スパンのロゴマーク。トップページへ移動

特定非営利活動法人 視覚障害者パソコンアシストネットワーク SPAN

ここから本文

活動予定

遠隔ワンポイント講座「見直そう!Excelの基本」(5月3日)のご案内


5月3日(月・祝)に、遠隔ワンポイント講座を開催します。
方法は、受講するみなさんと講師の間を通信アプリZoomミーティングで結んで、音声による通話で行います。
もちろん、受講する方と講師との間での質疑応答も可能です。

新型コロナウイルスの影響で外出が困難な今、遠隔講座で学ぶことでスキルアップを図る絶好のチャンスです。
そして、全国どこからでも学べるという遠隔講座のメリットを活かしていただければと思います。

Zoomミーティングは、世界的に多くの個人や企業で利用されている通信アプリで、受けるだけならアカウントの登録も不要で、操作もシンプルです。
また、各種画面読み上げソフトの音声にも対応しています。
なお、初めてZoomミーティングを利用され、希望される方には、事前に通信テストを行います。

テーマは「見直そう!Excelの基本」です。

Excelは、視覚障害者はもちろん、多くの方が使っていると思いますが「これまで自分流に使ってきた」「きちんと学んだことがなかった」というかたもいるのではないでしょうか。
また、使いこなしている方にとっても、基本を学びなおすことで新たな発見があるかもしれませんん。
この講座は、以下のような方を対象としています。

  • ・これまで、Excelを基本から学ぶ機会がなかった
  • ・自分流に使っているが、もっといい使い方がないかを知りたい
  • ・それなりに使えてはいるが、もう1度基本を見直すことで、より効率的に使えるようになりたい
  • ・視覚障害者にExcelを指導する方法が知りたい

これまで、基本を学んだ方からは「基本を学ぶことで頭の整理ができた」「基本操作から思わぬヒントがあった」「自分の知らない操作があり、参考になった」などの感想が寄せられています。

今回の講座では、Excelのコマンドの選択方法、セルの移動や選択、また、データの入力などの基本を学びながら、効率的な操作も取り上げていきます。
とにかく、Excelを楽に、そして効率的に使いたいと願っている方のお役に立てればと思っています。

なお、今回の講座で講師が利用するExcelのバージョンは「2016」ですが、「2013」「2019」そして「Microsoft365」などでも基本的な操作法はほとんど同じですので、こうしたバージョンをお使いの方の受講も大丈夫です。
また、受講する方が使用する画面読み上げソフトは、PC-Talker、JAWS、NVDAの中からお選びいただけます。

どうぞ多くの方の参加をお待ちしています。

ただ、講座の成果を上げるため、タイピングの基本ができること、Excelの基本操作ができることを受講条件とさせていただきます。

* 尚、この講座で講師が使用するPC環境は以下の通りです。

  • ・キーボード : 日本語109キーボード
  • ・OS : Windows10
  • ・Excel : 2016
  • ・画面読み上げソフト : PC-Talker Neo、JAWS17、NVDA(最新バージョン)
    PC-Talkerを基本に行いますが、必要に応じてJAWSとNVDAの説明も加えていきます。
日時 5月3日(月・祝) 13:00~17:00
通信方法 Zoomミーティング
募集定員 4名
データ 事前に当日使用するデータをお送りしますので、内容を確認しておいていただきますようお願いします。
講師 北神 あきら(SPAN)
受講料 8,800円(受講前にお振込でお支払いください。)
振込先はお申込みをいただいた方にお知らせします。
お申込先 office(@)span.jp
お名前、連絡用電話番号、お使いのExcelのバージョン、そしてご希望の画面読み上げソフトをお知らせください。
折り返し、受講料の振込先をお知らせします。

★尚、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示したうえでカッコで囲んでいます。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正したうえで、カッコを削除していただきますようお願いします。

また、いただいた個人情報はこの講座の運営や連絡で使用させていただくほか、SPANが開催する講座やイベント等のご案内、SPANの活動紹介などで使用させていただく場合があります。
もし、こうしたご案内が不要な方は上記お申し込み先までご連絡ください。
詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。

★講座カリキュラム
* 基本的な流れは変わりませんが、細かい内容は変更になることがあります。

  • ・コマンど選択の基本と操作のコツ
  • ・効率的なセルの移動と選択
  • ・さまざまな入力方法
  • ・「セルの書式設定」基本と操作のコツ
  • ・列幅・行高設定のポイント
  • ・美しく印刷するポイント
  • ファイル保存の基本と操作のコツ

遠隔ワンポイント講座「見直そう!Wordの基本」(5月1日)のご案内


5月1日(土)に、遠隔ワンポイント講座を開催します。
方法は、受講するみなさんと講師の間を通信アプリZoomミーティングで結んで、音声による通話で行います。
もちろん、受講する方と講師との間での質疑応答も可能です。

新型コロナウイルスの影響で外出が困難な今、遠隔講座で学ぶことでスキルアップを図る絶好のチャンスです。
そして、全国どこからでも学べるという遠隔講座のメリットを活かしていただければと思います。

Zoomミーティングは、世界的に多くの個人や企業で利用されている通信アプリで、受けるだけならアカウントの登録も不要で、操作もシンプルです。
また、各種画面読み上げソフトの音声にも対応しています。
なお、初めてZoomミーティングを利用され、希望される方には、事前に通信テストを行います。

テーマは「見直そう!Wordの基本」です。

Wordは、視覚障害者はもちろん、多くの方が使っていると思いますが「これまで自分流に使ってきた」「きちんと学んだことがなかった」というかたもいるのではないでしょうか。
また、使いこなしている方にとっても、基本を学びなおすことで新たな発見があるかもしれませんん。
この講座は、以下のような方を対象としています。

  • ・これまで、Wordを基本から学ぶ機会がなかった
  • ・自分流に使っているが、もっといい使い方がないかを知りたい
  • ・それなりに使えてはいるが、もう1度基本を見直すことで、より効率的に使えるようになりたい
  • ・視覚障害者にWordを指導する方法が知りたい

これまで、基本を学んだ方からは「基本を学ぶことで頭の整理ができた」「基本操作から思わぬヒントがあった」「自分の知らない操作があり、参考になった」などの感想が寄せられています。

今回の講座では、Wordのコマンドの選択方法、カーソルの移動や範囲選択、また、文字や段落の書式設定などの基本を学びながら、効率的な操作も取り上げていきます。
とにかく、Wordを楽に、そして効率的に使いたいと願っている方のお役に立てればと思っています。

なお、今回の講座で講師が利用するWordのバージョンは「2016」ですが、「2013」「2019」そして「Microsoft365」などでも基本的な操作法はほとんど同じですので、こうしたバージョンをお使いの方の受講も大丈夫です。
また、受講する方が使用する画面読み上げソフトは、PC-Talker、JAWS、NVDAの中からお選びいただけます。

どうぞ多くの方の参加をお待ちしています。

ただ、講座の成果を上げるため、タイピングの基本ができること、Wordの基本操作ができることを受講条件とさせていただきます。

* 尚、この講座で講師が使用するPC環境は以下の通りです。

  • ・キーボード : 日本語109キーボード
  • ・OS : Windows10
  • ・Word : 2016
  • ・画面読み上げソフト : PC-Talker Neo、JAWS17、NVDA(最新バージョン)
    PC-Talkerを基本に行いますが、必要に応じてJAWSとNVDAの説明も加えていきます。
日時 5月1日(土) 13:00~17:00
通信方法 Zoomミーティング
募集定員 4名
データ 事前に当日使用するデータをお送りしますので、内容を確認しておいていただきますようお願いします。
講師 北神 あきら(SPAN)
受講料 8,800円(受講前にお振込でお支払いください。)
振込先はお申込みをいただいた方にお知らせします。
お申込先 office(@)span.jp
お名前、連絡用電話番号、お使いのWordのバージョン、そしてご希望の画面読み上げソフトをお知らせください。
折り返し、受講料の振込先をお知らせします。

★尚、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示したうえでカッコで囲んでいます。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正したうえで、カッコを削除していただきますようお願いします。

