スパンのロゴマーク。トップページへ移動

特定非営利活動法人 視覚障害者パソコンアシストネットワーク SPAN

ここから本文

活動予定

遠隔ワンポイント講座「Googleスライド」(3月30日)のご案内
Google WorkspaceをNVDAで使う 第4回


3月30日(土)に、遠隔ワンポイント講座を開催します。
方法は、受講するみなさんと講師の間を通信アプリZoomミーティングで結んで、音声による通話で行います。
もちろん、受講する方と講師との間での質疑応答も可能です。

Zoomミーティングは、世界的に多くの個人や企業で利用されている通信アプリで、受けるだけならアカウントの登録も不要で、操作もシンプルです。
また、各種画面読み上げソフトの音声にも対応しています。
なお、初めてZoomミーティングを利用され、希望される方には、事前に通信テストを行います。

テーマは「Googleスライド」です。
この講座は「Google WorkspaceをNVDAで使う」の4回シリーズの第4回として開催します。

Googleスライドは、Microsoft PowerPointと同じような機能を持ついわゆる「プレゼンテーション資料作成ソフト」です。

そして、このツールを利用する企業や学校なども増えており、それを使う視覚障害者も少なくありません。

しかし、音声とキーボードでの操作法を学ぶ機会は案外少なく、苦労しながら使っている方もいるのではないでしょうか。

この講座は、以下のような方を対象としています。

  • ・初めてGoogleスライドを使う
  • ・使ってはいるが、うまく使えていない
  • ・それなりに使えてはいるが、もう1度基本を見直すことで、より効率的に使えるようになりたい
  • ・視覚障害者にGoogleスライドを指導する方法が知りたい

今回の講座では、Googleスライドで作製されたスライドを閲覧したり、スライドを作成する基本をご紹介した後、プレゼンテーションの方法についても学びます。
とにかく、Googleスライドを楽に、そして効率的に使いたいと願っている方のお役に立てればと思っています。

ただ、講座の成果を上げるため、Ctrlキーなどの機能キーを含めたタイピングがスムーズにできること、NVDAの使用経験があることを受講条件とさせていただきます。

★ この講座はお申込みが3名以上の場合に開催します。

* 尚、この講座で講師が使用するPC環境は以下の通りです。

  • ・キーボード : 日本語109キーボード
  • ・OS : Windows10
  • ・ブラウザ : Google Chrome
  • ・画面読み上げソフト : NVDA(最新バージョン)
日時 3月30日(土) 13:00~16:00
通信方法 Zoomミーティング
募集定員 5名
データ 事前に当日使用するデータをお送りしますので、内容を確認しておいていただきますようお願いします。
講師 中根 雅文さん
受講料 6,600円(受講前にお振込でお支払いください。)
振込先はお申込みをいただいた方にお知らせします。
お申込先 office(@)span.jp
件名に「Googleスライド参加希望」とお書きのうえ、お名前、連絡用電話番号をお知らせください。
折り返し、受講料の振込先をお知らせします。

★尚、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示したうえでカッコで囲んでいます。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正したうえで、カッコを削除していただきますようお願いします。

また、いただいた個人情報はこの講座の運営や連絡で使用させていただくほか、SPANが開催する講座やイベント等のご案内、SPANの活動紹介などで使用させていただく場合があります。
もし、こうしたご案内が不要な方は上記お申し込み先までご連絡ください。
詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。

★講座カリキュラム
* 基本的な流れは変わりませんが、細かい内容は変更になることがあります。

  • ・Google Slidesの基本的な使い方
  • ・スライドの閲覧
  • ・新しいプレゼンテーションを作る
  • ・ページ編集の基本
  • ・オブジェクトのサイズと配置
  • ・ページ間の移動
  • ・テーマの修正
  • ・プレゼンテーションをする

遠隔ワンポイント講座「GoogleスプレッドシートとGoogleフォーム」(3月23日)のご案内
Google WorkspaceをNVDAで使う 第3回


3月23日(土)に、遠隔ワンポイント講座を開催します。
方法は、受講するみなさんと講師の間を通信アプリZoomミーティングで結んで、音声による通話で行います。
もちろん、受講する方と講師との間での質疑応答も可能です。

Zoomミーティングは、世界的に多くの個人や企業で利用されている通信アプリで、受けるだけならアカウントの登録も不要で、操作もシンプルです。
また、各種画面読み上げソフトの音声にも対応しています。
なお、初めてZoomミーティングを利用され、希望される方には、事前に通信テストを行います。

テーマは「GoogleスプレッドシートとGoogleフォーム」です。
この講座は「Google WorkspaceをNVDAで使う」の4回シリーズの第3回として開催します。

Googleスプレッドシートは、Microsoft Excelと同じような機能を持ついわゆる「表計算ソフト」です。またGoogleフォームは、Googleが提供するフォーム作成ツールで、イベントなどの参加受付や、アンケートに回答したり、その結果をまとめる機能を持つツールです。

そして、この2つのツールを利用する企業や学校なども増えており、それを使う視覚障害者も少なくありません。

しかし、音声とキーボードでの操作法を学ぶ機会は案外少なく、苦労しながら使っている方もいるのではないでしょうか。

この講座は、以下のような方を対象としています。

  • ・初めてGoogleスプレッドシートやGoogleフォームを使う
  • ・使ってはいるが、うまく使えていない
  • ・それなりに使えてはいるが、もう1度基本を見直すことで、より効率的に使えるようになりたい
  • ・視覚障害者にGoogleスプレッドシートやGoogleフォームを指導する方法が知りたい

今回の講座では、GoogleスプレッドシートとGoogleフォームの基本操作をご紹介しながら、2つのツールの連携を学びます。
とにかく、GoogleスプレッドシートやGoogleフォームを楽に、そして効率的に使いたいと願っている方のお役に立てればと思っています。

ただ、講座の成果を上げるため、Ctrlキーなどの機能キーを含めたタイピングがスムーズにできること、NVDAの使用経験があることを受講条件とさせていただきます。

★ この講座はお申込みが3名以上の場合に開催します。

* 尚、この講座で講師が使用するPC環境は以下の通りです。

  • ・キーボード : 日本語109キーボード
  • ・OS : Windows10
  • ・ブラウザ : Google Chrome
  • ・画面読み上げソフト : NVDA(最新バージョン)
日時 3月23日(土) 13:00~16:00
通信方法 Zoomミーティング
募集定員 5名
データ 事前に当日使用するデータをお送りしますので、内容を確認しておいていただきますようお願いします。
講師 中根 雅文さん
受講料 6,600円(受講前にお振込でお支払いください。)
振込先はお申込みをいただいた方にお知らせします。
お申込先 office(@)span.jp
件名に「GoogleスプレッドシートとGoogleフォーム参加希望」とお書きのうえ、お名前、連絡用電話番号をお知らせください。
折り返し、受講料の振込先をお知らせします。

★尚、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示したうえでカッコで囲んでいます。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正したうえで、カッコを削除していただきますようお願いします。

また、いただいた個人情報はこの講座の運営や連絡で使用させていただくほか、SPANが開催する講座やイベント等のご案内、SPANの活動紹介などで使用させていただく場合があります。
もし、こうしたご案内が不要な方は上記お申し込み先までご連絡ください。
詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。

★講座カリキュラム
* 基本的な流れは変わりませんが、細かい内容は変更になることがあります。

  • ・Googleスプレッドシートの基本操作
  • ・数式の入力
  • ・フィルターの利用
  • ・ピボットテーブル
  • ・Googleフォームの利用
  • ・フォームの作り方
  • ・スプレッドシートを活用して回答を集計する

遠隔ワンポイント講座「GoogleドライブとGoogleドキュメント」(3月17日)のご案内
Google WorkspaceをNVDAで使う 第2回


3月17日(日)に、遠隔ワンポイント講座を開催します。
方法は、受講するみなさんと講師の間を通信アプリZoomミーティングで結んで、音声による通話で行います。
もちろん、受講する方と講師との間での質疑応答も可能です。

Zoomミーティングは、世界的に多くの個人や企業で利用されている通信アプリで、受けるだけならアカウントの登録も不要で、操作もシンプルです。
また、各種画面読み上げソフトの音声にも対応しています。
なお、初めてZoomミーティングを利用され、希望される方には、事前に通信テストを行います。

テーマは「GoogleドライブとGoogleドキュメント」です。
この講座は「Google WorkspaceをNVDAで使う」の4回シリーズの第2回として開催します。

Googleドライブは、Googleが提供するファイルの管理や共有を行うためのツールで、MicrosoftのOneDriveに相当します。またGoogleドキュメントは、Microsoft Wordと同じような機能を持ついわゆる「ワープロソフト」です。

そして、この2つのツールを利用する企業や学校なども増えており、それを使う視覚障害者も少なくありません。

しかし、音声とキーボードでの操作法を学ぶ機会は案外少なく、苦労しながら使っている方もいるのではないでしょうか。

この講座は、以下のような方を対象としています。

  • ・初めてGoogleドライブやGoogleドキュメントを使う
  • ・使ってはいるが、うまく使えていない
  • ・それなりに使えてはいるが、もう1度基本を見直すことで、より効率的に使えるようになりたい
  • ・視覚障害者にGoogleドライブやGoogleドキュメントを指導する方法が知りたい

今回の講座では、GoogleドライブとGoogleドキュメントの基本操作をご紹介しながら、2つのツールの連携を学びます。
とにかく、GoogleドライブやGoogleドキュメントを楽に、そして効率的に使いたいと願っている方のお役に立てればと思っています。

