スパンのロゴマーク。トップページへ移動

特定非営利活動法人 視覚障害者パソコンアシストネットワーク SPAN

ここから本文

活動予定

第128回インストラクター養成講座(3月13日)のご案内

★ 新型コロナウイルス感染がまだ終息していないため、遠隔で開催します。
今後、状況が改善した場合には教室での開催も検討していきます。

3月13日(日)にインストラクター養成講座を開催します。
この講座は、SPANなどの団体で、あるいは個人として視覚障害者のパソコンサポートをしたいと考えている方、また視覚障害者のパソコンサポートに関心のある方を対象にしています。
特別なスキルは必要ありません。Windowsパソコンでメールの送受信やWebの閲覧などができる方ならばどなたでも受講できます。
どうぞたくさんの方のご参加をお待ちしています。
この講座はお申込みが3名以上の場合に開催します。
また、この講座は、通信アプリZoomミーティングによる遠隔で開催します。

日時 3月13日(日) 13:00~17:00
実施方法 通信アプリZoomミーティングによる遠隔
講師の画面の映像と音声を受講するみなさんと共有しながら実施
募集定員 6名
お申込み期限 3月7日(月)
テキストを郵送するため、6日前とさせていただきます。
テキスト テキストは事前に郵送します。また、視覚障害者の方にはテキストデータをメールに添付してお送りします。
講師 堤 由起子(SPAN)
受講料 3,000円(テキスト代を含む)事前にお振込でお支払いください。
お申込先 office(@)span.jp
件名に「インストラクター養成講座参加希望」とお書きのうえ、お名前、電話番号、テキストの郵送先をお知らせください。
折り返し、受講料の振込先をお知らせします。

★なお、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示したうえでカッコを付けています。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正したうえで、カッこを削除していただきますようお願いします。

また、いただいた個人情報はこの講座の運営や連絡で使用させていただくほか、SPANが開催する講座やイベント等のご案内、SPANの活動紹介などで使用させていただく場合があります。
もし、こうしたご案内が不要な方は上記お申し込み先までご連絡ください。
詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。

  • ★講座カリキュラム
  • ・視覚障害者の基礎知識
     基本データ、接し方、誘導法、ICT環境 等
  • ・視覚障害者向けソフトウエアについて
     スクリーンリーダー(画面読み上げソフト)、視覚障害者用ソフトウェア、一般ソフトウェアへの対応 等
  • ・講座を始める前に
     インストラクターとしての留意点、アクセシビリティ設定、スクリーンリーダーの設定 等
  • ・キーボードと音声によるWindows操作と文字入力
     Windows 10の操作、タッチタイピング、文字入力 等
  • ・キーボードと音声によるメールの送受信
    視覚障害者用メールアプリやOutlookなどを使用
  • ・キーボードと音声によるWebの閲覧
    EdgeなどのほかNet Readerなどの音声対応ブラウザを使用

インストラクター養成講座についての詳細は、インストラクター養成講座についてをご覧ください。


新型コロナウイルス感染へのSPANの対応について(6月1日)

全国的に新型コロナウイルスの感染が続いていて、政府から「新しい生活様式」も提唱され、引き続き感染防止対策が求められています。
つきましては、SPANの対応を以下の通りとさせていただきます。
皆様にはご不便をおかけしますが、どうぞご協力いただきますようお願いします。

  • ★講座などの開催について
  • 1.講座は可能な限りZoomミーティングによる通話を利用した遠隔で行います。
  • 2.もし、SPANの教室で行う場合は、下記に示す感染防止策を講じたうえで、参加する方には、それをご了解いただくことを参加条件とします。
  • 3.SPANの教室で行う場合、当面、講座の受講者の人数は2名までとします。
  • ★感染防止策
  • 1.発熱(37.5度以上やせきなどの症状がある方は、スカイプラザ(SPANの教室)には入室できません。
  • 2.スカイプラザに入室する際には、手洗いとアルコールなどによる消毒を行ってください。
  • 3.スカイプラザ使用中は、1時間に1回程度窓を開けるとともに、換気扇を作動させて部屋の換気を行ってください。
  • 4.スカイプラザ内ではマスクを着用し、せきエチケットを守ってください。
  • 5.PCやキーボード、またドアノブなど、手に触れる物を使用する前後には、除菌用品による消毒・除菌を行ってください。
  • 6.当面、お茶やお茶菓子などの提供は中止させていただきます。

何か不明な点がありましたら、以下までお問い合わせください。
office(@)span.jp

★なお、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示したうえでカッコを付けています。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正したうえで、カッこを削除していただきますようお願いします。


遠隔講座実施のご案内

新型コロナウイルスの感染が広がっていることから、教室での講座が難しくなっています。
一方で、PCスキルを高めたいという声も寄せられているので、SPANでは以下の通り遠隔講座を実施します。

形式は、個人の方を対象とした講座をZoomミーティングという通信アプリを利用して行います。
ですから、自宅や職場で受講が可能です。

Zoomミーティングの操作はとても簡単で、お送りするURLでWebページを開いていただくだけで参加できます。また、アカウントの取得なども不要です。
必要な方には操作手順もお送りします。