また、いただいた個人情報はこの講座の運営や連絡で使用させていただくほか、SPANが開催する講座やイベント等のご案内、SPANの活動紹介などで使用させていただく場合があります。
もし、こうしたご案内が不要な方は上記お申し込み先までご連絡ください。
詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。

★講座カリキュラム
* 基本的な流れは変わりませんが、細かい内容は変更になることがあります。

  • ・コマンど選択の基本と操作のコツ
  • ・効率的なカーソルの移動と範囲選択
  • ・文字書式・段落書式の基本と活用
  • ・ページのレイアウトを整える
  • ・表の読み方と表への入力
  • ファイル保存の基本と操作のコツ

遠隔土曜講座「音声でもできる!魅力的なプレゼン資料作り」(4月10日から3日間コース)のご案内


4月10日(土)・17日(土)・24日(土)の3日間にわたり、遠隔土曜講座を開催します。
方法は、受講するみなさんと講師の間を通信アプリZoomミーティングで結んで、音声による通話で行います。
もちろん、受講する方と講師との間での質疑応答もできます。
Zoomミーティングでの通話は、PCのほか、スマートフォンやタブレット端末でも可能です。
また、PCでZoomミーティングの通話をしている場合は、画面共有を利用することで、スタッフのサポートを受けることもできます。
ご希望があれば、事前に通信テストを行います。

遠隔講座のメリットは、何といっても全国どこからでも受講が可能なことです。
そして、教室に来なくても学べるというのも大きな魅力です。
さらに、各地から参加した方々との交流や情報交換もできるかもしれません。

加えて、今回は、ビジュアル的なデータを扱うことから、主な画面のイメージを立体コピーにして受講者のみなさんにお送りします。そうすることで、画面のイメージが触覚で確認できます。
立体コピーは、多くの方からの寄付をいただいてSPANが導入した立体イメージプリンター「EasyTactix」を利用して作成し、事前にお送りします。

テーマは「音声でもできる!魅力的なプレゼン資料作成」です。
つまり、PowerPointによるプレゼンテーションファイルの作成です。

昨今、ビジネスや教育、また地域の活動など、いろいろな場面で使われることが多くなったPowerPoint。発表(プレゼンテーション)で使用されるのはもちろんですが、会議やセミナーなどで渡される資料がPowerPointで作られたデータということも珍しくなくなりました。
ですから、就労している人はもちろん、学生やさまざまな活動に携わる人にとって、このアプリケーションは不可欠なツールといえるのではないでしょうか。

ただ、PowerPointはビジュアル的なデータを扱うので視覚障害者には難しいと考えている方もいるかもしれません。
もちろん、すべてのことができるわけではありませんが、基本的なプレゼンテーション資料の作成は音声とキーボードで十分可能ですし、画像データの加工、また動画や音声データを扱うこともできます。

ぜひ、この機会にPowerPointで魅力的なプレゼン資料作成にチャレンジしてみませんか?
初めてPowerPointを使う方の参加も大丈夫です。
どうぞ多くの方の参加をお待ちしています。

この講座は、以下の点を目標に進めていきます。

  • ・PowerPointのファイルの内容や構成が把握できるようになる
  • ・画像データの挿入を含む基本的なプレゼンテーションファイルを作成できるようになる
  • ・画面切り替え効果やアニメーション、また動画や音声データなどの扱い方を習得する
  • ・スライドショーの進め方や配布資料の作成方法を習得する

* 尚、この講座で講師が使用するPC環境は以下の通りですが、これ以外のPC環境の方の受講も可能です。

  • ・OS : Windows 10
  • ・PowerPoint : 2016
  • ・画面読み上げソフト : PC-Talker Neo、JAWS 17、NVDA 最新バージョン

ただ、講座の成果を挙げるため、タイピングの基本ができること、ExcelもしくはWordの使用経験があること(2016でなくて構いません)を受講条件とさせていただきます。
あと、毎回の復習がとても大切です。ですから、ご自宅や職場で復習ができる環境を持っていることが望ましいです。

また、使用する画面読み上げソフトは、PC-Talker、JAWS、そしてNVDAからお選びいただけます。

★この講座はお申込みが2名以上の場合に開催します。

開催日 4月10日(土)・17日(土)・24日(土) (3日間コース)
時間 13:00~17:00
通信方法 Zoomミーティング
募集定員 4名
データ 事前に当日使用するデータをお送りしますので、内容を確認しておいてください。
講師 北神 あきら(SPAN)
受講料 26,400円 (3日間、テキストや立体資料を含む)
(受講前にお振込でお支払いください。)
振込先はお申込みをいただいた方にお知らせします。
お申込先 office(@)span.jp
お名前、連絡用電話番号、立体資料の送付先、お使いのPowerPointのバージョン、ご希望の画面読み上げソフト、そして、通信テストの要/不要をお知らせください。

★尚、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示したうえでカッコで囲んでいます。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正したうえで、カッコを削除していただきますようお願いします。

また、いただいた個人情報はこの講座の運営や連絡で使用させていただくほか、SPANが開催する講座やイベント等のご案内、SPANの活動紹介などで使用させていただく場合があります。
もし、こうしたご案内が不要な方は上記お申し込み先までご連絡ください。
詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。

★講座カリキュラム
* 基本的な流れは変わりませんが、細かい内容は変更になることがあります。

  • * 4月10日(土) 第1日目
  • ・PowerPointの画面構成
  • ・ファイルの内容を把握する
  • ・プレゼンテーションファイルを作成する前に
  • ・PowerPointの構成要素
  • ・スライドとプレースホルダーのサイズの確認
  • ・文字の入力と編集
  • ・Excelデータの挿入とインデントレベルの変更
  • ・グラフの挿入
  • ・スライドの移動と削除
  • * 4月17日(土) 第2日目
  • ・図形の挿入と加工
  • ・画像の挿入とプレースホルダーのサイズ変更
  • ・音声データの挿入と再生
  • ・動画の挿入と再生
  • ・スライド番号と代替テキスト
  • ・スライド自体への画像の挿入
  • * 4月24日(土) 第3日目
  • ・目次の挿入
  • ・画面切り替え効果とアニメーション
  • ・スライドショーの実行
  • ・ノート
  • ・リハーサル
  • ・スライドショー形式でのファイル保存
  • ・配布資料

遠隔ワンポイント講座「弱視者向けWordのコツ」(4月4日)のご案内


4月4日(日)に、遠隔ワンポイント講座を開催します。
方法は、受講するみなさんと講師の間を通信アプリZoomミーティングで結んで、音声+講師PCの画像共有で行います。

テーマは「弱視者向けWordのコツ」です。

1 目的
Word365を使用し、編集記号やスタイル、校正機能などの利便性の高い機能を紹介します。
ショートカットでは、スクリーンリーダー有り無しでの対応も説明します。

2 指導予定内容(目標)
(1)Wordの特徴
(2)編集記号の表示 良い例と悪い例
(3)スタイルと目次を使用した文書
(4)校正機能の活用
(5)テキスト形式データの活用
(6)ハイパーリンクとPDF

3 指導環境
Zoomを使用したリモートでの指導です。
ショートカットを活用した指導になります。
必要に応じてスクリーンリーダーPC-Talkerを使用します。
講師の画面を共有して実施ます。

4 対象者
Windows10を使用している弱視者 スクリーンリーダー使用の有無は問いません。
弱視者の指導を学習したい晴眼者の参加も可能です。

5 今後の予定
マルチメディアデイジー作成やExcelの活用などを予定しています。
Chrome Bookについては、現在検討中です。
ご希望があれば、お知らせください。

弱視者向けの設定を取り上げた講座はこれまであまりないと思います。
どうぞ、たくさんの方のご参加をお待ちしています。

日時 4月4日(日) 13:30~14:30
通信方法 Zoomミーティング
募集定員 5名程度
講師 村山 愼二郎(SPAN)
受講料 2,200円(受講前にお振込でお支払いください。)
振込先はお申込みをいただいた方にお知らせします。
お申込先 office(@)span.jp
お名前、所属、電話番号、メールアドレスをお知らせください。