ただ、講座の成果を上げるため、Ctrlキーなどの機能キーを含めたタイピングがスムーズにできること、NVDAの使用経験があることを受講条件とさせていただきます。

★ この講座はお申込みが3名以上の場合に開催します。

* 尚、この講座で講師が使用するPC環境は以下の通りです。

  • ・キーボード : 日本語109キーボード
  • ・OS : Windows10
  • ・ブラウザ : Google Chrome
  • ・画面読み上げソフト : NVDA(最新バージョン)
日時 3月17日(日) 13:00~16:00
通信方法 Zoomミーティング
募集定員 5名
データ 事前に当日使用するデータをお送りしますので、内容を確認しておいていただきますようお願いします。
講師 中根 雅文さん
受講料 6,600円(受講前にお振込でお支払いください。)
振込先はお申込みをいただいた方にお知らせします。
お申込先 office(@)span.jp
件名に「GoogleドライブとGoogleドキュメント参加希望」とお書きのうえ、お名前、連絡用電話番号をお知らせください。
折り返し、受講料の振込先をお知らせします。

★尚、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示したうえでカッコで囲んでいます。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正したうえで、カッコを削除していただきますようお願いします。

また、いただいた個人情報はこの講座の運営や連絡で使用させていただくほか、SPANが開催する講座やイベント等のご案内、SPANの活動紹介などで使用させていただく場合があります。
もし、こうしたご案内が不要な方は上記お申し込み先までご連絡ください。
詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。

★講座カリキュラム
* 基本的な流れは変わりませんが、細かい内容は変更になることがあります。

  • ・Googleドライブの基本
  • ・スクリーン・リーダーを利用するための設定
  • ・Googleドキュメントでの編集操作
  • ・共同編集とコメント

遠隔ワンポイント講座「Google Workspace利用の基本」(3月16日)のご案内
Google WorkspaceをNVDAで使う 第1回


3月16日(土)に、遠隔ワンポイント講座を開催します。
方法は、受講するみなさんと講師の間を通信アプリZoomミーティングで結んで、音声による通話で行います。
もちろん、受講する方と講師との間での質疑応答も可能です。

Zoomミーティングは、世界的に多くの個人や企業で利用されている通信アプリで、受けるだけならアカウントの登録も不要で、操作もシンプルです。
また、各種画面読み上げソフトの音声にも対応しています。
なお、初めてZoomミーティングを利用され、希望される方には、事前に通信テストを行います。

テーマは「Google Workspace利用の基本」です。
この講座は「Google WorkspaceをNVDAで使う」の4回シリーズの第1回として開催します。

Google Workspaceは、Googleが提供するビジネス向けサービス群で、MicrosoftのOffice製品群に相当します。
そして、Google Workspaceを利用する企業や学校なども増えており、それを使う視覚障害者も少なくありません。

しかし、音声とキーボードでのGoogle Workspaceの操作法を学ぶ機会は案外少なく、苦労しながら使っている方もいるのではないでしょうか。

この講座は、以下のような方を対象としています。

  • ・初めてGoogle Workspaceを使う
  • ・使ってはいるが、うまく使えていない
  • ・それなりに使えてはいるが、もう1度基本を見直すことで、より効率的に使えるようになりたい
  • ・視覚障害者にGoogle Workspaceを指導する方法が知りたい

今回の講座では、Google Workspaceの概要と必要なNVDAの機能をご紹介した後、Google Chrome、Gmail、Googleカレンダー、Google Meetの基本操作を学びます。
とにかく、Google Workspaceを楽に、そして効率的に使いたいと願っている方のお役に立てればと思っています。

ただ、講座の成果を上げるため、Ctrlキーなどの機能キーを含めたタイピングがスムーズにできること、NVDAの使用経験があることを受講条件とさせていただきます。

★ この講座はお申込みが3名以上の場合に開催します。

* 尚、この講座で講師が使用するPC環境は以下の通りです。

  • ・キーボード : 日本語109キーボード
  • ・OS : Windows10
  • ・ブラウザ : Google Chrome
  • ・画面読み上げソフト : NVDA(最新バージョン)
日時 3月16日(土) 13:00~16:00
通信方法 Zoomミーティング
募集定員 5名
データ 事前に当日使用するデータをお送りしますので、内容を確認しておいていただきますようお願いします。
講師 中根 雅文さん
受講料 6,600円(受講前にお振込でお支払いください。)
振込先はお申込みをいただいた方にお知らせします。
お申込先 office(@)span.jp
件名に「Google Workspace参加希望」とお書きのうえ、お名前、連絡用電話番号をお知らせください。
折り返し、受講料の振込先をお知らせします。

★尚、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示したうえでカッコで囲んでいます。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正したうえで、カッコを削除していただきますようお願いします。

また、いただいた個人情報はこの講座の運営や連絡で使用させていただくほか、SPANが開催する講座やイベント等のご案内、SPANの活動紹介などで使用させていただく場合があります。
もし、こうしたご案内が不要な方は上記お申し込み先までご連絡ください。
詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。

★講座カリキュラム
* 基本的な流れは変わりませんが、細かい内容は変更になることがあります。

  • ・Google Workspaceの概要
  • ・NVDAの適切な使い方
  • ・GoogleChromeの基本
  • ・Gmailの基本
  • ・GoogleカレンダーとGoogle Meet

第136回インストラクター養成講座[遠隔](3月10日)のご案内

3月10日(日)にインストラクター養成講座を開催します。
今回は、Zoomミーティングによる遠隔で開催します。

この講座は、SPANなどの団体で、あるいは個人として視覚障害者のパソコンサポートをしている方、したいと考えている方、また視覚障害者のパソコンサポートに関心のある方を対象にしています。
特別なスキルは必要ありません。Windowsパソコンでメールの送受信やWebの閲覧などができる方ならばどなたでも受講できます。
どうぞたくさんの方のご参加をお待ちしています。
この講座はお申込みが2名以上の場合に開催します。

日時 3月10日(日) 13:00~17:00
実施方法 Zoomミーティングによる遠隔
募集定員 6名
テキスト テキストは事前にPDFファイルをメールに添付してお送りします。また、視覚障害者の方にはテキストデータもお送りします。
講師 北神 あきら(SPAN)
受講料 4,000円(テキスト代を含む)事前にお振込でお支払いください。
お申込先 office(@)span.jp
件名に「インストラクター養成講座参加希望」とお書きのうえ、お名前、電話番号をお知らせください。
折り返し、受講料の振込先をお知らせします。

★なお、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示したうえでカッコを付けています。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正したうえで、カッこを削除していただきますようお願いします。

また、いただいた個人情報はこの講座の運営や連絡で使用させていただくほか、SPANが開催する講座やイベント等のご案内、SPANの活動紹介などで使用させていただく場合があります。
もし、こうしたご案内が不要な方は上記お申し込み先までご連絡ください。
詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。

  • ★講座カリキュラム
  • *基本的な流れは変わりませんが、細かい内容は変更になる場合があります。
  • ・質疑応答「視覚障害者についての基礎知識」
    事前にテキストをお読みいただき、疑問点があればご質問ください。
  • ・講座を始める前に
    インストラクターとしての留意点、アクセシビリティ設定、スクリーンリーダーの設定 等
  • ・キーボードと音声によるWindows操作と文字入力
    Windows 10の操作、タッチタイピング、文字入力 等
  • ・キーボードと音声によるメールの送受信
    MyMail、Outlookなど
  • ・キーボードと音声によるWebの閲覧
    Net Reader、MS Edgeなど

インストラクター養成講座についての詳細は、インストラクター養成講座についてをご覧ください。


新型コロナウイルス感染へのSPANの対応について(2023年3月15日)

新型コロナウイルス対策について、国の方針が変更され、3月13日からマスク着用が個人の判断にゆだねられました。
また、5月8日からは感染症の分類が季節性インフルエンザと同じ「5類」に変更されます。

つきましては、SPANの対応も以下に変更します。

また、SPANの教室は狭く、三密になりやすいことから、感染防止対策をとることとします。

  • ■講座などの開催について
  • 1.講座などは遠隔に加え、SPANの教室でも実施します。
  • 2.SPANの教室で行う場合、下記に示す感染防止策を講じたうえで、参加する方には、それに従っていただきますようお願いします。
  • 3.SPANの教室で行う場合、講座の受講者の人数は4名まで、スタッフを含めた人数の合計は6名までとします。

  • ■感染防止策
  • 1.発熱やせきなど、体調不良のある方は参加をお控えください。
  • 2.教室に入室する際には、手洗いとアルコールなどによる消毒をお願いします。
  • 3.教室使用中は適宜換気などを行います。
  • 4.教室内ではできるだけマスクを着用し、せきエチケットをお守りください。
  • 5.必要に応じ、PCやキーボード、またドアノブなどのアルコール消毒を行います。

何か不明な点がありましたら、以下までお問い合わせください。
office(@)span.jp

★なお、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示したうえでカッコを付けています。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正したうえで、カッこを削除していただきますようお願いします。


ページの一番上へ戻る

最近の活動記録

タブレットサロン【対面】(2月8日)

2月8日にタブレットサロンを行いました。

日時 2月8日(木) 13:30~15:30
場所 東京都障害者福祉会館ボランティア室
参加者 6名(スタッフ 5名)
  • ■ 内容 今回二回目の参加の方です。熱心に参加されました。操作もとても上手にこなされていました。
    iPhoneのボイスオーバーの使い方を練習しました。
    電話のやりとりで、約束の時間や場所をメモに残したいとのことでiPhoneのSiriを使いメモアプリを立ち上げ、メモアプリの入力や削除の練習をしました。
    次回は、3月15日(金曜日)【Zoom】での開催です。