受講料は1時間2,200円で、お支払いは銀行振り込みでお願いします。

受講を希望される方は、以下の項目を記載のうえ、このご案内の末尾に記載してあるメールアドレスまでお申し込みください。

  • お名前
  • 連絡用電話番号
  • ご希望日時 例:4月18日(土) 14時~16時
    できれば、複数のご希望日時をいただけると助かります。
  • 学びたい内容

何か不明な点がありましたら、以下までお問い合わせください。
office(@)span.jp

★なお、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示したうえでカッコを付けています。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正したうえで、カッこを削除していただきますようお願いします。


ページの一番上へ戻る

最近の活動記録

日商PC検定3級データ活用受験対策コース(10月期)

10月から続けてきた日商PC検定3級データ活用受験対策コースが終了しました。
受講した方は1名で、関東地方から参加していました。
なお、現在受験日の調整中です。
講座は修了しましたが、受験までサポートを続けていきます。

実施期間 10月16日(土)~1月9日(日) 9回 10時間
実施方法 Zoomミーティングによる通話とメールによるサポート
参加者 2名(受講者 1名、スタッフ 1名)
  • ■ 内容
  • ・オリエンテーション
  • ・知識問題の学習
  • ・実技問題の学習
  • ・模擬検定受験
  • ・仕上げと受験準備

日商PC検定3級文書作成受験対策コース(10月期)

10月から続けてきた日商PC検定3級文書作成受験対策コースが終了しました。
受講した方は3名で、関東のほか、九州から参加していました。
なお、1名の方は受験日が決まり、2名の方は調整中です。
講座は修了しましたが、受験までサポートを続けていきます。

実施期間 10月9日(土)~1月8日(土) 9回 10時間
実施方法 Zoomミーティングによる通話とメールによるサポート
参加者 5名(受講者 3名、スタッフ 2名)
  • ■ 内容
  • ・オリエンテーション
  • ・知識問題の学習
  • ・実技問題の学習
  • ・模擬検定受験
  • ・仕上げと受験準備

遠隔ワンポイント講座「使ってみよう!Googleドキュメント」(12月25日)

12月11日に引き続き、25日にも遠隔ワンポイント講座を実施させていただきました。テーマは「使ってみよう!Googleドキュメント」です。

受講者の地域と受講のきっかけは以下の通りです。
・熊本、滋賀、和歌山、兵庫
・受講のきっかけ
  案内メール:4名

日時 12月25日(土) 13:00~16:00
通信方法 Zoomミーティング
参加者 6名(受講者 4名、スタッフ 2名)
  • ■ 環境(講師のPC)
  • ・OS:Windows10 21H2
  • ・スクリーンリーダー:NVDA Version 2021.3jp
  • ・ウェブブラウザ: Google Chrome Version 96.0.4664.110
  • ■ 内容
  • ・Googleドキュメントの概要
  • ・効率よく操作するためのNVDAの設定
  • ・GoogleChromeの操作について
  • ・Googleドキュメントの起動と新規文書作成
  • ・メニュー操作
  • ・文字装飾と段落配置
  • ・ユーザー補助機能
  • ・ファイル名の変更とダウンロード
  • ・共同編集
  • ・音声入力
  • ■ 感想
  • ・初めて触ったので難しかった、録音を聞いて復習したい。
  • ・わかりやすく楽しかった、特に共同編集を実際に行なえて面白かった。
  • ・ほとんど使用したことがなかったが、かなり使えることを実感できて希望が持てた。
  • ・説明の声とこちらのNVDAの音声が重なって聞き取りにくい時があった、録音で再度聞き直したい。
  • ・周りの弱視の人が他のGoogleアプリを使用していて、全盲でもどれくらい使用できるか気になっている、今後もこうした新しい分野の講座があれば参加したい。

遠隔ワンポイント講座「使ってみよう!Googleドキュメント」(12月11日)

12月11日に遠隔ワンポイント講座を実施させていただきました。テーマは「使ってみよう!Googleドキュメント」です。

受講者の地域と受講のきっかけは以下の通りです。
・東京、神奈川、奈良
・受講のきっかけ
  案内メール:4名
  SPANの会員ML:1名

日時 12月11日(土) 13:00~16:00
通信方法 Zoomミーティング
参加者 7名(受講者 5名、スタッフ 2名)
  • ■ 環境(講師のPC)
  • ・OS:Windows10 21H2
  • ・スクリーンリーダー:NVDA Version 2021.2jp
  • ・ウェブブラウザ: Google Chrome Version 96.0.4664.45
  • ■ 内容
  • ・Googleドキュメントの概要
  • ・効率よく操作するためのNVDAの設定
  • ・GoogleChromeの操作について
  • ・Googleドキュメントの起動と新規文書作成
  • ・メニュー操作
  • ・文字装飾と段落配置
  • ・ユーザー補助機能
  • ・ファイル名の変更とダウンロード
  • ・共同編集
  • ・音声入力
  • ■ 感想
  • ・仕事で共同編集することが多くなってきたが、今までは読むだけだった。NVDAのブラウズモードとフォーカスモードの違い、Googleドキュメントのメニューの出し方がわかって勉強になった。
  • ・スプレッドシートなど、今後も発展的な講座の企画があれば受講したい。
  • ・以前オンラインのWordを別のスクリーンリーダーで試したが全く使えず、今回もあまり期待していなかった。でも普通に使えて驚いた。NVDAに慣れれば使っていけそうで参考になった。
  • ・NVDAもGoogleドキュメントも初めて使用したが、いろいろできて使いやすいと思った。
  • ・再度録音データを聞いて復習していきたい。

