、5月8日(火)・10日(木)・15日(火)・17日(木)・22日(火)・24日(木)・29日(火)・31日(木)、6月5日(火)・7日(木)・12日(火) 17日間(68時間)
時間 13:00~17:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 3名(受講者 1名、講師 1名、事務スタッフ 1名)
  • ■ 内容
  • ・PC-Talker 基本操作、設定
  • ・Windows 10 基本操作、エクスプローラ、タスクバー、通知領域、ショートカットキー
  • ・Excel 2016 リボンの操作、クイック アクセス ツール バー、さまざまなコマンドの選択方法、セルの移動、セル・行・列の選択、効率的なデータ入力、セルの書式設定(表示形式、フォント、配置、罫線、塗りつぶし、保護)、行・列・シートの操作、ページ設定、印刷、並べ替え、オートフィルター、ファイルの保存、ファイルを開く、入力規則、条件付き書式(設定、条件書式によるオートフィルター)、ピボットテーブル、業務で使用する関数(SUM、SUMIF・IFS、COUNTIFS・IFS、VLLOOKUP、Round、Rank、DATEDIF等)、グラフの作成・加工
  • ・Excel VBA VBAの概要、VBEの操作、基本的なコード、オブジェクト、プロパティー、メソッド、ステートメント、実務に即したコード作成
  • ・PowerPoint 2016 データの読み方、画面構成、スライドの作成・編集、Excelデータの挿入・加工、画像・図形の挿入・加工、画面切り替え効果・アニメーションの設定、スライドショー
  • ・Outlook 2016 メール送受信、添付ファイルの操作、メールの管理(フォルダー作成、移動)、検索、振り分け、連絡先の操作
  • ・Internet Explorer Webページ閲覧、検索、履歴、ショートカットキー
  • ・PDFの操作(読み方、PC-Talkerの関連設定)

日本ユニシスグループ新入社員研修(6月8日)

日時 6月8日(金) 13:00~16:30
場所 日本ユニシス本社 29階 大会議室
参加者 日本ユニシスグループ新入社員 約170名、日本ユニシスグループスタッフ 6名、講演者など 5名、SPANスタッフ 2名
  • 内容(SPAN担当分)
  • 自己紹介、団体紹介
  • PCでの読み上げデモ(SPANのWebサイト)
  • iPadでの読み上げデモ(SPANのWebサイト)
  • 視覚障害者に関するクイズ(PCでクイズを読み上げ)(点字が読める人の数、ICTを活用している人の数)
  • 言葉による説明体験
    2人1組となり、スクリーンに投影されたもの(ブレイルメモ)の形をアイマスクをした人に言葉で伝える体験

ページの一番上へ戻る

過去の活動記録

ページの一番上へ戻る