★尚、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示したうえでカッコで囲んでいます。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正したうえで、カッコを削除していただきますようお願いします。

また、いただいた個人情報はこの講座の運営や連絡で使用させていただくほか、SPANが開催する講座やイベント等のご案内、SPANの活動紹介などで使用させていただく場合があります。
もし、こうしたご案内が不要な方は上記お申し込み先までご連絡ください。
詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。


無償での遠隔就労サポート実施のご案内

SPANでは、以下の通り遠隔での就労サポートを実施します。
実施方法は、zoomミーティングによる音声通話で、必要があれば画面共有なども行います。
内容は、マンツーマンでの10時間のPCの職業講習で、日程やテーマなどについては、受講する方との間で打合せながら進めていきます。

これは、2020年に、多くの方から頂いたご寄付を財源に実施するもので、受講する方の受講料負担はありません。
ご協力いただいた皆様に心からお礼申し上げます。

この遠隔サポートを実施するのは、視覚障害者への公的な就労支援がまだまだ不十分で、地域的、制度的など、さまざまな理由でスキルを高めたくても学ぶ場がないという方の状況を少しでも補うためです。

ですから、このサポートが受けられるのは、以下のような方です。お住まいの地域、求職者・在職者の別は問いません。

  • 地域的・制度的に職業訓練などの公的な就労支援が受けられない方
  • 制度は利用できるものの、日程や内容などがニーズに合わない方
  • 職場の協力が得られないなどの理由で、就労支援の制度が利用できない方
  • 上記以外の理由で公的な就労支援が受けられない方
  • Zoomミーティングでの通話ができるネットワーク環境をお持ちの方

また、このサポートで取り上げる内容の例は以下の通りです。

  • Windowsの操作
  • スクリーンリーダー(PC-Talker、JAWS、NVDA など)の操作
  • 弱視者用設定の方法
  • Microsoft Office(Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Access など)
  • ブラウザ(Internet Explorer、Edge、GoogleChrome など
  • Excel VBA

上記以外の内容をご希望の方はご相談ください。

実施要項は以下の通りです。
ご不明な点はお問合せください。

実施期間 2021年4月~10月
募集人数 10名(公的な就労支援が受けられない方)
時間数 お一人10時間
実施方法 Zoomミーティングによる通話(必要に応じて画面共有)
お申込み office(@)span.jp
お名前、求職者・在職者の別、電話番号、メールアドレス、申込の理由、希望支援内容をお知らせください。

★なお、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示したうえでカッコを付けています。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正したうえで、カッこを削除していただきますようお願いします。

また、いただいた個人情報はこのサポートの運営や連絡で使用させていただくほか、SPANが開催する講座やイベント等のご案内、SPANの活動紹介などで使用させていただく場合があります。
もし、こうしたご案内が不要な方は上記お申し込み先までご連絡ください。
詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。


新型コロナウイルス感染へのSPANの対応について(6月1日)

全国的に新型コロナウイルスの感染が続いていて、政府から「新しい生活様式」も提唱され、引き続き感染防止対策が求められています。
つきましては、4月1日以降のSPANの対応を以下の通りとさせていただきます。
皆様にはご不便をおかけしますが、どうぞご協力いただきますようお願いします。

  • ★講座などの開催について
  • 1.講座は可能な限りZoomミーティングによる通話を利用した遠隔で行います。
  • 2.もし、SPANの教室で行う場合は、下記に示す感染防止策を講じたうえで、参加する方には、それをご了解いただくことを参加条件とします。
  • 3.SPANの教室で行う場合、当面、講座の受講者の人数は2名までとします。
  • ★感染防止策
  • 1.発熱(37.5度以上やせきなどの症状がある方は、スカイプラザ(SPANの教室)には入室できません。
  • 2.スカイプラザに入室する際には、手洗いとアルコールなどによる消毒を行ってください。
  • 3.スカイプラザ使用中は、1時間に1回程度窓を開けるとともに、換気扇を作動させて部屋の換気を行ってください。
  • 4.スカイプラザ内ではマスクを着用し、せきエチケットを守ってください。
  • 5.PCやキーボード、またドアノブなど、手に触れる物を使用する前後には、除菌用品による消毒・除菌を行ってください。
  • 6.当面、お茶やお茶菓子などの提供は中止させていただきます。

何か不明な点がありましたら、以下までお問い合わせください。
office(@)span.jp

★なお、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示したうえでカッコを付けています。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正したうえで、カッこを削除していただきますようお願いします。


遠隔講座実施のご案内

新型コロナウイルスの感染が広がっていることから、教室での講座が難しくなっています。
一方で、PCスキルを高めたいという声も寄せられているので、SPANでは以下の通り遠隔講座を実施します。

形式は、個人の方を対象とした講座をZoomミーティングという通信アプリを利用して行います。
ですから、自宅や職場で受講が可能です。

Zoomミーティングの操作はとても簡単で、お送りするURLでWebページを開いていただくだけで参加できます。また、アカウントの取得なども不要です。
必要な方には操作手順もお送りします。

受講料は1時間2,200円で、お支払いは銀行振り込みでお願いします。

受講を希望される方は、以下の項目を記載のうえ、このご案内の末尾に記載してあるメールアドレスまでお申し込みください。

  • お名前
  • 連絡用電話番号
  • ご希望日時 例:4月18日(土) 14時~16時
    できれば、複数のご希望日時をいただけると助かります。
  • 学びたい内容

何か不明な点がありましたら、以下までお問い合わせください。
office(@)span.jp

★なお、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示したうえでカッコを付けています。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正したうえで、カッこを削除していただきますようお願いします。


インストラクター養成講座中止のご案内

★ 新型コロナウイルスの感染が収束していないため、当面、インストラクター養成講座は中止とさせていただきます。
次回開催日につきましては、ウイルス感染の状況を見ながら改めて検討し、決まり次第このページ上でお知らせします。

皆様にはご迷惑をおかけしますが、事情をお汲み取り頂、ご理解賜りますようお願い申し上げます。


ページの一番上へ戻る

最近の活動記録

遠隔ワンポイント講座「弱視者向けWordのコツ」(4月4日)

今回はWord嫌いの要因を説明しながらのデモをしました。
次回はシートカットでExcelを検討しています。

実施期間 4月4日(日) 13:30~14:30
実施方法 Zoomミーティング
参加者 3名(受講者 2名、スタッフ 1名)
  • ■ 環境
  • ・Windows 10
  • ・Microsoft 365
  • ■ 内容
  • (1)Wordの特徴
  • (2)編集記号の表示
  • (3)スタイルと目次
  • (4)校正機能の活用
  • (5)テキスト形式データの活用

日商PC検定3級(データ活用)受験対策コース1月期

1月から続けてきた日商PC検定3級(データ活用)受験対策コース1月期が終了しました。
受講した方は5名で、関東のほか、関西、九州から参加していました。

実施期間 1月11日(月・祝)~4月4日(日) 9回
実施方法 Zoomミーティングによる通話とメールによるサポート
参加者 8名(受講者 5名、スタッフ 3名)
  • ■ 内容
  • ・オリエンテーション
  • ・知識科目の学習
  • ・実技科目の学習
  • ・模擬検定受験
  • ・仕上げと受験準備
  • ■ 受講したみなさんからは、以下のような感想が寄せられました。
  • ・3ヵ月間、ありがとうございました。グラフは全く触ったことがなかったので、資格試験を兼ねて勉強できて大変嬉しかったです。
  • ・視覚障害者の資格試験がもともとあまりないので、こういった機会は昔だったら東京に行かないと受けられないかなと思っていたものがこうして受けられるようになって、とてもありがたいと思っています。
  • ・仕事の兼ね合いと次のステップで2級できるかなと悩み中だったのですが、できれば資格をずっと取っていきたいなと思うくらい、とてもためになっています。今までしたことがなかったことができるというのがすごく楽しかったです。スタッフの方にもいつも赤入れしてもらって、とても助かりました。
  • ・Zoomで勉強させていただけてよかったと思っています。パターンとしてちゃんと学習したことがなかったので、グラフも初めて作りましたし、また2級でも勉強したいなと思っているくらいです。
  • ・やっぱり仕事をしていると、いろいろなことを頼まれたときにパターンを知っていたら、いろいろ生かせることがあるなと思うので、どんどんこういう機会があれば、また勉強させていただきたいと思います。3ヵ月間どうもありがとうございました。お世話になりました。
  • ・3ヵ月間、本当にありがとうございました。いろいろな機能が、なんとなく知っているけれど、使い方がよくわからないので使っていなかったものが、今回の講座でやってみて、実際にこうやって使ったらいいんだというのがはっきりわかったので、ちょっとずつ実務に生かしていけるようになったのが、試験に合格するためだけでなく、実務ができるようになった実感を持てたのがすごくよかったなと思っています。