在職者訓練(9月17日から12月10日の13日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

在職者訓練は、公益財団法人 東京しごと財団が実施する公的な職業訓練で、
企業などに在職する障害者の職業スキルの向上、就労の継続を図ることが目的です。
受講後1年間を過ぎますと再受講可能です。
SPANは同財団からの委託により訓練を行っています。
在職者訓練については、「在職者訓練の受講をお考えの方」をご覧ください。

9月17日から実施してきた在職者訓練が終了しました。
SPANの在職者訓練は全てオーダーメイドで、個々のニーズに合わせて実施しています。

実施日 2021年9月17日(金)・27日(月)、
 10月4日(月)・6日(水)・18日()・22日(金)・29日(金)、
 11月5日(金)・15日(月)・19日(金)・26日(金)、
 12月3日(金)・10日(金) 13日間  52時間
実施方法 SPAN三田スカイプラザとZoomミーティングによる遠隔
※初日と最終日が教室、その他は遠隔でした。
参加者 3名(受講者 1名、スタッフ 2名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Office:Office2013
  • ・スクリーンリーダー:JAWS2018
  • ■ 内容
  • ・Windows10 スタートメニュー、タスクバー、ショートカットキー、エクスプローラー
  • ・画面調整 拡大鏡、ハイコントラスト、弱視者用設定
  • ・Zoom Text
  • ・Word キーボードによるコマンド選択、文字・段落書式、ページ設定、表の操作(表の作成・加工)、画像の挿入・加工(写真等)、差し込み印刷、宛名ラベル印刷、封筒印刷、はがき印刷
  • ・Excel セルの書式設定(表示形式、配置、罫線、塗りつぶし、保護)、並べ替え、オートフィルター(文字、数値、日付、色)、条件付き書式、入力規則、ピボットテーブル、業務で使用する関数(VLOOKUP、KOUNTIF等を含む)、印刷(A4用紙に収める)
  • ・PowerPoint スライドの操作、文字の入力・編集、Excelデータの挿入)、図形・画像の挿入・加工、スライドショー、配布資料
  • ・Outlook メールの送受信、添付ファイル、検索、メールの整理、連絡先の操作、予定表の操作
  • ・Adobe PDF閲覧
  • ・Edge Webページ閲覧

第128回インストラクター養成講座(11月14日)

本当に久しぶりにインストラクター養成講座をオンラインで開催しました。

受講したみなさんからは、やはり教室で受けたいとの声が寄せられました。
一方で、遠隔地の方からは、オンラインに対して肯定的な感想もありました。
今後、教室とオンラインでのマルチ開催が可能かどうかを検討していきたいと思います。

日時 11月14日(日) 13:00~17:00
通信方法 Zoomミーティングによるオンライン
参加者 7名(受講者 5名、スタッフ 2名)
  • ■ 内容
  • ・視覚障害者の基礎知識
  • ・キーボードの指導法
  • ・音声による文字入力
  • ・音声によるメールの送受信
  • ・音声によるWebの閲覧
  • ■ 受講されたみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • ・キーボードの配置などでも分かりやすい説明が必要だということが分かりました。オンライン開催については、かなりボリュームのある内容だと感じたので、教室で開催できるのならまた参加したいと思います。
  • ・今日は視覚障害者について学ぶ最初でしたが、きちんと言葉で説明することの大切さを知りました。オンラインだったので実際の操作の様子が見られなかったのは残念でしたが、目が見えなくてもサクサク操作できることが分かり、とても勉強になりました。講師の方の操作のスムーズさに感心するとともに、まだまだパソコンを学ばなくてはと改めて感じました。
  • ・ふだんは障害のある学生への支援にたずさわっているので、視覚障害のある学生がパソコンやタブレットを使いこなしていることが普通だと思っていましたが、本日のお話で、まだまだ使うことができない方が多くいることを知り、とても勉強になりました。オンライン開催については、内容が豊富だったこともあり、なかなか質問するタイミングがつかめませんでした。ぜひ対面で開催していただければまた参加したいと思います。
  • ・参加させていただいて一番気づいたことが、今までの生活の中で、いかに視覚により情報を入手していたかということです。と同時に、音声でこれだけの情報が取れることに驚いています。コロナが納まれば、ぜひ体験もしたいと思います。
  • ・私は当事者なので、いろいろと復習ができてよかったです。遠隔地なので、なかなか教室に行けません。今後、電話で質問をさせていただいていいでしょうか?SPANのメルマガではいろいろと勉強になっています。