川畠成道ニューイヤーコンサート(1月27日)

1月27日に、SPANが支援を受けているBIPROGYグループが長年にわたり応援している視覚障害のあるヴァイオリニスト川端成道さんのニューイヤーコンサートがありました。 SPANはiPhoneを利用したプログラムの読み上げデモで協力しました。

日時 1月27日(土) 13:30~15:30
会場 浜離宮朝日ホール
聴衆 約600名
ブース来訪者 約10名
スパンスタッフ 4名
協力内容 iPhoneを利用したプログラムの読み上げデモ

これからも、BIPROGYグループとの連携を大切にしていきたいと思います。


タブレットサロン【Zoom】(1月19日)

1月19日にタブレットサロン【Zoom】を行いました。

日時 1月19日(金)20:00~21:30
通信方法 Zoomミーティング
参加者 14名(内 スタッフ8名)
  • ■ 内容
  • 元旦からの地震で、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。石川県金沢市や、福井県から参加された方から、揺れて怖かったが被害は無かったとのことでした。
  • 1月と2月に横浜でタブレットサロンの講習会を実施することと、その報告がありました。
  • アイフォン15プロを買ったので、ライダースキャナーを試している。
  • バス停の位置を正確に知りたいとのことで、ボイスビスタ、サウンドスケープ、ナビレコ、点字ブロックの設置、ナビレンズなどの提案がありました。
  • 電話でのスピーカーフォンができなくなったとの質問で
    設定>アクセシビリティ>ボイスオーバー>オーディオ>「通話でスピーカーを自動選択」がオンになっていることを確認する、提案がありました。

在職者訓練(9月15日から12月15日の12日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

9月15日から実施してきた在職者訓練が終了しました。
SPANの在職者訓練は全てオーダーメイドで、個々のニーズに合わせて実施しています。
今回は、金融関連企業の社員の方への訓練でした。訓練の中心は日商PC検定2級データ活用受験対策でした。

在職者訓練は、公益財団法人 東京しごと財団が実施する公的な職業訓練で、
企業などに在職する障害者の職業スキルの向上、就労の継続を図ることが目的です。
受講後1年間を過ぎますと再受講可能です。
SPANは同財団からの委託により訓練を行っています。
在職者訓練については、「在職者訓練の受講をお考えの方」をご覧ください。

実施日 2023年9月15日(金)~12月15日(金) 12日間 48時間
実施方法 レインボープラザでの対面
参加者 3名(受講者 1名、スタッフ 2名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Office:2019
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker Neo
  • ■ 内容
  • ・PC-Talkerの操作、設定
  • ・知識問題の学習
  • ・実技問題の学習
  • ・模擬検定受験
  • ・仕上げと受験準備

タブレットサロン【対面】(12月14日)

12月14日にタブレットサロンを行いました。

日時 12月14日(木) 13:30~15:30
場所 東京都障害者福祉会館児童室A
参加者 5名(内 スタッフ 4名)
  • ■ 内容 ホームページを見られて、新しい方が参加されたのでiPhoneのボイスオーバーの使い方を説明しました。
  • ホーム画面の説明
  • メールがたくさん来ていたので整理、削除しながら上下スライド、左右スワイプや、タップ、戻り方を実際に体験されました。
  • 重要なのは、最後までiPhoneの言葉を聞いてから、実際の動作をすることを強調して伝えました。

日商PC検定2級データ活用受験対策コース(2023年7月期)

7月から行なっていた日商PC検定2級データ活用受験対策コースが、今月で終了しました。
受講した方は東京、大阪、福岡からご参加いただきました。

1名の方は24日に受験される予定です。他の方も受験までサポートを続けてまいります。

実施期間 2023年7月8日(土)~12月9日(土) 12回 21時間
実施方法 Zoomミーティングによる通話とメールによるサポート
参加者 6名(受講者 4名、スタッフ 2名)
  • ■ 内容
  • ・オリエンテーション
  • ・知識問題の学習
  • ・実技問題の学習
  • ・立体資料を活用したグラフについての学習
  • ・模擬検定受験
  • ・仕上げと受験準備
  • ■ 受講した方からは以下のような感想が寄せられました。
  • ・始めるまでは本当に半年間仕事をしながら学習を続けられるのか、正直かなり不安ではありましたが、講座が始まってしまうと毎回2時間の講座はあっという間に終わり、課題の提出や復習であっという間に時間が過ぎ、気づけば半年たっていました。
  • ・実技問題に慣れるまではかなり苦戦しましたが、全国で自分と同じように頑張っている仲間がいたおかげで自分も頑張ろうという気持になり、ここまで続けることができました。まだ合格はしていませんが、今までできなかったことができるようになったことで自分に自信がついただけでなく、職場でPC検定受験に向けて勉強をしていることを話したところ、仕事で新たなエクセルでの集計業務を任せてもらえるようになり、少し仕事の幅を広げることができました。
  • ・2級の試験はとても難しくて、絶対に無理と思ったのですが、先生のわかりやすい解説と教材のおかげでもしかしたら自分も合格できるかもしれないという希望を持つことができました。また、オンラインで開催してくださったので、遠方にいてもこのような検定対策の講座が受講できたのでとても良かったです。半年間、ありがとうございました。ご一緒できてよかったです。
  • ・はじめは、実技問題の難しさ、操作手順の多さに戸惑い、講座のなかで、先生の指示にしたがって操作するのもやっとの状態でした。受験までに本当にできるようになるのだろうかと不安でいっぱいでしたが、つまづくたびに丁寧に解決していただき、少しずつできるようになっていきました。「何かあったら、遠慮せずいつでも言ってください」と常々声かけがあり、安心して質問しやすい環境だったのがありがたかったです。講座で学んだピボットテーブルや各種関数、ショートカットキーなどをしっかり活用して、今後の業務効率化につなげたいと思います。

在職者訓練(9月7日から12月7日の12日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

9月7日から実施してきた在職者訓練が終了しました。
SPANの在職者訓練は全てオーダーメイドで、個々のニーズに合わせて実施しています。
今回は、通信関連企業の社員の方への訓練でした。

在職者訓練は、公益財団法人 東京しごと財団が実施する公的な職業訓練で、
企業などに在職する障害者の職業スキルの向上、就労の継続を図ることが目的です。
受講後1年間を過ぎますと再受講可能です。
SPANは同財団からの委託により訓練を行っています。
在職者訓練については、「在職者訓練の受講をお考えの方」をご覧ください。

実施日 2023年9月7日(木)~12月7日(木) 12日間 48時間
実施方法 Zoomによる遠隔
参加者 2名(受講者 1名、スタッフ 1名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Office:MS 365
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker Neo
  • ■ 内容
  • ・PC-Talker 基本操作、設定
  • ・Windows スタートメニュー、デスクトップ、タスクバー、エクスプローラー
  • ・PC-Talker Excel読み上げコマンド
  • ・Excel セルの移動・選択、セルの書式設定(表示形式、配置、罫線、塗りつぶし、保護)、行・列・シートの操作、並べ替え、オートフィルター、条件付き書式、入力規則、印刷(レイアウト確認を含む)、業務で使用する関数(オートSUM、VLOOKUUPなど)、グラフ(棒、折れ線、円)、ピボットテーブル
  • ・ExcelVBA VBEの操作、基本的なコード作成
  • ・PowerPoint スライドの読み方、文字編集、Excelデータ・図形・画像の挿入、スライド番号、代替テキスト、スライドショー
  • ・Adobe PDF閲覧
  • ・Outlook メール、連絡先、予定表
  • ・Edge Webページ閲覧、検索
  • ・Teams 会議、チャット、ファイル
  • ・Zoom 基本操作

在職者訓練(9月5日から12月5日の14日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

9月5日から実施してきた在職者訓練が終了しました。
SPANの在職者訓練は全てオーダーメイドで、個々のニーズに合わせて実施しています。
今回は、食品関連企業の社員の方への訓練でした。

在職者訓練は、公益財団法人 東京しごと財団が実施する公的な職業訓練で、
企業などに在職する障害者の職業スキルの向上、就労の継続を図ることが目的です。
受講後1年間を過ぎますと再受講可能です。
SPANは同財団からの委託により訓練を行っています。
在職者訓練については、「在職者訓練の受講をお考えの方」をご覧ください。

実施日 2023年9月5日(火)~12月5日(火) 14日間 42時間
実施方法 レインボープラザでの対面
参加者 2名(受講者 1名、スタッフ 1名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Office:MS 365
  • ・スクリーンリーダー:JAWS2023
  • ■ 内容
  • ・Windows スタートメニュー、デスクトップ、タスクバー、エクスプローラー(ファイル管理を含む)
  • ・JAWS Excel読み上げコマンド
  • ・Excel セルの書式設定(表示形式、配置、フォント、罫線、塗りつぶし、保護)、行・列・シートの操作、入力規則、条件付き書式、オートフィルター(色フィルター)、業務で使用する関数(データ管理を中心に、VLOOKUP など)、ピボットテーブル、ファイル保存、印刷(レイアウト調整を含む)、グラフ(棒、折れ線、円など基本的なもの)
  • ・PowerPoint スライドの読み方、基本的なスライド作成手順)
  • ・Outlook メール(効率的なメール作成、重要なメールの把握、添付ファイル)、連絡先、予定表(予定作成、会議設定)
  • ・PDF AdobeReader、Edgeによる読み上げ
  • ・Edge Web閲覧、検索、基本操作
  • ・JAWS Web読み上げコマンド