日商PC検定3級(文書作成)受験対策コース1月期

1月から続けてきた日商PC検定3級(文書作成)受験対策コース1月期が終了しました。
受講者は、関東と中部から参加していて、遠隔講座の効果を感じさせてくれました。

実施期間 2021年1月10日(日)~4月3日(土) 9回
実施方法 Zoomミーティングによる通話とメールによるサポート
参加者 5名(受講者 3名、スタッフ 2名)
  • ■ 内容
  • ・オリエンテーション
  • ・知識科目の学習
  • ・実技科目の学習
  • ・模擬検定受験
  • ・仕上げと受験準備
  • ■ 受講したみなさんからは、以下のような感想が寄せられました。
  • ・Excelに続いてWordを受講しましたが、解答手順を細かく書いていただいていたので、自学自習でも困ることなく勉強できてよかったです。
  • ・要望としては、表の外枠の罫線を太線にすると、表の内側の罫線の太さが0.5ptから0.75ptに勝手に変わってしまう現象について、必ず起こる現象であれば、解答手順に補足してもらえるとありがたかったです。あれ?と思ったり、いちいち質問をせずに済むので。
  • ・初めて検定対策の講座に参加しました。視覚障害者はなかなか検定を受けられず、場所も東京であることが多いですが、オンライン講座があることで、愛知でも講座を受けられたのはありがたかったです。
  • ・テキストがあったので、迷うことなく自分で勉強できたのも助かりました。北神先生と松本さんのお人柄のおかげで、朗らかな気分で勉強できました。
  • ・グループ間移動については、講座で一緒に操作するときに初めてやりましたが、今活用しています。
  • ・初めての参加で、知識問題が最初はわからなくてどうしようと思いましたが、たくさん問題の種類があり、反復することで習得できてよかったです。
  • ・知識問題は、問題と解答だけでなく、解説があったのもよかったです。
  • ・実技問題も、解答手順が詳しく書いてあったので自分で操作して習得できてよかったです。

在職者訓練(1月18日から3月22日の12日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

在職者訓練は、公益財団法人 東京しごと財団が実施する公的な職業訓練で、
企業などに在職する障害者の職業スキルの向上、就労の継続を図ることが目的です。
受講後1年間を過ぎますと再受講可能です。
SPANは同財団からの委託により訓練を行っています。
在職者訓練については、「在職者訓練の受講をお考えの方」をご覧ください。

1月18日から実施してきた在職者訓練が終了しました。
SPANの在職者訓練は全てオーダーメイドで、個々のニーズに合わせて実施しています。

実施日 2021年1月18日(月)・28日(木)
  2月1日(月)・4日(木)・8日(月)・18日(木)・25日(木)
  3月5日(金)・11日(木)・15日(月)・18日(木)・22日(月) 12日間 48時間
場所 SPAN三田スカイプラザ(初日と最終日)
Zoomミーティング(上記以外)
参加者 2名(受講者 1名、スタッフ 1名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Office:Office2016
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker10
  • ■ 内容
  • ・Windows10 スタートメニュー、タスクバー、ショートカットキー、エクスプローラー
  • ・Word 効率的なコマンド選択、カーソルの移動、文字・段落書式、ビジネス文書作成、ページ設定、表の操作、画像(写真など)の操作、目次付き文書の作成(スタイル、ページ番号、目次)
  • ・Excel セルの移動、セルの書式設定(表示形式、配置、フォント、罫線、塗りつぶし、保護)、行・列・シートの操作、効率的なデータ入力、オートフィルター、条件付き書式、入力規則、印刷、業務で使用する関数
  • ・PowerPoint 文字の入力・編集、Excelデータの挿入、図形の挿入・加工、画像の挿入・加工、音声データの挿入・加工、動画の挿入・加工、画面切り替え効果、アニメーション、スライドショー
  • ・Outlook メール(添付ファイル)
  • ・Adobe PDF閲覧
  • ・Edge Webページ閲覧

調布市でのスマホ体験会(3月15日)

調布市社会福祉協議会の障害者地域活動支援センター「ドルチェ」で開催された講習会「私たちのスマホ~未来予想図」に協力し、iPhoneの体験会を実施しました。

日時 3月15日(月) 13:30~15:00
場所 調布市総合福祉センター4階 生活支援室
参加者 14名(利用者5名、社協スタッフ4名、サポートスタッフ2名、ガイド2名、SPANスタッフ1名)
デモ機貸し出し 当日、SPANで所有しているiPhone4台を貸し出しました。
  • ■ 内容
  • ・挨拶、参加者自己紹介
  • ・講話:私のスマホ生活
  • ・スマホ体験会(Siriでの操作、OCRアプリの体験)
  • ・トークタイム
  • ■ 参加者の感想
  • ・勉強できる機会をたくさん作ってほしいです。
  • ・初体験としてはよかった。次回以降も内容をバージョンアップしてくれると参加したい。
  • ・先生の説明が大変分かりやすく前向きになれました。ありがとうございます。

在職者訓練(12月4日から3月4日の13日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

在職者訓練は、公益財団法人 東京しごと財団が実施する公的な職業訓練で、
企業などに在職する障害者の職業スキルの向上、就労の継続を図ることが目的です。
受講後1年間を過ぎますと再受講可能です。
SPANは同財団からの委託により訓練を行っています。
在職者訓練については、「在職者訓練の受講をお考えの方」をご覧ください。

12月4日から実施してきた在職者訓練が終了しました。
SPANの在職者訓練は全てオーダーメイドで、個々のニーズに合わせて実施しています。

実施日 2020年12月4日(金)・11日(金)・18日(金)・25日(金)
2021年1月8日(金)・15日(金)・22日(金)・29日(金)
 2月5日(金)・12日(金)・19日(金)・26日(金)
 3月4日(木)  13日間 52時間
場所 SPAN三田スカイプラザ(初日と最終日)
Zoomミーティング(上記以外)
参加者 3名(受講者 1名、スタッフ 1名、見学 1名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Office:Office2016
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker10
  • ■ 内容
  • ・PC-Talker 基本操作・設定、弱視者向け設定
  • ・Windows10 スタートメニュー、タスクバー、ショートカットキー、エクスプローラー、拡大鏡、ハイコントラスト、個人設定
  • ・Adobe Acrobat PC PDF閲覧
  • ・Word コマンドの選択、カーソルの移動、範囲選択、ページレイアウト、文字・段落書式、ファイル保存)、目次付き文書の作成、スタイル、変更履歴・コメント、表内での移動、表への入力、表の新規作成・加工、差し込み印刷
  • ・Excel セルの移動・選択、効率的なデータ入力、行・列の操作、セルの書式設定(表示形式、配置、罫線、塗りつぶし、保護)、シートの操作、入力規則、並べ替え、印刷、オートフィルター、条件付き書式、条件書式による色フィルター、業務で使用する関数、ピボットテーブル、グラフ(棒、円)、キーボードマクロ、VBAの基本
  • ・PowerPoint プレゼンテーションファイルの読み方、画面構成、文字の入力と編集、Excelデータの挿入、図形・画像の挿入・加工、画面切り替え効果、アニメーション、スライドショー
  • ・Outlook メール、連絡先
  • ・Internet Explorer、Edge Webページ閲覧・検索