在職者訓練(9月14日から11月11日の9日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

在職者訓練は、公益財団法人 東京しごと財団が実施する公的な職業訓練で、
企業などに在職する障害者の職業スキルの向上、就労の継続を図ることが目的です。
受講後1年間を過ぎますと再受講可能です。
SPANは同財団からの委託により訓練を行っています。
在職者訓練については、「在職者訓練の受講をお考えの方」をご覧ください。

9月14日から実施してきた在職者訓練が終了しました。
SPANの在職者訓練は全てオーダーメイドで、個々のニーズに合わせて実施しています。

実施日 2021年9月14日(火)・21日(火)・30日(木)
 10月5日(火)・14日(木)・19日(火)・26日(火)
 11月2日(火)・11日(木) 9日間 36時間
実施方法 SPAN三田スカイプラザとZoomミーティングによる遠隔
※初日と最終日が教室、その他は遠隔でした。
参加者 2名(受講者 1名、スタッフ 1名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Office:Office2016
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker Neo
  • ■ 内容
  • ・Google Chrome 基本操作
  • ・Gmail メール、連絡先
  • ・Googleドライブ 基本操作
  • ・Googleスプレッドシート 基本操作
  • ・Excel セルの書式設定(表示形式、配置、罫線、塗りつぶし、保護)、ピボットテーブル、実用的な集計資料の作成、マクロ、VBA(基本)
  • ・Word 文字書式、段落書式、実用的なビジネス文書作成
  • ・PowerPoint スライドの読み方、PDFへの変換、画像・図形の挿入・加工、実用的なスライド作成

日商PC検定2級データ活用受験対策コース(5月期)

受講した方は3名で、関東のほか、中部や九州から参加していました。
なお、3名の方のうち、1名は11月に受験予定。2名の方は現在受験日の調整中です。
講座は修了しましたが、受験までサポートを続けていきます。

実施期間 5月15日(土)~10月30日(土) 15回 28時間
実施方法 Zoomミーティングによる通話とメールによるサポート
参加者 5名(受講者 3名、スタッフ 2名)
  • ■ 内容
  • ・オリエンテーション
  • ・知識科目の学習
  • ・実技科目の学習
  • ・模擬検定受験
  • ・仕上げと受験準備
  • ■ 受講したみなさんからは、以下のような感想が寄せられました。
  • ・約半年間、オンライン講座を通して大変お世話になりました。初めは知識・実技ともに知識が足りず戸惑う日々でしたが、講座の中で操作を行いながら進めていただいたことで、すぐに不明点を質問でき、少しずつですが理解するこができたように思います。実技を習得できるか不安もありましたが、先生方の親しみやすいお人柄に大変救われました。また、他の受講生とも交流できる時間を作っていただき、良い機会となりました。
  • ・お世話になりました。当初のスケジュールより進行が遅延していて心配になりましたが無事終わって安心しています。1点、最初の授業で、ドロップボックスにの使い方とダウンロードの方法が詳しくわかると録音がスムーズに聞けて良かったと思います。あと少しですが合格に向けて課題の反復できたらと思います。ありがとうございました。

視覚障害者対象パソコン教室(文京区)(10月23日・24日)

10月23日・24日の2日間にわたり、文京区での視覚障害者対象のパソコン教室が実施されました。

日時 10月23日(土)・24日(日) 13:30~15:30
会場 文京総合福祉センター江戸川橋 地域活動室B
参加者 23日:11名(受講者 5名、文京パソボランスタッフ 2名、リアン文京スタッフ 2名、SPANスタッフ 2名)
24日:11名(受講者 4名、文京パソボランスタッフ 3名、リアン文京スタッフ 2名、SPANスタッフ 2名)
  • ■ 内容
  • タイピングやWord、Excel、またメールソフト、web検索、音楽データの取り込みなど、受講した方のニーズに応じて行いました。

在職者訓練(7月16日から10月15日の18日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

在職者訓練は、公益財団法人 東京しごと財団が実施する公的な職業訓練で、
企業などに在職する障害者の職業スキルの向上、就労の継続を図ることが目的です。
受講後1年間を過ぎますと再受講可能です。
SPANは同財団からの委託により訓練を行っています。
在職者訓練については、「在職者訓練の受講をお考えの方」をご覧ください。