在職者訓練(8月28日から11月27日の12日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

8月28日から実施してきた在職者訓練が終了しました。
SPANの在職者訓練は全てオーダーメイドで、個々のニーズに合わせて実施しています。
今回は、運輸関連企業の社員の方への訓練でした。訓練の中心はGoogleアプリで、これほど多くのGoogleアプリを取り上げたのは初めてでした。

在職者訓練は、公益財団法人 東京しごと財団が実施する公的な職業訓練で、
企業などに在職する障害者の職業スキルの向上、就労の継続を図ることが目的です。
受講後1年間を過ぎますと再受講可能です。
SPANは同財団からの委託により訓練を行っています。
在職者訓練については、「在職者訓練の受講をお考えの方」をご覧ください。

実施日 2023年8月28日(月)~11月27日(月) 12日間 48時間
実施方法 レインボープラザでの対面
参加者 2名(受講者 1名、スタッフ 1名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Office:MS 365
  • ・Google Workspace
  • ・スクリーンリーダー:JAWS2023
  • ■ 内容
  • ・JAWS 基本操作、設定
  • ・Windows スタートメニュー、デスクトップ、タスクバー、エクスプローラー
  • ・JAWS Excel読み上げコマンド
  • ・GoogleChrome JAWSでの基本操作
  • ・Gmail 設定、JAWSでの基本操作、送受信、添付ファイル
  • ・Googleドライブ JAWSでの基本操作
  • ・Googleスプレッドシート JAWSでの基本操作
  • ・Googleチャット JAWSでの基本操作
  • ・Googleカレンダー JAWSでの基本操作

第43回全国アビリンピック(11月17日~19日)の報告

11月17日(木)~19日(日)に愛知県で開催された第43回全国障害者技能競技大会(全国アビリンピック)に、SPANのスタッフ2名が専門委員として協力しました。

アビリンピックは、独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構が実施しています。
障害のある方々が日頃職場などで培った技能を競う大会です。
障害のある方々の職業能力の向上を図るとともに、企業や社会一般の人々に障害のある方々に対する理解と認識を深めてもらい、その雇用の促進を図ることを目的として開催しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

会期 11月17日(木)~19日(日)
会場 愛知県国際展示場
協力種目 22.パソコン操作(視覚障害者に限る)

タブレットサロン【Zoom】(11月17日)

11月17日にタブレットサロン【Zoom】を行いました。

日時 11月17日(木) 20:00~21:30
通信方法 Zoomミーティング
参加者 15名(内 スタッフ 9名)
  • ■ 内容
  • 新しい方が2名参加されました。
  • ・サイトワールドへ参加された感想
  • ・Zoomの接続について
  • ・写真のキャプションの付けかたと確認方法など、活発に情報交換出来ました。

遠隔ワンポイント講座「半日で学べるPowerPointのスライド作り」(11月3日)

11月3日に遠隔ワンポイント講座を開催しました。
テーマは「半日で学べるPowerPointのスライド作り」でした。
9月23日の同じテーマの講座を受講できなかった方のための追加開催です。

受講したのは3名でした。ただ、1名は当日の都合がつかないため、データと録音を提供しての参加でした。
受講者の地域は、1名が埼玉県、2名が愛知県で、受講のきっかけは、2名がSPANからのメール、1名が参加しているMLからの情報でした。

実施日 2023年11月3日(金・祝) 13:00~17:00
実施方法 Zoomミーティングによる遠隔
参加者 4名(受講者 3名、スタッフ 1名)
※受講者のうち1名は、データと録音を提供しての参加。
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・PowerPoint:MS365
  • ・画面読み上げソフト:PC-Talker Neo、NVDA
  • ■ 内容
  • ・ファイルの内容を把握する
  • ・プレゼンテーションファイルを作成する前に
  • ・PowerPointの画面構成
  • ・PowerPointの構成要素
  • ・スライドとプレースホルダーのサイズの確認
  • ・文字の入力と編集
  • ・Excelデータの挿入とインデントレベルの変更
  • ・グラフの挿入
  • ・スライドの移動と削除
  • ・画像の挿入とプレースホルダーのサイズ変更
  • ・スライド番号と代替テキスト
  • ・スライド自体への画像の挿入
  • ・スライドショーの実行
  • ■ 参加したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • ・PowerPointの解説などを読んで学ぼうとしましたが、用語の意味が理解できませんでした。本日の講座で、それらについてわかりやすく説明していただいたので理解できました。また、オブジェクトの位置を数値で把握する方法はとても有効だと思うので、ぜひ活用したいです。
  • ・PowerPointは専門用語が多いので、これまでは読むだけということが多かったですが、本日の講座でそれらが明らかになり、使おうという気持ちになりました。また、見る立場に立ったスライドの作り方は大変勉強になりました。

タブレットサロン【対面】(10月12日)

10月12日にタブレットサロンで講習に使うiPhoneの設定を行いました。

日時 10月12日(木) 13:30~15:30
場所 東京都障害者福祉会館ボランティア室
参加者 6名(スタッフ 6名)
  • ■ 内容 iPhoneの設定を行いました。

サポーター向け現任者研修(岩手)(10月2日)

10月2日に、岩手県の視覚障害者支援施設からの依頼により、サポーター向け現任者研修を実施しました。

日時 2023年10月2日(月) 13:00~16:00
実施方法 岩手県立視聴覚障がい者情報センターとSPANをZoomミーティングで結び、
画面と音声を共有
参加者 9名(受講者 6名、情報センタースタッフ 2名、SPANスタッフ 1名)
  • ■ 内容
  • *テーマ:PC-Talkerを利用したExcel指導のポイント
  • ・[読み]のボタン
  • ・「読み上げ設定」のダイアログボックス
  • ・画面構成と画面内の移動
  • ・コマンド選択のポイント
  • ・セルの移動と範囲選択
  • ・「セルの書式設定」のダイアログボックスの使い方

日商PC検定3級データ活用受験対策コース(2023年7月期)

日商PC検定3級データ活用受験対策コース7月期が終了しました。
受講した方は4名で、岩手、埼玉、神奈川、兵庫と、広範囲からご参加いただきました。

すでに1名の方が受験して、見事合格されています。
来月に受験予定の方もいらっしゃるので、ほかの方のサポートも引き続き行なっていきます。

実施期間 2023年7月9日(日)~10月1日(日) 9回10時間
実施方法 Zoomミーティングによる通話とメールによるサポート
参加者 6名(受講者 4名、スタッフ 2名)
  • ■ 内容
  • ・オリエンテーション
  • ・知識問題の学習
  • ・実技問題の学習
  • ・模擬検定受験
  • ・仕上げと受験準備
  • ■ 受講した方からは以下のような感想が寄せられました。
  • ・始まった時は3か月長いかなと思っていたが、終わってみたらあっという間だった。いろいろていねいに指導いただきありがとうございました。
  • ・はじめは自信がなく自分にできるかと不安だったが、回を重ねるごとに理解が深まっていくのが楽しかった。これを機に他の講座にもチャレンジしてみたい。
  • ・毎回質問をさせていただいたが、ていねいに答えていただきありがとうございました。頭がついていかず今も四苦八苦していますが、データ活用も合格できるようがんばりたいと思います。

遠隔ワンポイント講座「半日で学べるPowerPointのスライド作り」(9月23日)

9月23日に遠隔ワンポイント講座を開催しました。
テーマは「半日で学べるPowerPointのスライド作り」でした。

受講したのは5名で、ほかにSPANのスタッフ1名が聴講しました。
受講者の地域は、東京都、神奈川県、和歌山県、福岡県、そして長崎県です。
受講のきっかけは、4名がSPANからのメール、1名が参加しているMLからの情報でした。

実施日 2023年9月23日(土・祝) 13:00~17:00
実施方法 Zoomミーティングによる遠隔
参加者 7名(受講者 5名、聴講者 1名、スタッフ 1名)
※聴講した方には共同ホストを務めていただきました。
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・PowerPoint:MS365
  • ・画面読み上げソフト:PC-Talker Neo、NVDA
  • ■ 内容
  • ・ファイルの内容を把握する
  • ・プレゼンテーションファイルを作成する前に
  • ・PowerPointの画面構成
  • ・PowerPointの構成要素
  • ・スライドとプレースホルダーのサイズの確認
  • ・文字の入力と編集
  • ・Excelデータの挿入とインデントレベルの変更
  • ・グラフの挿入
  • ・スライドの移動と削除
  • ・画像の挿入とプレースホルダーのサイズ変更
  • ・スライド番号と代替テキスト
  • ・スライド自体への画像の挿入
  • ・スライドショーの実行
  • ■ 参加したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • ・PowerPointは時々使用していたが、テキストだけ入力して見える人に確認してもらっていた。プレースホルダーの位置も確認できるようになり、自分でできることが増えた。これからも指摘されることが少なくなっていけるようにチャレンジしていきたい。
  • ・自分で勉強をするには何日もかかる内容を半日で教えてもらえてよかった。PowerPointは食わず嫌いだったが、今後は活用していきたい。
  • ・ほとんど使用したことがなかったので、読み方から勉強になった。まだまだ知らないことが多いので、SPANのウェブページのマニュアルを参考に試していきたい。
  • ・PowerPointは見えていた時のイメージが記憶にあるが、移動の仕方などわかって勉強になった。リボンに多くのメニューがあることがわかった。ショートカットキーは限られているので、Wordなど他のアプリでもリボンを活用していきたい。可能性が広がりました。
  • ・久々にPowerPointを使用し、操作していきながら思い出してきた。途中でショートカットキーやアクセスキーのキー操作を外してしまった。

第135回インストラクター養成講座(9月17日)