在職者訓練(11月30日から3月1日の15日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

在職者訓練は、公益財団法人 東京しごと財団が実施する公的な職業訓練で、
企業などに在職する障害者の職業スキルの向上、就労の継続を図ることが目的です。
受講後1年間を過ぎますと再受講可能です。
SPANは同財団からの委託により訓練を行っています。
在職者訓練については、「在職者訓練の受講をお考えの方」をご覧ください。

11月30日から実施してきた在職者訓練が終了しました。
SPANの在職者訓練は全てオーダーメイドで、個々のニーズに合わせて実施しています。

実施日 2020年11月30日(月)、12月8日(火)・15日(火)・22日(火)
2021年1月5日(火)・12日(火)・19日(火)・25日(月)・26日(火)
 2月2日(火)・9日(火)・15日(月)・16日(火)・22日(月)
 3月1日(月)  15日間 75時間
場所 SPAN三田スカイプラザ(初日と最終日)
Zoomミーティング(上記以外)
参加者 3名(受講者 1名、スタッフ 1名、見学 1名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Office:Microsoft365
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker Neo
  • ■ 内容
  • ・PC-Talker 基本操作・設定、弱視者向け設定
  • ・Windows10 スタートメニュー、タスクバー、ショートカットキー、エクスプローラー、マイスタートメニュー、拡大鏡、ハイコントラスト、個人設定
  • ・Adobe Acrobat PC、Edge PDF閲覧
  • ・Word コマンドの選択、カーソルの移動、範囲選択、文字・段落書式、ファイル保存、ページレイアウト、表内での移動、表への入力、表の新規作成・加工、宛名ラベル・名札カード・封筒・はがき印刷、写真・図形・テキストボックスの挿入・加工、目次付き文書の作成、スタイル、変更履歴・コメント
  • ・Excel セルの移動・選択、効率的なデータ入力、行・列の操作、セルの書式設定(表示形式、配置、罫線、塗りつぶし、保護)、シートの操作、入力規則、並べ替え、印刷、オートフィルター、条件付き書式、条件書式による色フィルター、業務で使用する関数、グラフ(棒、折れ線、円、複合)
  • ・PowerPoint プレゼンテーションファイルの読み方、画面構成、文字の入力と編集、Excelデータ・図形の挿入、画像の挿入・加工、音声・動画の挿入・加工、画面切り替え効果、アニメーション、スライドショー、配布資料
  • ・NVDA 基本操作
  • ・Google Chrome Webページ閲覧・検索

弱視者向け基本設定実習(2月28日)

★ ZOOMで実施したセミナー弱視者向け基本設定実習のご報告です。
弱視者と指導者を対象に開催いたしました。

実施日 2021年2月28日(日)
 13:00から14:00 実習1
 14:30から15:30 実習2(実習1の続きです)
実施方法 Zoomミーティング
参加者 6名
  • ■ 内容
  • ・Windows10の弱視者向け設定
  • ・Word,Excelの基礎
  • ・AirBar Tobii 視線入力装置によるマウス操作のデモ
  • ■ 今後の予定
  • ・Word,Excelの活用など検討中

視覚障がい者向け就労のためのパソコン講習(1月13日から2月26日の14日間)

★ 今年度の荒川区委託講座のご報告です。

今年の1月から2月にかけて、全14回で視覚障がい者向けの荒川区のパソコン講習を開催いたしました。

実施日 1月13日(水)~2月26日(金)
毎週水曜日、金曜日(全14回)
10:00~12:00
場所 スタートまちや
参加者 5名(受講者 2名、講師3名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ■ 内容
  • ・パソコンの基本操作
  • ・タイピング、文書作成、インターネット閲覧、Word、Excel

在職者訓練(10月22日から1月21日の13日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

在職者訓練は、公益財団法人 東京しごと財団が実施する公的な職業訓練で、
企業などに在職する障害者の職業スキルの向上、就労の継続を図ることが目的です。
受講後1年間を過ぎますと再受講可能です。
SPANは同財団からの委託により訓練を行っています。
在職者訓練については、「在職者訓練の受講をお考えの方」をご覧ください。

10月22日から続けてきた在職者訓練が終了しました。
SPANの在職者訓練は全てオーダーメイドで、個々のニーズに合わせて実施しています。

実施日 2020年10月22日(木)・29日(木)
 11月5日(木)・12日(木)・19日(木)・26日(木)
 12月3日(木)・10日(木)・17日(木)・24日(木)
2021年1月7日(木)・14日(木)・21日(木) 13日間 42時間
場所 SPAN三田スカイプラザ
参加者 3名(受講者 1名、スタッフ 1名、見学 1名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Office:Microsoft365
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker Neo
  • ■ 内容
  • ・PC-Talker 基本操作・設定
  • ・Windows10 スタートメニュー、タスクバー、ショートカットキー、エクスプローラー
  • ・Word コマンドの選択、カーソルの移動、範囲選択、文字・段落書式、ページレイアウト(チラシ、案内状関連)、段組み、表の作成・加工(アンケート作成)、画像(写真、テキストボックス)、宛名ラベル・ハガキ・差し込み印刷
  • ・Excel セルの移動・選択、行・列の操作、セルの書式設定(表示形式、配置、罫線、塗りつぶし)、効率的なデータ入力、並べ替え、オートフィルター、条件付き書式、色フィルター
  • ・Outlook メール、連絡先
  • ・GoogleChrome Webページ閲覧、検索
  • ・PDF Adobeでの読み方

弱視者ワンポイント講座(1月20日)

1月20日に弱視者ワンポイント講座を遠隔で行いました。
弱視者の指導を希望されている方を想定した内容です。

実施期間 2021年1月20日(水)20:00~21:00
実施方法 Zoomミーティング
参加者 10名(受講者 9名、スタッフ 1名)
受講者のOS環境 Windows10
  • ■ 内容
  • ・主に弱視者を指導したい方を対象とした。
  • ・弱視者がPCを使う場合の、指導ポイント、設定方法、その他注意事項。このURLの「予稿」をご覧ください。

日商PC検定3級(データ活用)受験対策コース10月期

10月から続けてきた日商PC検定3級(データ活用)受験対策コース10月期が終了しました。
受講した方は3名で、そのうち2名が1月9日に受験し、見事合格しました。残りの1名の方は、受験日の調整中です。

実施期間 2020年10月11日(日)~2021年1月10日(日)
実施方法 Zoomミーティングによる通話とメールによるサポート
参加者 8名(受講者 3名、スタッフ 5名)
  • ■ 内容
  • ・オリエンテーション
  • ・知識科目の学習
  • ・実技科目の学習
  • ・模擬検定受験
  • ・仕上げと受験準備

日商PC検定3級(文書作成)受験対策コース10月期

10月から続けてきた日商PC検定3級(文書作成)受験対策コース10月期が終了しました。
受講者は、関東と関西から参加していて、遠隔講座の効果を感じさせてくれました。

実施期間 2020年10月4日(日) ~ 2021年1月9日(土)
実施方法 Zoomミーティングによる通話とメールによるサポート
参加者 9名(受講者 5名、スタッフ 4名)
  • ■ 内容
  • ・オリエンテーション
  • ・知識科目の学習
  • ・実技科目の学習
  • ・模擬検定受験
  • ・仕上げと受験準備

フォーラム2020(広島)参加 (12月13日)

広島市視覚障害者情報支援センターの創立20周年記念事業として実施されたフォーラムにパネリストとして参加しました。
頭書は会場で参加する予定でしたが、コロナの影響でオンラインでの参加となりました。

日時 12月13日(日) 13:00~16:30
場所 広島市総合福祉センター 5 階ホール A、B、C
Zoomミーティングによるオンライン
主催 広島市視覚障害者情報支援センター
テーマ 「フォーラム2020 ICT で視覚障害者の未来を拓く」
参加者 会場・オンラインを含め約250名
  • ■ 内容
  • ・6名のパネリストによる講演
  • ・ディスカッション
  • ■ SPAN参加内容
  • ・「就業支援の方法と成果」について講演
  • ・ディスカッションに参加

遠隔講座「PowerPointにチャレンジ!」(12月12日)