7月16日から実施してきた在職者訓練が終了しました。
SPANの在職者訓練は全てオーダーメイドで、個々のニーズに合わせて実施しています。

実施日 2021年7月16日(金)・20日(火)・27日(火)
 8月6日(金)・13日(金)・20日(金)・27日(金)
 9月3日(金)・10日(金)・17日(金)・21日(火)・24日(金)・28日(火)
 10月1日(金)・5日(火)・8日(金)・12日(火)・15日(金)  18日間 51時間
※初日、2日目、そして最終日は2時間、その他は3時間です。
場所 SPAN三田スカイプラザとZoomミーティングによる遠隔
 ※初日と最終日が教室、その他は遠隔でした。
参加者 3名(受講者 1名、スタッフ 2名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Office:Office2010
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker Neo
  • ■ 内容
  • ・PC-Talker 基本操作・設定
  • ・Windows スタートメニュー、デスクトップ、タスクバー、エクスプローラー、ショートカットキー
  • ・Windows 拡大鏡、ハイコントラスト、その他設定
  • ・PC-Talker 弱視者用設定
  • ・Word コマンド選択、カーソル移動・選択、表の操作、差し込み印刷、宛名ラベル印刷、変更履歴、コメント、写真・イラストの操作
  • ・Excel セルの移動・選択、セルの書式設定(表示形式、配置、フォント、罫線、保護)、行・列の操作、並べ替え、オートフィルター、入力規則、条件付き書式、関数(計算を中心とした基本的なもの、VLOOKUPを含む)、印刷、マクロ(仕組み)
  • ・PowerPoint スライドの読み方、スライドの作成・編集(文字)、スライド作成・編集(Excelワークシート、グラフ)、スライドショー
  • ・AdobeReader PDFの読み方
  • ・IE、GoogleChrome Web閲覧、検索
  • ・Gmail 送受信、添付ファイル
  • ・Googleチャット 基本操作
  • ・Googleドライブ 基本操作
  • ・Googleスプレッドシート 基本操作
  • ・Googleカレンダー 基本操作

日商PC検定3級データ活用受験対策コース(7月期)

7月から続けてきた日商PC検定3級データ活用受験対策コースが終了しました。
受講した方は3名で、関東のほか、中国地方から参加されました。
なお、3名の方は、現在受験日の調整中です。講座は修了しましたが、受験までサポートを続けていきます。

実施期間 7月11日(日)~10月3日(日) 9回 10時間
実施方法 Zoomミーティングによる通話とメールによるサポート
参加者 6名(受講者 3名、スタッフ 3名)
  • ■ 内容
  • ・オリエンテーション
  • ・知識科目の学習
  • ・実技科目の学習
  • ・模擬検定受験
  • ・仕上げと受験準備
  • ■ 受講したみなさんからは、以下のような感想が寄せられました。
  • ・10時間の講座以外でどれだけ試験勉強ができたかというと、勉強時間のとれる時ととれない時がありました。今は模擬検定システムの実技問題で苦戦していますが、知識問題は解説を聞いてもう一回勉強すれば解ける気がしています。ありがとうございました。
  • ・3か月間お世話になりました。ありがとうございました。講座の夜の1時間は、全国から皆で集まって、お国訛りを聴いたり、楽しくていいなと思いました。ご縁で集まれてよかったなと思いました。試験に関しては、私は必要のないプレッシャーを自分にかけてしまうことがあるので、落ち着いてできるように心がけて臨みたいと思っています。
  • ・講座でご一緒させていただき、ありがとうございました。コロナ禍でZoomで全国の方と一緒に講座を受けられるのがすごく新鮮でした。私は広島県に住んでいて、サポートを受ける体制があまりないこともあり、SPANさんがなければ全く何も進まなかっただろうなという状態だったので本当に助かりました。
    私はまだ少し見えますが、他の受講者の方々の、見えない中での実力の高さに本当にびっくりして、皆さんすごく努力されているんだな…と想像できました。私の実力はまだまだですが、メールで質問をさせていただくと、すぐに丁寧にお返事をくださったりと、SPANさんがあっての私のパソコン勉強だと思っています。仕事でなかなか時間がとれない時もありますが、引き続き勉強していきたいと思っています。

インストラクター養成講座(受託)(9月19日)

9月19日に、ボランティア団体からの委託によるインストラクター養成講座が開催されました。

日時 9月19日(日) 13:30~17:00
受託先 特定非営利活動法人 練馬ぱそぼらん
通信方法 Zoomミーティングによるオンライン
参加者 9名 (受講者 7名、スタッフ 2名)
  • ■ 内容
  • ・視覚障害者のICT環境
  • ・視覚障害者用ソフトウェア
  • ・拡大鏡、ナレーター、ハイコントラスト
  • ・講座を始める前に
  • ・タッチタイピングと文字入力
  • ・マイスタートメニューの操作
  • ・音声によるメールの操作(MyMail)
  • ・音声によるWebページの閲覧(Edge、Net Reader)
  • ■ 受講されたみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • ・しばらく視覚障害者のサポートをしていなかったので、大変勉強になった。今後活用していきたい。
  • ・サポートには幅広い知識が必要だということが分かった。ただ、役割分担することで負担が軽減できることも学んだので、活かしていきたい。
  • ・タイピングは自己流だったので大変勉強になった。高齢者への指導もしているので、本日の内容を活かしていきたい。
  • ・視覚障害者用のソフトは難しいと思っていたが、やり方が分かればできると感じた。また、実線を積むことの大切さも学んだ。
  • ・電話サポートをしているので、本日の内容は大変有益だった。待ちきれないという精神面が過大だと思うので、相手にあったサポートができるようにしたい。
  • ・高齢者も視覚障害者と同じなので、音声を聴いて操作することをやってみたい。また、iPhoneにもチャレンジしたい。
  • ・ショートカットキーが多いのに驚いた。どうしても見てしまうので、アイマスク体験で学んでいきたい。
  • ・本日話があったデジタル庁の事業に期待したい。本会でもPC-Talkerを持っているので活用していきたい。全体像は理解できたので、ほかの障害のサポートにも活用していきたい。
  • ・ぱそぼらんの指導法が本日の内容と合っていたので安心した。みなさんに興味を持っていただけたのがよかった。