9月17日に第135回インストラクター養成講座を開催しました。
今回は、当初対面とオンラインでのハイブリッド開催を予定していましたが、対面での申込がなかったため、オンラインのみでの開催となりました。
受講したのは、東京と大阪の方2名で、SPANのスタッフ1名が聴講しました。
受講のきっかけは、お二人ともSPANのWebページを見てとのことでした。

日時 2023年9月17日(日) 13:00~17:00
実施方法 Zoomミーティングによるオンライン
参加者 4名(受講者 2名、聴講 1名、スタッフ 1名)
※聴講したSPANスタッフの方には共同ホストでご協力いただきました。
  • ■ 環境(講師)
  • ・OS:Windows10
  • ・画面読み上げソフト:PC-Talker Neo
  • ・メールソフト:MyMail、Outlook
  • ・ブラウザ:NetReader、GoogleChrome
  • ■ 内容
  • ・視覚障害者の基礎知識
  • ・講座を始める前に
  • ・タイピングと音声による文字入力
  • ・音声によるメールの送受信(MyMail、Outlook)
  • ・音声によるWebの閲覧(NetReader、GoogleChrome)
  • ■ 参加したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • ・講義もスムーズに進んで、先生のお話もわかりやすく、とてもよかったです。Web検索で、晴眼者との操作の違いがわかり、勉強になりました。
  • ・視覚障害者がどのようにパソコンを操作するかよくわかって勉強になりました。Microsoft Edgeのサポートをすることがありますが、PC-Talkerではうまく読み上げないことがあるので、スクリーンリーダーを変えるなどして試してみます。ありがとうございました。
  • ・実際にサポートをしていますが、本日の先生のお話を聞いて、新しい発見があったし、トラブル解決法も教えていただき、とても勉強になりました。ありがとうございました。

第31回視覚障害リハビリテーション研究発表大会 in 金沢(9月8日~10日)

9月8日~10日に金沢で開催された第31回視覚障害リハビリテーション研究発表大会に、ポスター発表とパネルディスカッションで参加しました。 なお、SPANのポスター発表の内容については、近いうちに公開します。

また、大会の詳細については、こちらをご覧ください。

会期 2023年9月8日(金)~10日(日)
会場 金沢商工会議所
主催 視覚障害リハビリテーション協会
大会テーマ これってインクルーシブ?
参加者 452名
SPAN参加内容 ポスター発表
パネルディスカッション
演題 ポスター発表:
  無償での遠隔PCサポート実施から見えてきた視覚障害者への就労支援の課題
パネルディスカッション:
  視覚障害者が当たり前に働くための職場の情報アクセシビリティを考える
発表時間 ポスター発表:9月9日(土) 13時30分~14時30分
パネルディスカッション:9月10日(日) 11時10分~12時10分
ポスターブース来訪者 約20名
※このほか、開催期間内に、用意した配布用資料約60部、SPANの広報紙約70部を持ち帰っていただきました。
  • ■ 発表内容
  • *ポスター発表
  • ・ポスター説明
  • ・資料配布(ポスター内容、広報紙)
  • *パネルディスカッション
  • ・SPANの就労支援への取り組み
  • ・質疑応答

令和5年度徳島県視覚障がい者等ICTサポーター養成研修(8月25日、9月1日)

8月25日、9月1日の2日間にわたり、徳島県立障がい者交流プラザ 視聴覚障がい者支援センターからの委託により、ICTサポーター研修を実施しました。

実施日 2023年8月25日(金)、9月1日(金)
時間 10:00~12:00、13:00~15:00
主催 徳島県立障がい者交流プラザ 視聴覚障がい者支援センター
実施方法 Zoomミーティングによるオンライン
参加者 11名(受講者 7名、支援センタースタッフ 3名、SPANスタッフ 1名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows10
  • ・Office:MS365
  • ・メールアプリ:MyMail、Outlook
  • ・ブラウザ:NetReader、Edge、GoogleChrome
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker Neo
  • ■ 内容
  • ・マイスタートメニューの操作
  • ・PC-Talkerの設定
  • ・Windowsの視覚障害者向け設定
  • ・こんな時、どうする?トラブル対応
  • ・キーボードの指導法
  • ・アイマスクをつけての操作と指導体験
  • ・視覚障害者が使用しているメールアプリ
  • ・MyMailの操作
  • ・音声でのOutlookの基本操作
  • ・視覚障害者用Webブラウザについて
  • ・NetReader Neoの操作
  • ・その他のブラウザでのWebの閲覧
  • ・音声でのWordの基本操作
  • ・音声でのExcelの基本操作

在職者訓練(5月22日から8月21日の12日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

在職者訓練は、公益財団法人 東京しごと財団が実施する公的な職業訓練で、
企業などに在職する障害者の職業スキルの向上、就労の継続を図ることが目的です。
受講後1年間を過ぎますと再受講可能です。
SPANは同財団からの委託により訓練を行っています。
在職者訓練については、「在職者訓練の受講をお考えの方」をご覧ください。

5月22日から実施してきた在職者訓練が終了しました。
SPANの在職者訓練は全てオーダーメイドで、個々のニーズに合わせて実施しています。今回は、コンサルタント企業の社員の方への訓練でした。

実施日 2023年5月22日(月)~8月21日(月) 12日間 48時間
実施方法 レインボープラザでの対面
参加者 2名(受講者 1名、スタッフ 1名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Office:MS 365
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker Neo
  • ■ 内容
  • ・PC-Talker 基本操作、設定
  • ・Windows スタートメニュー、デスクトップ、タスクバー、エクスプローラー
  • ・PC-Talker Word読み上げコマンド
  • ・Word コマンド選択、文字・段落書式、ビジネス文書、単語登録、表への入力、ファイルの保存、ファイルを開く
  • ・PC-Talker Excel読み上げコマンド
  • ・Excel セルの移動・選択、セルの書式設定(表示形式、配置、罫線、塗りつぶし、保護)、行・列・シートの操作、並べ替え、オートフィルター、条件付き書式、入力規則、印刷、業務で使用する関数(オートSUM、VLOOKUUPなど)
  • ・PowerPoint スライドの読み方、文字編集、Excelデータ・図形・画像の挿入、スライド番号、代替テキスト、スライドショー
  • ・Adobe PDF閲覧
  • ・Outlook メール、連絡先、予定表
  • ・Edge Webページ閲覧、検索
  • ・Teams 会議、チャット、メッセージ

在職者訓練(5月11日から8月8日の21日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

在職者訓練は、公益財団法人 東京しごと財団が実施する公的な職業訓練で、
企業などに在職する障害者の職業スキルの向上、就労の継続を図ることが目的です。
受講後1年間を過ぎますと再受講可能です。
SPANは同財団からの委託により訓練を行っています。
在職者訓練については、「在職者訓練の受講をお考えの方」をご覧ください。

5月11日から実施してきた在職者訓練が終了しました。
SPANの在職者訓練は全てオーダーメイドで、個々のニーズに合わせて実施しています。今回は、団体職員の方への訓練でした。

実施日 2023年5月11日(木)~8月8日(火) 21日間 42時間
実施方法 Zoomミーティングによる遠隔
参加者 3名(受講者 1名、スタッフ 2名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Office:MS 365
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker Neo
  • ■ 内容
  • ・PC-Talker 基本操作
  • ・Windows スタートメニュー、デスクトップ、タスクバー、エクスプローラー(ファイル管理)
  • ・Outlook メール送受信、添付ファイルの処理、メールの整理・検索、連絡先の操作
  • ・iPhone 基本操作
  • ・Word コマンドの選択、文字入力・変換、カーソル移動、ジャンプ、ファイルの保存、ファイルを開く、文字書式、段落書式、単語登録、ビジネス文書作成、表の操作
  • ・Excel セルの異動・選択、セルへの入力・編集、コピー、切り取り、貼り付け、行・列・シートの操作、セルの書式設定(表示形式、配置、罫線)、オートSUM、印刷
  • ・総合演習(Outlook、Word、Excel)

ロービジョンセミナー参加(7月29日)

7月29日に開催されたロービジョンセミナーに、団体紹介と相談対応で参加しました。

日時 7月29日(土) 9:30~16:00
実施場所と実施方法 戸山サンライズ、および、Zoomによるオンライン
参加者 約300名(会場 約100名、オンライン 約200名)
SPANブース来訪者 約20名
  • ■ SPAN参加内容
  • ・パソコンを含むICTに関する相談対応
  • ・広報紙の配布
  • ・SPANの活動紹介

ロービジョンセミナーについては以下をご覧ください。
2023年度 全国ロービジョン(低視覚)セミナー


遠隔ワンポイント講座「Wordの表が苦手な方のために」(7月22日)

7月22日に遠隔ワンポイント講座を実施しました。テーマは「Wordの表が苦手な方のために」でした。

受講したのは3名で、ほかにSPANのスタッフ1名が聴講しました。受講者の地域は、富山県、広島県、そして沖縄県でした。
また、受講のきっかけは、2名がSPANからのメール、1名がWebの案内でした。