SPANと日本ライトハウス 情報文化センターを通信アプリZoomで結んで遠隔講座を行いましたので、その報告をお送りします。
これは、昨年に引き続きの試みで、SPANの講師の映像と音声、また講師のPCの画面を通信アプリZoomミーティングで日本ライトハウス情報文化センターに送り、そこに集まった受講者に学んでいただくものです。
もちろん、双方向通信なので、受講者とのやり取りも可能です。
また、情報文化センターでは、日本ライトハウスのスタッフが受講者のサポートを行いました。

SPANでは、コロナの問題が起きる前から、Zoomを利用した講座を行っています。
この方式が軌道に乗れば、全国どこでも学ぶことができます。

日時 12月12日(土) 13:00~16:30
場所 SPAN(講師)
日本ライトハウス情報文化センター(受講者、サポート)
テーマ PowerPointにチャレンジ!
参加者 9名(受講者 4名、日本ライトハウススタッフ 3名、SPANスタッフ 2名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・PowerPoint:2019
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker Neo
  • ■ 内容
  • ・ファイルの内容を把握する
  • ・スライドショーをやってみよう!
  • ・プレゼンテーションファイルを作成する前に
  • ・PowerPoint2019の画面構成
  • ・PowerPointの構成要素
  • ・スライドとプレースホルダーのサイズの確認
  • ・文字の入力と編集
  • ・Excelデータの挿入とインデントレベルの変更
  • ・グラフの挿入
  • ・スライドの移動と削除
  • ・画像の挿入とプレースホルダーのサイズ変更
  • ・音声データの挿入と再生
  • ・スライドショーの実行
  • ・スライドショー実行時のキー操作
  • ■ 受講したみなさんからは、以下のような感想が寄せられました。
  • ・今日はありがとうございました。PowerPointは今まで難しいなとできなかったのですが、今日習わせていただいて、ちょっと理解できたかなと。まだまだ全てがわかっているわけではないので、引き続き復習させていただきたいと思います。
  • ・20年前に作ったことがあるのですが、一切覚えがなかったので、今日はついていくのに精一杯でした。もう一度自分のものにして仕事に役立てていきたいと思います。ありがとうございました。
  • ・SPANさんのホームページをお気に入りに登録させていただいて、ちょこちょこチェックしていたら、PowerPointの講座があるのを知り、興味を持って申し込みました。神戸のときにも北神先生に教えてもらったのですが、その時は本当にわけがわからなかったのですが、今日受けさせてもらって、作業ウィンドウの謎が解けました。ありがとうございました。
  • ・今日は本当にありがとうございました。これまでハードルが高いなというイメージがあったPowerPointを身近に感じることができました。テキストを見ていた段階ではよくわかっていなかったことが、やっぱりこうやって実際に演習をしてみると、イメージを持つことができてよかったです。
     もっと詳しい説明は、SPANさんのホームページにあるのでしょうか?(画面切り替え効果など)
     → はい、SPANのPowerPoint2013のページにあります。

在職者訓練(9月8日から11月27日の21日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

在職者訓練は、公益財団法人 東京しごと財団が実施する公的な職業訓練で、
企業などに在職する障害者の職業スキルの向上、就労の継続を図ることが目的です。
受講後1年間を過ぎますと再受講可能です。
SPANは同財団からの委託により訓練を行っています。
在職者訓練については、「在職者訓練の受講をお考えの方」をご覧ください。

9月8日から続けてきた在職者訓練が終了しました。
SPANの在職者訓練は全てオーダーメイドで、個々のニーズに合わせて実施しています。

実施日 9月8日(火)・11日(金)・18日(金)・25日(金)・29日(火)
10月2日(金)・6日(火)・9日(金)・13日(火)・16日(金)・20日(火)・23日(金)・27日(火)・30日(金)
11月6日(金)・10日(火)・13日(金)・17日(火)・20日(金)・24日(火)・27日(金) 
21日間66時間
場所 9月8日、10月13日、10月20日、11月27日:SPAN三田スカイプラザ
その他:Zoomミーティングによる遠隔
参加者 3名(受講者 1名、スタッフ(講師) 1名、サポート 1名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Office:Microsoft365
  • ・スクリーンリーダー:JAWS
  • ■ 内容
  • ・JAWS 基本操作の確認
  • ・Windows10 スタートメニュー、タスクバー、ショートカットキー、エクスプローラー
  • ・Word コマンドの選択、カーソルの移動、範囲選択、ページレイアウト、文字・段落書式、ビジネス文書、変更履歴・コメント、印刷、表内での移動、表への入力、表の新規作成・加工、宛名ラベル・名札カード印刷、差し込み印刷、画像(写真)の挿入、テキストボックスの挿入・編集
  • ・Excel 行・列の操作、入力規則、並べ替え、オートフィルター、条件付き書式、条件書式による色フィルター、ピボットテーブル、業務で使用する関数(データ管理関係)、グラフ(棒、円、複合)
  • ・PowerPoint プレゼンテーションファイルの読み方、画面構成、文字の入力と編集、Excelデータの挿入、図形・画像の挿入・加工、画面切り替え効果、アニメーション、動画・音声データの挿入・再生、スライドショー、配布資料
  • ・Outlook メール、連絡先、予定表
  • ・GoogleChrome Webページ閲覧、検索

在職者訓練(8月28日から11月27日の11日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

在職者訓練は、公益財団法人 東京しごと財団が実施する公的な職業訓練で、
企業などに在職する障害者の職業スキルの向上、就労の継続を図ることが目的です。
受講後1年間を過ぎますと再受講可能です。
SPANは同財団からの委託により訓練を行っています。
在職者訓練については、「在職者訓練の受講をお考えの方」をご覧ください。

8月28日から続けてきた在職者訓練が終了しました。
SPANの在職者訓練は全てオーダーメイドで、個々のニーズに合わせて実施しています。

実施日 8月28日(金)、9月11日(金)・18日(金)・25日(金)
10月2日(金)・16日(金)・23日(金)・30日(金)
11月6日(金)・20日(金)・27日(金) 11日間44時間
場所 8月28日、10月16日、11月27日:SPAN三田スカイプラザ
その他:Zoomミーティングによる遠隔
参加者 4名(受講者 1名、スタッフ(講師) 2名、サポート 1名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Office:Microsoft365
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker Neo、JAWS
  • ■ 内容
  • ・PC-Talker 基本操作、設定
  • ・Windows10 スタートメニュー、タスクバー、ショートカットキー、エクスプローラー
  • ・Word2016 ページレイアウト、表の操作(結合セルを含む読み方、表への入力)、変更履歴、コメント
  • ・Excel2016 カーソルの移動・選択、セルの書式設定(見栄えの良いデータ作成)、フィル、行・列の操作、並べ替え、オートフィルター、条件付き書式、色フィルター、集計、アウトライン、印刷(用紙に収める方法)、ピボットテーブル、関数(データ操作関連)、名前の定義、グラフ(棒、円、散布図、複合)
  • ・PowerPoint2016 プレゼンテーションファイルの読み方、画面構成、文字の入力と編集、画像の挿入・加工(グループ化を含む)、スマートアート、スライドマスター、動画・音声データの挿入・再生、スライドショー、配布資料
  • ・Teams チャット、会議、通話、ファイル共有
  • ・Zoom ホストの操作(ブレークアウトセッションを含む)
  • ・PDF Adobeでの読み方、JAWSかんたんOCR

豊洲フェスタ協力参加(10月24日と10月25日)

SPANが支援を受けている日本ユニシスグループが参加する「豊洲フェスタ」に協力参加しました。

実施日 2020年10月24日(土)・25日(日)
時間 11:00~15:00
会場 豊洲文化センター 1階ホール
参加者 子どもを中心に約150名
 24日=約70名、25日=約80名
  • 日本ユニシスグループのスペースで以下のイベントが実施されました。
  • ・点字ブロック体験
  • ・日本ユニシスグループが応援するバドミントン選手の紹介
  • ・Cash Readerによる外国紙幣の読み取りデモ
  • ・立体コピーによる触地図体験
  • ・自動地図作成アプリのデモ