在職者訓練(7月26日から9月16日の13日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

在職者訓練は、公益財団法人 東京しごと財団が実施する公的な職業訓練で、
企業などに在職する障害者の職業スキルの向上、就労の継続を図ることが目的です。
受講後1年間を過ぎますと再受講可能です。
SPANは同財団からの委託により訓練を行っています。
在職者訓練については、「在職者訓練の受講をお考えの方」をご覧ください。

7月26日から実施してきた在職者訓練が終了しました。
SPANの在職者訓練は全てオーダーメイドで、個々のニーズに合わせて実施しています。

実施日 2021年7月26日(月)
 8月3日(火)・5日(木)・16日(月)・19日(木)・23日(月)・26日(木)・30日(月)
 9月2日(木)・6日(月)・9日(木)・13日(月)・16日(木)  13日間 52時間
場所 SPAN三田スカイプラザ
参加者 2名(受講者 1名、スタッフ 1名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Office:Office2016
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker10
  • ■ 内容
  • ・PC-Talker 基本操作、設定、AOKメニュー
  • ・Windows10 スタートメニュー、マイスタートメニュー、タスクバー、ショートカットキー、エクスプローラー
  • ・Word キーボードによるコマンド選択、表の操作(セル結合・分割、罫線の挿入・修正・削除)、段組み、画像の操作(サイズ変更・位置調整)、目次付き文書(索引を含む)、差し込み印刷、変更履歴・コメント
  • ・Excel セルの書式設定(表示形式、配置、罫線、塗りつぶし、保護)、並べ替え(複数条件)、オートフィルター(テキスト、数値、日付、色)、入力規則(設定、日本語入力)、条件付き書式、グラフ(基本操作)、ピボットテーブル、業務で使用する関数、印刷(A4用紙1枚に印刷等)、マクロ、VBA(基本、オブジェクト、プロパティー、メソッド、ステートメント、ファンクション、実用的なコードの書き方)
  • ・PowerPoint スライドの読み方、文字入力・編集、Excelデータ・グラフ・図形の操作、画像・音声・動画の操作、代替テキスト、スライド番号、画面切り替え、アニメーション、目次の挿入、スライドショー、リハーサル
  • ・Outlook メールの送受信、添付ファイル、検索、メールの整理
  • ・PDF AdobeReaderでの読み上げ
  • ・IE、Edge ページ閲覧、検索、お気に入り、履歴

視覚障害者職業スキルアップセミナー(9月11日)

9月11日に視覚障害者職業スキルアップセミナー「Googleアプリ、ビジネスシーンでの音声利用を考える」を開催しました。

当日は定員を30名以上上回る参加者がありました。
やはり、Googleアプリへの関心の高さを感じました。

日時 9月11日(土) 13:30~17:10
※活発な質疑のため、予定時間を20分オーバーしました。
実施方法 Zoomミーティングによる画面・音声の共有
参加者 122名(聴衆 112名、講演者 4名、スタッフ 6名)
  • ■ 内容
  • ・Googleアプリの使い方デモ(iPhone)
     酒谷 千春 氏  慶應義塾大学
  • ・Googleアプリの使い方デモ(PC)、PCでの操作ポイント
     中根 雅文 氏  日本視覚障害者ICTネットワーク
  • ・Googleのアクセシビリティーへの取り組み
     切明 政憲 氏、荒尾 悟 氏 GOOGLE LLC

遠隔ワンポイント講座「PC-Talkerを使いこなそう!」(8月28日)

8月28日に遠隔ワンポイント講座を実施しました。
この講座は8月14日「PC-Talkerを使いこなそう!」の追加開催として行いました。

なお、受講者の地域と受講のきっかけは以下の通りです。
・東京、神奈川
・受講のきっかけ
  SPANの会員ML:1名
  WEBページの案内:1名

日時 8月28日(土) 13:00~16:00
通信方法 Zoomミーティング
参加者 3名(受講者 2名、スタッフ 1名)
  • ■ 環境(講師のPC)
  • ・OS:Windows10 21H1
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker Neo
  • ・Office:Microsoft365
  • ■ 内容
  • ・PC-Talkerの設定メニューの操作
  • ・ショートカットキーでの設定変更
  • ・読み辞書の編集
  • ・日本語変換中の国語辞典検索
  • ・Wordで文章の内容を効率よく把握する設定と操作
  • ・ナビゲーションキーモード
  • ・クイックビュー
  • ・Wordの表の探索
  • ・Excelで表の内容を効率よく把握する設定と操作
  • ・シートビュー
  • ・ショートカットキーを使用したレイアウトの確認と調整
  • ■ 参加したみなさんからは、以下のような感想が寄せられました。
  • ・盛りだくさんだった。
  • ・聞いた通りに操作してできたものの、よくわかっていないところもあるので、復習して覚えていきたい。
  • ・PC-Talkerは普段決まった機能のみ使用していたので、知らないものがたくさんあって勉強になった。
  • ・有用な機能を使っていきたい。