日時 7月22日(土) 13:00~17:00
通信方法 Zoomミーティングによる遠隔
参加者 5名(受講者 3名、聴講者 1名、スタッフ 1名)
※聴講した方には共同ホストを務めていただきました。
  • ■ 環境(講師のPC)
  • ・OS:Windows10
  • ・画面読み上げソフト:PC-Talker Neo、NVDA
  • ・Word:MS365
  • ■ 内容
  • ・表内を移動する
  • ・セル内での移動
  • ・複数の表の間の移動
  • ・Wordの表への入力のポイント
  • ・行高・列幅の確認
  • ・規則的な表への入力
  • ・不規則な表への入力
  • ・行数・列数を指定して表を作成する
  • ・文字列を表にする
  • ・Wordの表を加工するポイント
  • ・表をテキストボックスのように使う
  • ・表を図形のように使う
  • ■ 参加したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • ・本日はありがとうございました。仕事柄Wordはよく扱いますが、レイアウトが崩れてしまう事もありました。タブや加工のやり方を初めて知りました。仕事の文章でも表が扱えるように頑張りたいです。
  • ・これまでもWordで表の操作を矢印やタブで使っていましたが、意味がわからないところがありました。各キーの持つ意味など、基本が学べたので理解できて良かったです。ありがとうございました。
  • ・ありがとうございました。申込書などを入力する時にこれまでは矢印を使っていました。これからはタブキーを使おうと思います。
  • ・Excelのセル移動のキー操作とWordの表のセル移動の操作との対比がとても分かりやすく良かったです。説明の時に使いたいと思います。ありがとうございました。

職員勉強会(視覚障害者支援団体)(6月27日)

6月27日、視覚障害者支援団体の職員を対象とした勉強会を開催しました。

日時 6月27日(火) 14:00~16:00
実施方法 Microsoft Teamsによるオンライン
参加者 6名(受講者 2名、団体スタッフ 2名、SPANスタッフ 2名)
テーマ Microsoft Teamsの操作
使用スクリーンリーダー JAWS
  • ■ 内容
  • ・Teamsの画面構成
  • ・チームのメッセージにおける添付ファイルの操作
  • ・会議チャットにおける添付ファイルの操作
  • ・ファイルのダウンロード・アップロード
  • ・会議の予約方法

職員研修(徳島県立障がい者交流プラザ)(5月19日から10日間)

5月19日から続けてきた、徳島県にある視覚障害者支援施設の職員への研修が終了しました。

期間 5月19日(金)から6月23日(金)までの10日間
時間 13:30~15:30
実施方法 徳島県立障がい者交流プラザとSPANをZoomミーティングで結び、画面と音声を共有
主催 徳島県立障がい者交流プラザ 視聴覚障がい者支援センター
参加者 6名(受講者 3名、センタースタッフ 1名、SPANスタッフ 2名)
  • ■ 内容
  • ・視覚障害者指導の基本(弱視者向けPC設定を含む)
  • ・PC-Talkerの操作・設定
  • ・マイスタートメニュー、マイファイル
  • ・MyMail
  • ・NetReader
  • ・その他の高知システムアプリの紹介
  • ・Word(PC-Talkerでの操作)
  • ・差し込み印刷、ラベル印刷、名札印刷
  • ・PC-TalkerでのExcelの操作
  • ・PC-TalkerでのPowerPointの操作
  • ・iPhone指導のポイント(ボイスオーバー)

オンラインサポーター研修(岩手)(6月20日)

6月20日に、岩手県の視覚障害者支援施設からの依頼により、オンラインサポーター研修を実施しました。

日時 6月20日(火) 13:00~16:00
実施方法 岩手県立視聴覚障がい者情報センターとSPANをZoomミーティングで結び、画面と音声を共有
主催 岩手県立視聴覚障がい者情報センター
参加者 5名(受講者 2名、センタースタッフ 2名、SPANスタッフ 1名)
  • ■ 内容
  • ・簡単操作によるアクセシビリティー設定
  • ・PC-Talkerの基本操作と設定
  • ・マイスタートメニューとAOKメニュー
  • ・マイエディットによる文字入力
  • ・VoicePopperによるメールの送受信とニュース閲覧

パソコン教室(文京区)(6月17日・18日)

6月17日・18日の2日間にわたり、文京区が主催する視覚障碍者向けパソコン講座をSPANが受託して実施しました。

実施日 6月17日(土)・18日(日)
時間 17日 13:30~16:30
18日 10:00~15:00
会場 文京総合福祉センター江戸川橋 地域活動室
参加者 17日 12名(受講者 3名、文京パソボランスタッフ 5名、リアン文京スタッフ 2名、SPANスタッフ 2名)
18日 13名(受講者 4名、文京パソボランスタッフ 5名、リアン文京スタッフ 2名、SPANスタッフ 2名)
  • ■ 環境(講師のPC)
  • ・OS:Windows10
  • ・画面読み上げソフト:PC-Talker Neo
  • ・Word:MS365
  • ■ 内容(受講者個々の希望に沿って実施)
  • ・タイピング
  • ・MyMailのアドレス帳整理、グループ作成
  • ・Wordでの押印簿フォーマットの作成
  • ・マイファイルでのファイルの整理
  • ・NetReaderでの検索、Web閲覧
  • ・Wordでの手紙作成
  • ・Wordでの宛名封筒印刷
  • ・Excelでの郵便物記入用フォーマットの作成

インストラクター養成講座「Word指導のポイント」(6月11日)

6月11日にインストラクター養成講座の応用編を開催しました。テーマは「Word指導のポイント」でした。

今回は、ちょっと変わった形での開催でした。
というのは、香川県から1名の方が申込まれましたが、当日参加できないため、録音を提供してほしいというものでした。
また、SPANのスタッフ2名が聴講しました。ですから、当日参加したのは聴講した2名の方でした。

日時 6月11日(日) 13:00~17:00
通信方法 Zoomミーティングによる遠隔
参加者 4名(受講者 1名、聴講者 2名、スタッフ 1名)
  • ■ 環境(講師のPC)
  • ・OS:Windows10
  • ・画面読み上げソフト:PC-Talker Neo
  • ・Word:MS365
  • ■ 内容
  • ・画面読み上げソフトによるWordの操作
  • ・Word365の画面構成
  • ・画面内を移動する
  • ・コマンド選択のポイント
  • ・知っておくと便利なアクセスキー・ショートカットキー
  • ・効率的なカーソルの移動と範囲選択
  • ・検索・置換・ジャンプ
  • ・文字書式・段落書式の設定
  • ・ページのレイアウトを整える

遠隔ワンポイント講座「Outlook(メール・連絡先)の基本操作」(6月10日)

6月10日に遠隔ワンポイント講座を実施しました。テーマは「Outlook(メール・連絡先)の基本操作」でした。

受講したのは5名で、ほかにSPANのスタッフ1名が聴講しました。受講者の地域は、岐阜県、滋賀県、京都府、そして長崎県でした。 また、受講のきっかけは、4名がSPANからのメール、1名がWebの案内でした。

日時 6月10日(土) 13:00~17:00
通信方法 Zoomミーティングによる遠隔
参加者 7名(受講者 5名、聴講者 1名、スタッフ 1名)
※聴講した方には共同ホストを務めていただきました
  • ■ 環境(講師のPC)
  • ・OS:Windows10
  • ・Outlook:MS365
  • ・画面読み上げソフト:PC-Talker Neo、NVDA
  • ■ 内容
  • ・Outlookの画面構成
  • ・ウィンドウの移動
  • ・メールの送受信
  • ・添付ファイルの処理
  • ・メールの整理
  • ・連絡先の操作
  • ■ 参加したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • ・知っているところと知らなかったところがクリアになりました。参加された方々とも共通の環境(Gmail)のセキュリティーの問題があるのかも知れないと言うところも、一人で不思議に思っていたのが確認できてよかったです。ありがとうございました。
  • ・職場でTeamsを使っていますが、Outlookでのメール受信は、これまで殆ど使っていなかったので、これから使ってみようと思いました。添付ファイルのメール本文への貼り付けなんかは便利そうです。これから活用してみたいと思います。ありがとうございました。
  • ・Outlookはこれまで使っていなかったので今回の講座で初めてで、慌ててアカウントを設定しました。都合により途中で退出しますが、録音で勉強します。ありがとうございました。
  • ・普段はマイメールを使い、職場など、必要なときだけOutlookを使うぐらいでした。添付ファイルのメール本文への貼り付けなどは勉強になりました。
  • ・本日はありがとうございます。Outlookをやってみたい利用者さんにお伝えしたいです。私自身、2013や2016などで出来たり出来なかったりでフォルダ間の移動も難儀していました。Shift+F6は大収穫でした。
  • ・接続も安定して進行しやすかったです。皆様スマートに講座を受けられていらしたと感じました。勉強になりました。ありがとうございました。

六本木アートナイト2023に立体資料の提供で協力(5月27日)

5月27日・28日に六本木で開催されたイベントに、SPANが持っている立体イメージプリンターEasyTactixで制作した立体資料を提供しました。
制作は、5月27日の定例会の前に行いました。

日時 5月27日(土) 11:00~12:00
内容 会場案内図の立体資料制作と提供
対象イベント 六本木アートナイト2023

これからも、SPANが持っている資源を視覚障害者に役立つ活動に提供 していきたいと思います。


第134回インストラクター養成講座(5月14日)

5月14日に第134回インストラクター養成講座を開催しました。今回は久しぶりの対面での開催でした。
受講したのは、視覚障害者支援施設の職員2名でした。
なお、これまでの対面での講座が10時~17時だったのを、13時~17時に変更しました。

準備を含めて、対面のよさと大変さを実感した講座でした。今年は9月にもう1回対面で開催しようと考えています。
受講のきっかけは、お二人ともSPANのWebページを見てとのことでした。