※このうち、SPANはCash Readerによる紙幣読み取りと触知図体験でスタッフとして協力しました。


遠隔土曜講座「音声でもできる!魅力的なプレゼン資料作成」(10月3日から3日間)

実施日 2020年10月3日(土)・10日(土)・24日(土)
時間 13:00~17:00
通信方法 Zoomミーティング
参加者 3名(受講者 2名、スタッフ 1名)
  • ■ 内容
  • ・PowerPointの画面構成
  • ・ファイルの内容を把握する
  • ・プレゼンテーションファイルを作成する前に
  • ・PowerPointの構成要素
  • ・スライドとプレースホルダーのサイズの確認
  • ・文字の入力と編集
  • ・Excelデータの挿入とインデントレベルの変更
  • ・グラフの挿入
  • ・スライドの移動と削除
  • ・図形の挿入と加工
  • ・画像の挿入とプレースホルダーのサイズ変更
  • ・音声データの挿入と再生
  • ・動画の挿入と再生
  • ・スライド番号と代替テキスト
  • ・スライド自体への画像の挿入
  • ・画面切り替え効果とアニメーション
  • ・目次の作成
  • ・スライドショーの実行
  • ・ノート
  • ・リハーサル
  • ・スライドショー形式でのファイル保存
  • ・配布資料
  • ■ 感想
  • ・仕事ですぐにプレゼンをすることはないと思いますが、キーボードと音声だけで多くのことができることを知り、驚くと同時に、とても楽しかった。
  • ・マウスで作ったことはあっても、キーボードでここまでできることが分かり、大変勉強になった。ぜひ仕事で活かしたい。できれば、数式をPowerPointで書ける方法があれば知りたい。

在職者訓練(7月28日から10月15日の16日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

在職者訓練は、公益財団法人 東京しごと財団が実施する公的な職業訓練で、
企業などに在職する障害者の職業スキルの向上、就労の継続を図ることが目的です。
受講後1年間を過ぎますと再受講可能です。
SPANは同財団からの委託により訓練を行っています。
在職者訓練については、「在職者訓練の受講をお考えの方」をご覧ください。

7月28日から続けてきた在職者訓練が終了しました。
SPANの在職者訓練は全てオーダーメイドで、個々のニーズに合わせて実施しています。

実施日 7月28日(火)・30日(木)
8月6日(木)・20日(木)・27日(木)
9月3日(木)・10日(木)・15日(火)・17日(木)・24日(木)・29日(火)
10月1日(木)・6日(火)・8日(木)・13日(火)・15日(木)  16日間 64時間
場所 7月28日、9月15日、10月15日:SPAN三田スカイプラザ
その他:Zoomミーティングによる遠隔
参加者 3名(受講者1名、スタッフ(講師) 1名、(サポート) 1名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Office:Microsoft365
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker Neo
  • ■ 内容
  • ・PC-Talker 基本操作、設定、弱視者向け設定
  • ・Windows10 スタートメニュー、タスクバー、ショートカットキー、エクスプローラー、拡大鏡、ハイコントラスト、個人設定
  • ・Word リボン操作、カーソルの移動、書式(文字、段落)、ページ設定、表(表内での移動、表への入力、表の新規作成、加工)、目次付文書の作成(スタイル、ページ番号、目次)、変更履歴・コメント、差し込み印刷、宛名ラベル印刷、名札カード印刷、封筒印刷、画像・図形・テキストボックス(挿入、加工)
  • ・Excel セルの移動、セルの書式設定(表示形式、配置、罫線、塗りつぶし、保護)、行・列・シートの操作、効率的なデータ入力、並べ替え、オートフィルター、条件付き書式、入力規則、ピボットテーブル、グラフ(棒、円)、印刷、業務で使用する関数(計算関連)、マクロ、VBA(基本操作)
  • ・PowerPoint プレゼンテーションファイルの読み方、画面構成、文字の入力と編集、画像の挿入・加工、スライドショー、配布資料
  • ・Outlook メール、連絡先、予定表
  • ・PDF(Adobe、Edge)
  • ・Edge Webページ閲覧、検索

在職者訓練(7月16日から10月14日の23日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

在職者訓練は、公益財団法人 東京しごと財団が実施する公的な職業訓練で、
企業などに在職する障害者の職業スキルの向上、就労の継続を図ることが目的です。
受講後1年間を過ぎますと再受講可能です。
SPANは同財団からの委託により訓練を行っています。
在職者訓練については、「在職者訓練の受講をお考えの方」をご覧ください。

7月16日から続けてきた在職者訓練が終了しました。
SPANの在職者訓練は全てオーダーメイドで、個々のニーズに合わせて実施しています。

実施日 7月16日(木)・20日(月)・29日(水)・31日(金)
8月3日(月)・5日(水)・7日(金)・12日(水)・19日(水)・24日(月)・26日(水)・31日(月)
9月2日(水)・7日(月)・9日(水)・14日(月)・16日(水)・23日(水)・30日(水)
10月5日(月)・9日(金)・12日(月)・14日(水)  23日間 92時間
場所 SPAN三田スカイプラザ
参加者 4名(受講者 1名、スタッフ(講師) 2名、サポート 1名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Office:2016
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker Neo
  • ■ 内容
  • ・PC-Talker 基本操作、設定、弱視者向け設定
  • ・Windows10 スタートメニュー、タスクバー、ショートカットキー、エクスプローラー、拡大鏡、ハイコントラスト、個人設定
  • ・ZoomText 基本操作、設定
  • ・Word2016 リボン操作、カーソルの移動、単語登録、書式(文字・段落)、ページ設定(段組みを含む)、表(表内での移動、表への入力、表の新規作成、加工)、目次付文書の作成(スタイル、ページ番号、目次)、変更履歴・コメント、差し込み印刷、宛名ラベル印刷、名札カード印刷、封筒印刷、画像・図形・グラフ、テキストボックス(挿入、加工)
  • ・Excel2016 セルの移動、セルの書式設定(表示形式、配置、罫線、塗りつぶし、保護)、行・列・シートの操作、効率的なデータ入力、入力規則、並べ替え、オートフィルター、条件付き書式、ピボットテーブル、集計、アウトライン、グラフ(円、帯、棒、折れ線、複合)、印刷、業務で使用する関数(文字処理、集計関連、VLOOKUP、DATEDIFを含む)、キーボードマクロ、VBA(概要、基本操作)
  • ・PowerPoint2016 プレゼンテーションファイルの読み方、画面構成、文字の入力と編集、画像の挿入・加工、スライドショー、配布資料
  • ・Outlook2016 メール、連絡先
  • ・InternetExplorer Webページ閲覧、検索
  • ・PDF(Adobe、Edge)

日商PC検定3級(データ活用)受験対策コース7月期

7月から続けてきた日商PC検定3級(データ活用)受験対策コース7月期が終了しました。
受講した方は1名で、見事合格しました!

実施日 2020年7月12日(日)~10月4日(日)
通信方法 Zoomミーティング
参加者 6名(受講者 1名、スタッフ 5名)
  • ■ 内容
  • ・オリエンテーション
  • ・知識科目の学習
  • ・実技科目の学習
  • ・模擬検定受験
  • ・仕上げと受験準備

日商PC検定3級(文書作成)受験対策コース7月期

7月から続けてきた日商PC検定3級(文書作成)受験対策コース7月期が終了しました。
受講者は、関東のほか、関西、そして九州から参加していて、遠隔講座の威力を感じさせてくれました。
そして、3名の受講者のうち、2名が見事合格しています!また、1名の方は、現在試験日の調整中です。

実施日 2020年7月4日(土)~10月3日(土)
時間 10:00~12:00、13:00~16:00
通信方法 Zoomミーティング
参加者 8名(受講者 3名、スタッフ 5名)
  • ■ 内容
  • ・オリエンテーション
  • ・知識科目の学習
  • ・実技科目の学習
  • ・模擬検定受験
  • ・仕上げと受験準備

遠隔土曜講座「音声でもできる!魅力的なプレゼン資料作成」(8月29日から9月19日の3日間)