遠隔ワンポイント講座「PC-Talkerを使いこなそう!」(8月14日)

8月14日に遠隔ワンポイント講座を実施しました。この講座は8月7日、「PC-Talkerを使いこなそう!」の追加開催です。

なお、受講者の地域と受講のきっかけは以下の通りです。
・埼玉、神奈川
・受講のきっかけ
  案内メール:2名
  SPANの会員ML:1名
  知人からの情報:1名

日時 8月14日(土) 13:00~16:00
通信方法 Zoomミーティング
参加者 6名(受講者 4名、スタッフ 2名)
  • ■ 環境(講師のPC)
  • ・OS:Windows10 21H1
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker Neo
  • ・Office:Microsoft365
  • ■ 内容
  • ・PC-Talkerの設定メニューの操作
  • ・ショートカットキーでの設定変更
  • ・読み辞書の編集
  • ・日本語変換中の国語辞典検索
  • ・Wordで文章の内容を効率よく把握する設定と操作
  • ・ナビゲーションキーモード
  • ・クイックビュー
  • ・Wordの表の探索
  • ・Excelで表の内容を効率よく把握する設定と操作
  • ・シートビュー
  • ・ショートカットキーを使用したレイアウトの確認と調整
  • ■ 参加したみなさんからは、以下のような感想が寄せられました。
  • ・ショートカットキーは覚えられれば便利だと思った。録音を聞いて復習していきたい。
  • ・こんなに便利な機能があるのに使っていないのはもったいなかった。
  • ・忘れていたショートカットキーを思い出せたり、新たな発見があった。
  • ・Excelの列見出し、行見出しを読んでくれるのは便利だ。
  • ・今まで大量のコピー貼り付け作業をしていたが、クリップボード履歴は目からうろこだった。

遠隔ワンポイント講座「PC-Talkerを使いこなそう!」(8月7日)

8月7日に遠隔ワンポイント講座を実施しました。テーマは「PC-Talkerを使いこなそう!」でした。

なお、受講者の地域と受講のきっかけは以下の通りです。
・東京、神奈川、千葉、大阪
・受講のきっかけ
  案内メール:2名
  SPANの会員ML:1名
  SPANのWEBページの案内:1名

日時 8月7日(土) 13:00~16:00
通信方法 Zoomミーティング
参加者 6名(受講者 4名、スタッフ 2名)
  • ■ 環境(講師のPC)
  • ・OS:Windows10 21H1
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker Neo
  • ・Office:Microsoft365
  • ■ 内容
  • ・PC-Talkerの設定メニューの操作
  • ・ショートカットキーでの設定変更
  • ・読み辞書の編集
  • ・日本語変換中の国語辞典検索
  • ・Wordで文章の内容を効率よく把握する設定と操作
  • ・ナビゲーションキーモード
  • ・クイックビュー
  • ・Wordの表の探索
  • ・Excelで表の内容を効率よく把握する設定と操作
  • ・シートビュー
  • ・ショートカットキーを使用したレイアウトの確認と調整
  • ■ 参加したみなさんからは、以下のような感想が寄せられました。
  • ・表の扱いを網羅してもらえてよかった。
  • ・ほとんどが使ったことがない操作だったので、録音データを聞きながら復習して、業務に活用していきたい。
  • ・盛沢山だった。Wordの表の読み方がわからなかったので参考になった。
  • ・PC-Talkerのいいところがまた再確認できた。

遠隔講座「Microsoft Teamsを知ろう!」(7月10日)

SPANと日本ライトハウス 情報文化センターをMicrosoft Teamsで結んで遠隔講座を行いました。
これは、昨年に引き続きの試みで、SPANの講師の映像と音声、また講師のPCの画面をMicrosoft Teamsの会議機能を利用して情報文化センターに送り、そこに集まった受講者のみなさんに学んでいただくものです。
もちろん、双方向通信なので、受講者とのやり取りも可能です。