日時 5月14日(日) 13:00~17:00
場所 レインボープラザ(SPANの教室)
参加者 4名(受講者 2名、協力者 1名、スタッフ 1名)
※SPANが支援を受けているBIPROGYグループ社員の方に写真撮影でご協力いただきました。
  • ■ 環境(講師のPC)
  • ・OS:Windows10
  • ・画面読み上げソフト:PC-Talker Neo
  • ・メールソフト:MyMail、Outlook
  • ・ブラウザ:NetReader、MS Edge
  • ■ 内容
  • ・視覚障害者の基礎知識
  • ・講座を始める前に
  • ・タイピングと音声による文字入力
  • ・音声によるメールの送受信(MyMail、Outlook)
  • ・音声によるWebの閲覧(NetReader、MS Edge)
  • ■ 参加したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • ・本日は多くのことを学ぶことができ、とても充実した時間でした。ただ、1回では覚えられないので、テキストを見ながら復習したいと思います。
  • ・知らなかったことが多くあり、大変勉強になりました。日頃、視覚障害者の方から質問を受けることも多いので、今回の内容を活かしていきたいと思います。

遠隔ワンポイント講座「Excelの資料を美しく印刷するコツ!」(5月5日)

5月5日に遠隔ワンポイント講座を実施しました。テーマは「Excelの資料を美しく印刷するコツ!」でした。

受講したのは5名で、ほかにSPANのスタッフ1名が聴講しました。受講者の地域は、東京都、富山県、和歌山県、大阪府、そして岡山県でした。
また、受講のきっかけは、5名すべてがSPANからのメールでした。

日時 5月5日(金・祝) 13:00~17:00
通信方法 Zoomミーティングによる遠隔
参加者 7名(受講者 5名、聴講者 1名、スタッフ 1名)
  • ■ 環境(講師のPC)
  • ・OS:Windows10
  • ・Excel:MS365
  • ・画面読み上げソフト:PC-Talker Neo
  • ■ 内容
  • ・Excelのシートを印刷する際の問題点
  • ・Excelの列幅・行高の初期値を知る
  • ・印刷可能な範囲を知る方法
  • ・印刷プレビューで印刷状態を確認する
  • ・印刷範囲を変更する
  • ・「シート情報」マクロブックの使い方
  • ・拡大縮小印刷
  • ・拡大縮小率の検討
  • ・倍率指定
  • ・データをセル内に収めるコツ(文字数から推測する)
  • ・列幅の自動調整の活用
  • ・列幅・行高設定のポイント
  • ・データを用紙の中央に印刷する
  • ・印刷タイトルの活用
  • ・改ページ位置の調整
  • ・美しく見栄えの良い資料作成のために
  • ■ 参加したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • ・ありがとうございました。講座に参加する度にアクセスキーなどを教えてもらえるので毎回役立っています。マクロも早速使います。印刷のコツも分かり、希望が持てました。
  • ・環境によって改ページする場所が違うのだと分かりました。今日はありがとうございました。
  • ・目が見えないのにどうやって印刷の確認をするのかなと思って参加しました。自分が想像するよりも沢山の情報が分かるのだと知りました。テキストで復習します。ありがとうございました。
  • ・クイックビューは初めてでした。マクロを使える環境で、音声ユーザーと晴眼者と共有できるのは便利だと思いました。ありがとうございました。
  • ・今までモヤモヤ感がありましたが、今日の講座ですっきりしました。これまでは見てもらわないといけなかった印刷も、自分で印刷まで行けるのではないかと希望が持てました。
  • ・本日も先生の引き出しの深さに感銘を受けつつ聴講させていただきました。ありがとうございました。

遠隔ワンポイント講座「押さえておきたいExcelの基本」(5月3日)

5月3日に遠隔ワンポイント講座を実施しました。テーマは「押さえておきたいExcelの基本」でした。

受講したのは4名で、ほかにSPANのスタッフ1名が聴講しました。受講者の地域は、神奈川県、三重県、和歌山県、そして兵庫県でした。
また、受講のきっかけは、3名がSPANからのメール、1名が点字毎日の記事でした。

日時 5月3日(水・祝) 13:00~17:00
通信方法 Zoomミーティングによる遠隔
参加者 6名(受講者 4名、聴講者 1名、スタッフ 1名)
  • ■ 環境(講師のPC)
  • ・OS:Windows10
  • ・Excel:MS365
  • ・画面読み上げソフト:PC-Talker Neo
  • ■ 内容
  • ・Excel365の画面構成
  • ・画面内を移動する
  • ・さまざまなコマンドの選択方法
  • ・クイックアクセスツールバーの活用
  • ・知っておくと便利なアクセスキー・ショートカットキー
  • ・セルの移動
  • ・画面単位での移動
  • ・表の選択
  • ・セルへの入力のポイント
  • ・数式の入力
  • ・セルへの入力時の留意点
  • ・セル範囲を指定した入力
  • ・「セルの書式設定」のダイアログボックス
  • ・「セルの書式設定」のダイアログボックスを表示する
  • ・表示形式
  • ・セル内での配置
  • ・罫線を引く
  • ■ 参加したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • ・これまでセルを一つ一つ動かしていたので、本日はセル移動の色々なやり方を教えていただきまして、私の中ですごく便利に使えそうだと思っています。クイックビューも便利だと思いました。一気に飛べる方法があると知りました。この先も知りたいので、数式など今後やってもらえたら嬉しいなと思いました。
  • ・私の頭の中では2003のイメージでした。リボンのバージョンのExcelを使うと、よく分からないのでイライラしていました。今日は少し頭の中が整理できました。ありがとうございました。
  • ・シートの編集で色々と使える内容を教えてもらえて良かったです。最後のクイックビューの使い方も参考になりました。ありがとうございました。
  • ・今まで自分で操作した事がなかったので、今日はすごく勉強になりました。復習したいと思います。
  • ・先生のバリエーションが多く驚きながら聴講させていただきました。ありがとうございました。

遠隔ワンポイント講座「PC-TalkerでGmailを使う」(4月29日)

4月29日に遠隔ワンポイント講座を開催しました。テーマは「PC-TalkerでGmailを使う」でした。

受講したのは5名で、ほかにSPANのスタッフ1名が聴講しました。受講者の地域は、東京都のほか、神奈川県、埼玉県、新潟県、そして福岡県でした。
また、受講のきっかけは、5名全員がSPANからのメールでした。

日時 4月29日(土・祝) 13:00~17:00
通信方法 Zoomミーティングによる遠隔
参加者 7名(受講者 5名、聴講者 1名、スタッフ 1名)
  • ■ 環境(講師のPC)
  • ・OS:Windows10
  • ・画面読み上げソフト:PC-Talker Neo
  • ・ブラウザ:GoogleChrome
  • ■ 内容
  • ・Gmailの概要
  • ・Gmailの仕様
  • ・Gmailの画面構成
  • ・スクリーンリーダーでショートカットキーを利用するためのキー操作
  • ・読み上げ設定の確認
  • ・Gmailの起動
  • ・事前設定
  • ・受信トレイへの移動
  • ・受信トレイ内での移動
  • ・メール本文の確認
  • ・トレイやラベル間の移動
  • ・メールに返信する
  • ・メールを転送する
  • ・新規メールの作成
  • ・受信メールに添付されているファイルの処理
  • ・送信メールへのファイルの添付
  • ・手動で連絡先を登録する
  • ・受信したメールから連絡先を登録する
  • ・メールを検索する
  • ・メールの削除
  • ・メールの整理
  • ■ 参加したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • ・今までマイメールばっかり使ってきました。ウェヴでどう使えば良いかが分かり勉強になりました。特に大量のメールには良いのかなと思うので、職場で使いたいです。
  • ・勉強できて良かったです。ショートカットや利用設定の準備がいる事が分かったので、良かったです。
  • ・ありがとうございました。今まではWeb上では使い辛いと感じていましたが、画面構成の概念を教えてもらえたので、基本がよく分かりました。とても良かったです。
  • ・これまでマイメールばっかりでした。Webの良さが分かりました。ショートカットがすごく便利ですね。マイメールは処理が重たいと感じていたので、今後は使い分けたいです。いただいたテキストを振り返りながら、仕事でもプライベートでも使いたいです。
  • ・PCトラブルなどよきせぬアクシデントなどもありました中で、冷静な対処をされているなどとても勉強になりました。ありがとうございました。
  • ・ありがとうございました。ショートカットは使えそうです。早速職場で使おうと思います。複数アカウントを切り替える上でポイントなどあれば知りたいです。
    *北神回答
    GmailはOutlookなどと異なり、アカウントの切り替えには手間がかかります。このあたりはやむを得ないかもしれません。

インストラクター養成講座「Excel指導のポイント」(4月9日)

4月9日にインストラクター養成講座の応用編を開催しました。テーマは「Excel指導のポイント」でした。
これまで、多くの方から「応用編を開催してほしい」というご要望をいただいていたので、その声に応えての開催です。

参加したのは、北海道、千葉県、神奈川県、大阪府、そして香川県のみなさんでした。これが遠隔のよさですね。
なお、PC-Talkerを持っていない参加者の方には、事前にPC-Talker Neoの体験版をインストールしていただきました。