実施日 2020年8月29日(土)、9月5日(土)・19日(土)
時間 13:00~17:00
通信方法 Zoomミーティング
参加者 6名(受講者 4名、スタッフ 2名)
  • ■ 内容
  • ・PowerPointの画面構成
  • ・ファイルの内容を把握する
  • ・プレゼンテーションファイルを作成する前に
  • ・PowerPointの構成要素
  • ・スライドとプレースホルダーのサイズの確認
  • ・文字の入力と編集
  • ・Excelデータの挿入とインデントレベルの変更
  • ・グラフの挿入
  • ・スライドの移動と削除
  • ・図形の挿入と加工
  • ・画像の挿入とプレースホルダーのサイズ変更
  • ・音声データの挿入と再生
  • ・動画の挿入と再生
  • ・スライド番号と代替テキスト
  • ・スライド自体への画像の挿入
  • ・画面切り替え効果とアニメーション
  • ・目次の作成
  • ・スライドショーの実行
  • ・ノート
  • ・リハーサル
  • ・スライドショー形式でのファイル保存
  • ・配布資料
  • ■ 感想
  • ・オブジェクトのサイズや位置を数値で把握するところは、自分もそれでやっていたので確認できてよかった。Wordの画像もそれでやっている。
  • ・視覚障害者がスライドを作ることは難しいとか無理と言われているが、今回、数値とキー操作で検証することで基本的なスライドは作れることが分かったのがよかった。
  • ・動画やサウンドは仕事で使うことはないかもしれないが、個人的に利用してみたい。
  • ・オンラインの講座で3日間通すのは初めてだったが、なかなかよい講座だと思ったので、今後もぜひ頑張って欲しい。
  • ・イメージ的に、PowerPointは視覚的な情報を使うことが多いので、画面が全く見えなくて作れるのかなと疑問に思っていたのと、そんなにきれいに作れないだろうと勝手に半分あきらめていたが、今回参加させていただき、画面のレイアウトの確認や、文字のレイアウトの整え方がわかったほか、他の動作なども一通りわかって理解できたので、あとは同僚や上司が作ったスライドを見て、自分も作れるようになりたい。すごく参考になった。ありがとうございました。
  • ・仕事でPowerPointは使っていないが、今回の内容を次の仕事に生かせればと思う。とても楽しく、よくわかってありがたかった。
  • ・PowerPointを人から教わるのが初めてだったので、構造から教えていただきよかった。
  • ・最近は教員の間でも、研修のデータがPowerPointのデータになっていることがあるので、仕組みが分かってよかった。
  • ・今後、障害によっては、アニメーションなどを使うことで子供の印象に残ることもあると思うので、PowerPointを使った教材も作っていきたい。
  • ・遠方からも参加できるセミナーや催し物があると嬉しい。遠方だとチャンスがない場合が多いので、今回はありがたかった。

遠隔企業研修(8月14日・18日の2日間)

今回は、ExcelVBAについて学びました。

実施日 8月14日(金)・18日(火)
時間 10:00~12:00、13:00~16:00
通信方法 Zoomミーティング
参加者 2名(受講者 1名、スタッフ 1名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Excel:Microsoft365
  • ・画面読み上げソフト:PC-Talker10
  • ■ 内容
  • ・VBAの概要
  • ・VBAを作成する際の留意点
  • ・VBAを学ぶのに有効なWebサイト
  • ・VBEについて
  • ・コードの記述
  • ・「プロシージャ」について
  • ・初めてのコードを書いてみよう
  • ・オブジェクトとプロパティ
  • ・VBAの処理手順
  • ・エラーへの対応
  • ・ステートメント
  • ・メソッド
  • ・ワークシートを操作する
  • ・コレクション
  • ・オリジナル関数(ユーザー定義関数)
  • ・さまざまなコードを書いてみよう
  • ・業務データのVBA処理

遠隔土曜講座「VBAで広がるExcelの世界!」(7月11日から7月25日の3日間)

実施日 2020年7月11日(土)・18日(土)、7月25日(土)
時間 13:00~17:00
通信方法 Zoomミーティング
参加者 6名(受講者 4名、スタッフ 2名)
  • ■ 内容
  • ・VBAの概要
  • ・VBAを作成する際の留意点
  • ・VBAを学ぶのに有効なWebサイト
  • ・VBEについて
  • ・コードの記述
  • ・「プロシージャ」について
  • ・初めてのコードを書いてみよう
  • ・オブジェクトとプロパティ
  • ・VBAの処理手順
  • ・エラーへの対応
  • ・ステートメント
  • ・メソッド
  • ・ワークシートを操作する
  • ・コレクション
  • ・オリジナル関数(ユーザー定義関数)
  • ・さまざまなコードを書いてみよう(1)
  • ・さまざまなコードを書いてみよう(2)
  • ・さらにステップアップ
  • ■ 感想
  • 受講したみなさんからは、以下のような感想が寄せられました。
  • ・VBAは興味があってやってみたのですが、なかなか一筋縄ではいかない感じです。まだまだ自分がこうしたいと思ったときになんて書けばいいんだろうと頭の中でつながらないです。でも実際書いてみると面白かったので機会があったらまた突き詰めてみようかなと思いました。
  • ・これを全部一人でやるには時間がかかると思うのですが、書き方のポイントは3日間で分かってきたと思うので、後は理論立てて間違いなくというところを自分で勉強していきたいなと思っています。単純に最後にやった請求書はすごいなと思いました。そういうことができたら仕事の幅が広がると思うのでどんどん勉強してスキルアップしていきたいと思います。
  • ・実際やってみてコードを書くのが大変だなというのがわかりました。全盲なので思ったよりどこにどう書けばいいのか最初わからなくて苦労した部分があったのですが、実際最後のデモをみて仕事に使えるのではと思うところがありました。ヘルスキーパーの仕事ではカルテに関数を使っていて、利用者の使ったもののデータ入力がもう少し簡単にできるようにしたいと考えていたところでした。いい勉強になりました。これから書くのは大変になると思うのですが活かせて行けたらなと思っています。
  • ・仕事でエクセルデータの加工をしないといけないケースがあります。各支店コードの下二桁が違うだけなので、それをまとめて別のシートにデータを集計して合計を入れたりができるのかなと思いました。

遠隔土曜講座「VBAで広がるExcelの世界!」(6月20日から7月4日の3日間)

実施日 2020年6月20日(土)・27日(土)、7月4日(土)
時間 13:00~17:00
通信方法 Zoomミーティング
参加者 6名(関東、関西、そして九州から受講者 4名、スタッフ 2名)
  • ■ 内容
  • ・VBAの概要
  • ・VBAを作成する際の留意点
  • ・VBAを学ぶのに有効なWebサイト
  • ・VBEについて
  • ・コードの記述
  • ・「プロシージャ」について
  • ・初めてのコードを書いてみよう
  • ・オブジェクトとプロパティ
  • ・VBAの処理手順
  • ・エラーへの対応
  • ・ステートメント
  • ・メソッド
  • ・ワークシートを操作する
  • ・コレクション
  • ・オリジナル関数(ユーザー定義関数)
  • ・さまざまなコードを書いてみよう(1)
  • ・さまざまなコードを書いてみよう(2)
  • ・さらにステップアップ
  • ■ 感想
  • 受講したみなさんからは、以下のような感想が寄せられました。
  • ・これまでは、Excelの基本操作をしていて、初めての世界だったので、何度も復習していた。
  • ・色が変わったデータを晴眼者の人が良く作っているので、比較してみてみたい。
  • ・会社の工夫改善で、VBAを勉強しようと思った。
  • ・今まではTipを検索して見ていたが、大変で、今回もついてくのが大変だったが、深めようと思う。
  • ・マクロの記録はしていたが、編集ができなかった。
  • ・今回いろいろ経験できて、勉強になった。
  • ・仕事であまりExcelを使う機会がないが、いろんなExcelで作られた表などを編集しているが、作業が大変なことがあり、VBAで効率化できたらと思う。
  • ・まだ消化できていないので、テキストの復習やネットで調べて使えるようになりたい。

ページの一番上へ戻る

過去の活動記録

ページの一番上へ戻る