SPANでは、コロナの問題が起きる前から、Zoomを利用した講座を行っていますが、Microsoft Teamsを利用した講座は初めてでした。

また、情報文化センターでは、日本ライトハウスのスタッフが受講者のサポートを行いました。
この方式が軌道に乗れば、全国どこでも学ぶことができます。

日時 7月10日(土) 13:00~16:30
場所 SPAN(講師)
日本ライトハウス情報文化センター(受講者、サポート)
テーマ Microsoft Teamsを知ろう!
参加者 10名(受講者 4名、講演者 1名、日本ライトハウススタッフ 3名、SPANスタッフ 2名)
  • ■ 環境(日本ライトハウス)
  • ・OS:Windows10
  • ・Microsoft Teams:アプリ版
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker Neo
  • ■ 内容
  • ・Teamsの活用(講演)
  • ・Teamsの特徴
  • ・Teamsの機能と画面構成
  • ・チームとチャネル
  • ・チャネルの機能
  • ・会議での操作
  • ・[アプリバー]を操作する
  • ・メンバー間でのメッセージのやりとり
  • ・チャットの使い方
  • ・ファイルを管理する
  • ■ 受講したみなさんからは、以下のような感想が寄せられました。
  • ・事前にteamsの動画を見たときは、内容が全く分からなかったが、今日の講習を受講して動画の意味がわかってよかった。
    ※「Teamsの動画」は、Teamsの主な機能のスクリーンリーダーでの使い方についてYouTubeにアップされているものです。
  • ・聞きたいことがたくさんあったが時間が足りなくて残念だった。フィードが便利だと聞いたので、そのことも詳しく聞きたかった。
  • ・今までteamsを使う機会はなかったが、友人とチームを作りたいと思っている。teamsに参加するには全員がMicrosoftのアカウントが必要なの?そういったことも聞きたかった。操作に関しては慣れるしかないと思っている。
  • ・講座の内容を職場での共同作業に役立てたい。

日商PC検定3級(データ活用)受験対策コース4月期

4月から続けてきた日商PC検定3級(データ活用)受験対策コース2021年4月期が終了しました。
受講した方は3名で、関東のほか、九州から参加していました。
なお、3名の方は、現在受験日の調整中です。講座は修了しましたが、受験までサポートを続けていきます。

実施期間 4月11日(日)~7月4日(日) 9回
実施方法 Zoomミーティングによる通話とメールによるサポート
参加者 6名(受講者 3名、スタッフ 3名)
  • ■ 内容
  • ・オリエンテーション
  • ・知識科目の学習
  • ・実技科目の学習
  • ・模擬検定受験
  • ・仕上げと受験準備
  • ■ 受講したみなさんからは、以下のような感想が寄せられました。
  • ・Excelは今までほとんど使ったことがありませんでしたが、講座で解答手順に沿って操作したことで、苦手意識が薄れ、意外とできるんだと思いました。
  • ・講座を受けるのは今回が初めてでした。Wordから始めるほうが多いと思うのですが、私はExcelをやっていて入りやすかったので、Excelから始めました。Excelの機能以外にも、ショートカットキーなどもいろいろありすぎて戸惑いもありましたが、これからもっと覚えて、効率よく作業できるようになりたいと思いました。課題をこなすのに一生懸命でしたが、すごく勉強になり助かりました。
  • ・以前Wordを教わったので、今回はExcelを受講しました。Excelは仕事でもほとんど使ったことがなく、自分用の表を作る程度でした。実技の課題は難しかったですが、解答手順を読みながら、ひとつひとつの手順の意味や繋がりについて、理解を強化したいと思います。Wordと同様に、Excelの解答手順も詳細でわかりやすかったので、これをもとに操作を定着させたいです。

遠隔ワンポイント講座「Wordの表が苦手な方のために」(7月3日)

6月26日に遠隔ワンポイント講座を実施しました。テーマは「Wordの表が苦手な方のために」でした。

なお、受講者の地域と受講のきっかけは以下の通りです。
・地域 神奈川、埼玉、大阪、兵庫、長崎
・受講のきっかけ
 案内メール:3名
 所属団体のML:2名

日時 7月3日(土) 13:00~17:00
通信方法 Zoomミーティング
参加者 6名(受講者 5名、スタッフ 1名)
  • ■ 環境(講師のPC)
  • ・OS:Windows10
  • ・Word:2016
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker Neo
  • ■ 内容
  • ・Wordの表の構造を知る
  • ・表内を移動する
  • ・セル内での移動
  • ・複数の表の間の移動
  • ・Wordの表への入力のポイント
  • ・行高・列幅の確認
  • ・規則的な表への入力
  • ・余分な行の削除
  • ・不規則な表への入力
  • ・行数・列数を指定して表を作成する
  • ・文字列を表にする
  • ・Wordの表を加工するポイント
  • ・列幅の自動調整
  • ・手動での列幅の設定
  • ・手動での行高の設定
  • ・セル内での配置
  • ・見出しの文字列に均等割り付けを設定
  • ・改ページ時にタイトル行が表示されるようにする
  • ・表をテキストボックスのように使う
  • ・表を図形のように使う
  • ■ 参加したみなさんからは、以下のような感想が寄せられました。
  • ・表は苦手という気持ちが強かったですが、今回の講座で「使える」という自信が付きました。ぜひ使ってみたいと思います。
  • ・表をテキストボックスや図形のように使うという方法、目からうろこでした。ぜひ試してみたいです。
  • ・表への入力はいつも失敗していたので敬遠していました。でも、本日の講座で入力のコツが分かりました。ありがとうございました。
  • ・表は苦手意識が強く、これまではほかの人に頼んでいましたが、今後は自分で作るようチャレンジしてみたいです。
  • ・表でいろんなことができることを知って驚いています。これからは、もっと使っていきたいです。

ページの一番上へ戻る

過去の活動記録

ページの一番上へ戻る