日時 4月9日(日) 13:00~17:00
通信方法 Zoomミーティングによる遠隔
参加者 7名(受講者 6名、スタッフ 1名)
  • ■ 環境(講師のPC)
  • ・OS:Windows10
  • ・画面読み上げソフト:PC-Talker Neo
  • ・Excel:MS365
  • ■ 内容
  • ・画面読み上げソフトによるExcelの操作
  • ・画面構成と画面内の移動
  • ・コマンド選択のポイント
  • ・セルの移動と範囲選択
  • ・セルの書式設定
  • ・行・列・シートの操作
  • ・関数の操作
  • ■ 参加したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • ・大変参考になりました。ただ、晴眼者にとっては視覚障害者がどのようにしてアクティブシートやセルを確認しているかが気になると思うので、そのあたりを取り上げていただくとよりよかったと思いました。
  • ・これまで自分がやってきた指導法と本日の内容がほぼ同じだったので安心しました。特に、最初からショートカットキーなどを教えるのではなく、まずはメニューからの操作を伝える点などが確認できたことはよかったです。
  • ・これまでは、関数を入力する際には手入力をしてきましたが、本日の講座でリボンからの操作を知り、とても便利だと思いました。
  • ・大変勉強になりました。ほかの参加者の方がいろいろな操作法を修得しておられるので、まだまだ勉強しなくてはと改めて思いました。機会があれば、またぜひ参加させていただきたいと思います。
  • ・私が、ここはどの方法がよいのかな?と迷っているポイントは、北神さんも「ここは悩ましいですよね」と感じている。同じところでそう思っているということがわかったのがよかったです。
  • ・本日はありがとうございました。特に、シートの挿入方法など、大変勉強になりました。また、Wordをテーマとした講座などがあれば参加させていただきたいと思います。

日商PC検定3級データ活用受験対策コース(2023年1月期)

日商PC検定3級データ活用受験対策コース1月期が終了しました。
受講した方は3名で、大阪、東京、神奈川からご参加いただきました。現在1名の方が受験に向けて日程調整を行なっています。
他の方も受験までサポートを続けてまいります。

実施期間 1月8日(日)~4月2日(日) 9回 10時間
実施方法 Zoomミーティングによる通話とメールによるサポート
参加者 5名(受講者 3名、スタッフ 2名)
  • ■ 内容
  • ・オリエンテーション
  • ・知識問題の学習
  • ・実技問題の学習
  • ・模擬検定受験
  • ・仕上げと受験準備
  • ■ 受講した方からは以下のような感想が寄せられました。
  • ・仕事が忙しくて勉強になかなかついていけなかったが、Excelの操作が参考になった。
  • ・受験までには時間がかかると思うが、合格できるレベルまで持っていきたい、引き続きよろしくお願いします。
  • ・寒いと言っていたのに暖かくなって、長いようで短かった。わかりやすい授業で、そのような先生を目指したい、絶対合格します。

日商PC検定3級文書作成受験対策コース(2023年1月期)

日商PC検定3級文書作成受験対策コース1月期が終了しました。
受講した方は3名で、神奈川県、そして大阪府から参加していました。
1名の方がSPANで、2名の方が日本ライトハウスで受験します。講座は修了しましたが、受験までサポートを続けていきます。

実施期間 1月9日(月・祝)~4月2日(日) 9回 10時間
実施方法 Zoomミーティングによる通話とメールによるサポート
参加者 5名(受講者 3名、スタッフ 2名)
  • ■ 内容
  • ・オリエンテーション
  • ・知識問題の学習
  • ・実技問題の学習
  • ・模擬検定受験
  • ・仕上げと受験準備
  • ■ 受講した方からは以下のような感想が寄せられました。
  • ・Wordの文書作成とPC-Talker両方のスキルを試す試験として受験したいと思います。ありがとうございました。
  • ・日商PC検定の対策はもちろんのこと、Wordのスキルもすごく学べたので本当にためになりました。ありがとうございました。
  • ・Wordの基本操作を一から学べて、細かく添削していただいたり、質問に答えていただいたり、本当に勉強になっています。ありがとうございます。受験当日まで不安ですが、引き続きよろしくお願いします。

視覚障がい者向け就労のためのパソコン講習(荒川区)(2月8日から3月22日の13日間)

2月から3月にかけて、荒川区が主催する視覚障害者向けパソコン講習をSPANが受託して行いました。

全13回、2日目は雪が降りましたが、最終日は桜が満開の卒業式となりました。

実施日 2月8日(水)~3月22日(水) 水・金曜日の全13回
時間 10:00~12:00
会場 荒川区障がい者就労支援施設 スタートまちや
受講者 1名
  • ■ 内容
  • ・タッチタイピングの練習
  • ・MyEditで文字入力、編集操作
  • ・Wordで案内文作成
  • ・Edgeでウェブページ閲覧操作、検索エンジンの設定
  • ・Excelで合計や平均、個数の算出、抽出、データ分析など
  • ・ファイル管理操作

第133回インストラクター養成講座(3月12日)

3月12日に第133回インストラクター養成講座を遠隔で開催しました。
本来は教室で開催するものですが、コロナがまだ終息していないため、Zoomミーティングによる遠隔での開催となりました。
ただ、遠隔ということもあり、東京、神奈川、広島、そして熊本から参加されていました。

なお、PC-Talkerを持っていない参加者の方には、事前にPC-Talker Neoの体験版をインストールしていただきました。
また、受講のきっかけは、知人からの紹介が2名、SPANのWebページを見てが3名でした。

日時 3月12日(日) 13:00~17:00
通信方法 Zoomミーティングによる遠隔
参加者 6名(受講者 5名、スタッフ 1名)
  • ■ 環境(講師のPC)
  • ・OS:Windows10
  • ・画面読み上げソフト:PC-Talker Neo
  • ・メールソフト:MyMail、Outlook
  • ・ブラウザ:NetReader、MS Edge、GoogleChrome
  • ■ 内容
  • ・視覚障害者の基礎知識
  • ・講座を始める前に
  • ・タイピングと音声による文字入力
  • ・音声によるメールの送受信(MyMail、Outlook)
  • ・音声によるWebの閲覧(NetReader、MS Edge、GoogleChrome)
  • ■ 参加したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • ・これまで、視覚障害者に触れる機会があまりなかったので、今回の講座は大変新鮮でした。そして、視覚障害者についての理解が深まったことはとてもよかったです。今後に生かしていきます。
  • ・たくさんのお土産がいただけて、とてもよかったです。本当に勉強になりました。
  • ・パソコンのアクセシビリティーについて、iPhoneなどとの比較もできてとてもよかったです。そして、視覚障害者の立場に立って指導することの難しさもよく分かりました。今後、視覚障害者の方のサポートをする際に活かしていきたいと思います。
  • ・これまで、視覚障害者がどのようにメールやWebページを操作しているか、またPC-Talkerについても知らなかったので、とても勉強になりました。今後に生かしていきたいと思います。
  • ・こうした講座を遠隔で受講することができ、とてもよかったです。本日学んだことを、地元のパソコン教室で活かしていきたいと思います。

日商PC検定3級文書作成受験対策コース(10月期)

日商PC検定3級文書作成受験対策コース10月期が終了しました。
受講した方は1名で、愛知県から参加していました。受験日は2月11日で、SPANで受験します。
講座は修了しましたが、受験までサポートを続けていきます。

実施期間 10月8日(土)~2023年1月14日(土) 10回 11時間
実施方法 Zoomミーティングによる通話とメールによるサポート
参加者 3名(受講者 1名、スタッフ 2名)
  • ■ 内容
  • ・オリエンテーション
  • ・知識問題の学習
  • ・実技問題の学習
  • ・模擬検定受験
  • ・仕上げと受験準備
  • ■ 受講した方からは以下のような感想が寄せられました。
  • ・Zoomの講座は初めてで、最初のうちは慣れない部分もありましたが、画面共有や音声共有の機能を使って画面の状態を確認してもらえてとても助かりました。
    Wordはこれまでも使ったことはありましたが、講座で新しく知ることがいろいろありました。Wordの表は苦手でしたが、文字列の消し方を工夫すればうまく操作できることがわかりました。
    今回は受講者が一人だったという点も贅沢でしたし、励ましてもらってここまで来られました。

第132回インストラクター養成講座(1月8日)

1月8日に第132回インストラクター養成講座を遠隔で開催しました。
本来は教室で開催するものですが、コロナがまだ終息していないため、Zoomミーティングによる遠隔での開催となりました。
ただ、遠隔ということもあり、東京、神奈川、そして福岡から参加されていました。

なお、PC-Talkerを持っていない参加者の方には、事前にPC-Talker Neoのお試し版をインストールしていただきました。
また、受講のきっかけは、知人からの紹介が2名、SPANのWebページを見てが2名でした。

日時 1月8日(日) 13:00~17:00
通信方法 Zoomミーティングによる遠隔
参加者 5名(受講者 4名、スタッフ 1名)
  • ■ 環境(講師のPC)
  • ・OS:Windows10
  • ・画面読み上げソフト:PC-Talker Neo
  • ・メールソフト:MyMail、Outlook
  • ・ブラウザ:NetReader、MS Edge、GoogleChrome
  • ■ 内容
  • ・視覚障害者の基礎知識
  • ・講座を始める前に
  • ・タイピングと音声による文字入力
  • ・音声によるメールの送受信(MyMail、Outlook)
  • ・音声によるWebの閲覧(NetReader、MS Edge、GoogleChrome)
  • ■ 参加したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • ・初めてPC-Talkerを使いましたが、音声を聴いて操作することの大変さが分かりました。ただ、本日の内容は少し高度だったような気がするので、基本について学べる講座があるといいと感じました。
  • ・仕事がら、ふだんからショートカットキーは使っていましたが、本日学んだ中には知らない操作もあり、大変勉強になりました。日々の仕事に活かしていきたいと思います。
  • ・視覚障害者に対応した研修を実施する必要があるため受講しましたが、大変参考になりました。参加する方の意向を聞きながら対応していきたいと思います。
  • ・視覚障害者への就労支援の仕事をしていますが、本日の内容は知らないことばかりで大変勉強になりました。ぜひ仕事に生かしていきます。

ページの一番上へ戻る

過去の活動記録

ページの一番上へ戻る